無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« とても悲しい八戸問題PART1 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART3 »

2018年7月22日 (日)

とても悲しい八戸問題PART2

サッカーの話に例えてみよう。日本はサッカー後進国である。

サッカーが文化として根付いていないのは明らかだ。

それはブラジルなどと比べると国民の意識に決定的な差がある。

サッカーについてはそれが良し悪しの話ではない。

単に歴史的背景であるのかもしれない。

あるCSの専門番組で指摘されていた。代表の帰国会見で、最終戦、ベルギー戦の

戦術について、メディアからひとつの質問も飛ばなかったと

(↑理由は「代表よくやった!」とメディアも満足しているからにほかならぬ)

監督本人が「あの事態は想定できず、無策だった」と正直に発言してしまっている。

「もう1点取れると思った」は「2-0からどう勝つかを知らなかった」という意味で、

「汚いサッカーで辛勝するより、潔いサッカーで敗北して去る」というサムライの美学と

曲解する向きもある。

またセルジオ越後氏いわく

「ブラジル、ロシアでのワールドカップ7試合で、日本代表は10人のチームに1勝しただけ。

1勝2分4敗だ」

こうしたエキスパートの鋭い視点にどう呼応するかが「レベル」である。

180321gasshoudogu_2

さて八戸へ話を戻す。

是川縄文館。訪問したのは閉館間際の30分。合掌土偶は良いが、展示がまずい。

これは函館の縄文文化交流センターの展示をふまえた上だ。

縄文時代のうち、周辺の遺跡はどの時期のものか。どのぐらいの期間、継続したものか。

またそれに伴う遺跡の分布、地区ごとの所在はどうなっているのか。

文化財展示館であるからして、ある程度広い地域の出土物を集めた施設であることは当然。

だから何をどうまとめたか、が明示されているべき、という基本的なハナシ。

是川縄文館のスタッフからどんな答えが返ってきたか。

「きょうはボランティアガイドが帰ったので答えられません」

そのスタッフの技量がどうあれ、展示が不十分だからこうした質問がでる

確か南茅部の中空土偶は出土したときはいくつかに割れていて、

その一部は最初から破損させていたのでは?という説が出ている。

つまり土偶はリアルな人間の身代わりとして不備が起こらぬよう、

一部を欠けさせて埋めた説があるのだ。

そこで縄文館のスタッフに

「左の膝が割れていますよね」と尋ねると

「そうなんです」

「わざと、という説がありますよね?」

「知りませんでした」

でも割れているのはご覧のように右膝である。

つまり国宝土偶を見て「すごーい!」という来場者しか相手にしていないということである。

自分たちも理解していないし、理解させるのはどこかのボランティアの仕事、という構図。

つまり、国宝という権威づけをして、税金をかけたハコに収めれば、

それで完了という意識の低さなのである

それにしてもイモヅル式に八戸はネガなエピソードが湧いてくる。

函館を超えるものがある。

ただ観光都市としての実績は今のところ雲泥である。

いまは観光意識が低くても許されるのかもしれない。

(さらにつづく)


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« とても悲しい八戸問題PART1 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART3 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても悲しい八戸問題PART2:

« とても悲しい八戸問題PART1 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART3 »