無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« とても悲しい八戸問題PART3 | トップページ | 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 »

2018年7月24日 (火)

五能線の通るG市で出会った自己史上No.1CPの海鮮丼

さてこのときの青森タビの目的地は「五能線」。

2006年に全周、2016年に太宰ゆかりの地へ行っているので、今回が3回め。

当時興味がなくてスキップしていたのがココでした。

立佞武多の館!

180605marko_tachinebutakan

以前吉幾三が地元紹介をしていた番組、そして出川哲朗のバイク旅で予習済。

いやあよかった。

180605okuni_h28_02

今回はその詳細なハナシではなく。

おまけに隣接する市民市場「マルコーセンター」の海鮮丼。

自己史上ベストの海鮮丼。CPではあの?熊石の「かきた」をしのぐ出来。

これはブログに書かずにいられない。

函館のどんぶり横丁の海鮮丼がいかに「ミニ」か実感しましたね。

180605gcenter_don1

↑【ご飯大盛り+みそ汁】にサービスセットで850円なので、これに大トロ+ウニで1450円。どんぶり径は14cmに近いビッグサイズ! 4軒の鮮魚店から具材をセレクト!

☆これぞ証拠写真…IPhone6(ケース込13.8mm)が丼にすっぽり!

180605gosho_maruko_donburikei


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« とても悲しい八戸問題PART3 | トップページ | 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 »

海鮮ランチバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 五能線の通るG市で出会った自己史上No.1CPの海鮮丼:

« とても悲しい八戸問題PART3 | トップページ | 道東・根室の代表的洋食グルメ「エスカロップ」 »