無料ブログはココログ

« 【予告編】ひと目見ても迷店じゃなく名店である理由 | トップページ | 150年を前にして、そういうこと???@函館駅 »

2018年9月29日 (土)

中部日本縦断タビ2018【PART5】万葉線からJR氷見線へ

万葉線を「海王丸」駅から、「中伏木」で降り、伏木万葉大橋を小矢部川を渡る。

高岡駅までは戻らずに、ショートカットして氷見へ向かう作戦。

180905oyaberiver_yakamochi

いまさらだが、「万葉線」の万葉は歌人・大伴家持がたくさんこの地の歌を

詠んだせい。この伏木万葉大橋にも橋の途中の4つのポイントで紹介されている。

橋を渡り、JR伏木駅へ。中伏木から徒歩15分見当。

伏木駅は今度はJR氷見線の駅。

180905fushiki_st

ここで例によって自転車を借りる。氷見線、本数が少なく、短時間で

「行って戻る」では街がまったく楽しめない。

氷見は藤子不二雄(A)先生の出身地。忍者ハットリくん、

プロゴルファー猿、喪黒福造…。

そして最近人気のひみ番屋街も見てみたい。そのためにランチも我慢。

鉄道営業キロで9.2kmほどなので、チャリなら12~13kmか。

直行すれば50分はかからないでしょう。

まさに各地でエコツーリズムである。

180905himibanyagai

もちろん途中でいろいろ寄り道してひみ番屋街に着いたときは

午後4時に近かった。かなりハラ減った。(詳細後述)

寄り道の最大の理由は…この絶景。

180905yoshitsuneiwa1

またしても絶景が途中で自分を待っているのであった。

雨晴海岸(あまはらし・かいがん)。

このスポットも次回、単独で紹介しましょうね。

いやあ、ホントは春に来るともっとすごかったんだ、ココ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【予告編】ひと目見ても迷店じゃなく名店である理由 | トップページ | 150年を前にして、そういうこと???@函館駅 »

行程詳細・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部日本縦断タビ2018【PART5】万葉線からJR氷見線へ:

« 【予告編】ひと目見ても迷店じゃなく名店である理由 | トップページ | 150年を前にして、そういうこと???@函館駅 »