無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« とある月曜日の豊川町ランチ【PART1】…おいしいのに残念な店 | トップページ | 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… »

2018年9月 8日 (土)

変わりゆく函館…ホテル事情【PART3】

ホテル事情PART1とPART2はあくまで前段。

北海道最新ホテル事情???【PART1】(8/21更新)

北海道最新ホテル事情???【PART2】(8/27更新)

伝えたかったことは函館のホテルの経営姿勢。

ネット予約を駆使し、クチコミサイトをフル活用する風潮の中で、

どう生き残っていこうとしているのか。

例えば湯の川温泉から地元の個人経営のホテルがほとんど消えたのは

20年以上前のこと。

外部資本の大型ホテルの進出と言ってしまえば簡単だが、

その市外の資本のホテルが昨今逆に苦戦しているように見える。

クチコミサイト・トリップアドバイザーの市内ホテルTOP10にランクインしているのは

「渚亭」1軒だけ。続くのは「ホテル万惣」の14位…

これは駅前~十字街にどんどんホテル新築が計画されているのとは全然別の問題。

というわけでは【PART3】ではホテル側のクチコミサイトの活用ぶりに注目した。

たとえば今年になっても

ネッツホテル五稜郭→マイステイズイン五稜郭
アクアガーデンホテル→アパホテル

など既存の大きめのホテルの売却(経営母体の変更)が相次いでいる。

180808mystaysinn_hakodate

180817apahotel

全国チェーンはさすがというべきか、トリップアドバイザーの登録も自ら

早速変更しているようだ。

しかしいっぽうで旧名のまま、クチコミを受け付けているホテルもある。

朝食無料の新築ホテルなのにBB&インと格下カテゴリーで

10位以下に甘んじているホテルもある。

180808credohotel

まさにこの差が経営者の姿勢である。

宿泊者にとって幸せなことはいったい何なのか。

消費者は何をクチコミサイトから何を読み取って選ぶべきなのか。

やっぱり飲食店と同じで、函館の宿泊施設、特に地元の経営者は

「従来通りで変えない」

「外部資本の侵入をただ嘆く」

姿勢が見てとれる。努力はしないのだろうか。

なおかつネット予約とクチコミサイトの連動に疎く、

あたかもこのご時世に「インバウンド拒否」にさえ見えるホテルも多い。

というわけで2017年前半からトリップアドバイザーのクチコミ数と評価の推移を

観察していたのだが…

18/08/27時点で市内のホテル1位はラビスタ函館ベイではなくなった。

180831lajolie3

↑1位ホテルはココだそうです。

ラビスタは4位へ後退。

こうなると、トリップアドバイザーの「ランキングの特性」も気になってくる。

たぶんランキング1位のホテルのことを函館市民の多くは知らない。

そして「良い」「悪い」の評価分析をしてみると、今度は驚くべき不誠実も

露見してくる。クチコミ代行疑惑である。特定のホテルのクチコミが

急速に伸びている。自分が見る限りはまったく不自然である。

低価格帯のホテルが「とても良い」が急増する理由がわからない。

なんだか面白くなってきた。

PARTいくつまで続くことやら。

●2018年上半期に市内で新規に営業申請された宿泊施設は13、ホテルが7、

簡易宿所が6。新築開業はこの中にひとつもないようだ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« とある月曜日の豊川町ランチ【PART1】…おいしいのに残念な店 | トップページ | 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… »

函館人気質」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 変わりゆく函館…ホテル事情【PART3】:

« とある月曜日の豊川町ランチ【PART1】…おいしいのに残念な店 | トップページ | 【9/9:9:00AM時点】イオン湯の川店@函館、生鮮食品戻り始める… »