無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 | トップページ | ポップコーン屋はポップコーン屋に徹するべし »

2018年7月26日 (木)

再び釧路・泉屋「ピカタ」の迫力…

さて道東グルメ。話は再び釧路の「泉屋」に戻る。

残念ながら釧路のディナーがまたなかなかの不案内。拠点を置いて4泊もしたので、

「2回目の泉屋」を決断した。

初回は「スパカツ」よりコンビだろう!と1500円コンビ、税込&ライス付の充実度は書いた。

なかなかヘビー級な洋食レストラン@釧路(18/1/24更新)

180122izumiya1500


次はやっぱりスパカツ? ところが心魅かれる裏定番を発見する。

「ピカタ」である。ピカタを知らずして泉屋を語るなかれ???

さて、オムライス状に卵に包まれた料理が熱々の鉄板に乗って登場。

その中身はというとナポリタン。ナポリタンの卵包み?と思いきや

180125izumiya_picata1

180125izumiya_picata2

180125izumiya_picata3


その中に分厚い豚肉が!(2切れ)

ちょっとワンペースなのだが、それも含めて「他にない」ユニークな?料理。

少食派、健康志向とは無縁の高カロリーグルメではあるけれど、

こうした洋食レストランめぐりも旅の「くくり」としてはうれしい限り。

そのうち、その街でそれ?なB=C級・旅グルメ集ができそうな予感。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 | トップページ | ポップコーン屋はポップコーン屋に徹するべし »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 再び釧路・泉屋「ピカタ」の迫力…:

« 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 | トップページ | ポップコーン屋はポップコーン屋に徹するべし »