無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 | トップページ | 5店を並行して比較するとわかることは?湯の川寿司屋物語 »

2018年9月21日 (金)

中部日本縦断タビ2018【PART3】北前船全盛期の名残の街並

3か月前から練りに練ってきた行程が初日時点でぐずぐずになる、

これこそが旅だ、人生だ! だからやめられない(笑)。

台風到着前に富山のホテルにチェックイン。このホテルは3回めの宿泊。

富山市も3回め。つまり富山ではいつもこのホテル。

台風…安全な場所で高見の見物もまた贅沢。

風は強かったが雨はさほど降らず。日付が変わる前に、台風は抜けていった。

富山は半日で雨量35ミリ。

さてと日程再構築した3日めは、富山ライトレールで岩瀬浜へ。

180905lightrail_toyama1

180905lightrail_iwasehama

180905iwasehama_st2

富山ライトレール、函館とは路面電車つながり。

さらに言えば富山は低床車全盛である。

最初は終点まで行って、ただただ乗った証拠を残し

戻って来るつもりだったが、廻船問屋の残る古い街並も見てこようと終点から少し散策。

なんと、この街は「北前船つながり」でもあったのだ!

180905iwaseunga

180905shougetsu

180905iwase_street

↑写真上から、運河、老舗料亭、街の人とニャンコ(台風被害がなくてヨカッタネの会話)

はるか19世紀初頭、高田屋嘉兵衛全盛の時代に思いを馳せる。

歩いてよかった3日め第一弾。

180905morike

180905morike_kura

180905iwaseginkou

180905toyama_porttower

180905iwase_street2

↑写真上から、廻船問屋の森家(重文)とその蔵、当時の銀行の建物、港の小さな展望塔、朝の街道



にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 | トップページ | 5店を並行して比較するとわかることは?湯の川寿司屋物語 »

行程詳細・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 中部日本縦断タビ2018【PART3】北前船全盛期の名残の街並:

« 創業20数年でこの枯れ具合@千代台【函館洋食の系譜】 | トップページ | 5店を並行して比較するとわかることは?湯の川寿司屋物語 »