無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« JR北・完乗への道(5) 室蘭本線【支線】・東室蘭~室蘭 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART2 »

2018年7月21日 (土)

とても悲しい八戸問題PART1

さて、函館の飲食店事情が嘆かわしいことは繰り返し述べているが、

今回のブログ中断中に貧困な観光事情として印象深いできごとがあった。

多岐にわたることを思い合わせると地域そのものに根本的な問題が存在することを

理解せねばなるまい。

きっとこれは各地に存在する普遍的な構造に間違いないだろう。

解決策はただただ前向きに、広く視野を持ち、励まし合って前進する…

これ以外にないのである。誰が田舎者か論じているだけでは何も変わらない。

さて青森県にも遅ればせながらインバウンドが増えているという。

しかしながら、地元の観光客受け入れの意識はちょっとやそっとで上がらない。

まずは八戸編、ここから入る。この町はかつて「東北新幹線の終点」だった町である。

国宝土偶、是川縄文館

180321korekawajomon

いま北海道・東北の縄文遺跡を世界遺産にしようとする動きがある。

ただこれ、函館を見ても地元の意識は低い。

時期尚早である。そう言いたいわけではないが。

それぞれも地元が他人事である。

函館の南茅部地区から出土した中空土偶(愛称:カックウ)は北海道唯一の国宝に

指定されている。

160928kakku000

↑こちらは函館市にある国宝土偶

では北海道・東北の縄文遺跡での出土物の中に、もう1点国宝があることをご存知だろうか。

八戸市で出土した「合掌土偶」である。

180321gasshoudogu

↑こちら八戸市にある国宝土偶

ラグビーの五郎丸選手のルーティンポーズにも似たアレだ。

ということで「もうひとつの」国宝に会いに八戸を訪れてみた。

いやあびっくりがっかりである。

(つづく)


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« JR北・完乗への道(5) 室蘭本線【支線】・東室蘭~室蘭 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART2 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とても悲しい八戸問題PART1:

« JR北・完乗への道(5) 室蘭本線【支線】・東室蘭~室蘭 | トップページ | とても悲しい八戸問題PART2 »