無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« Hey! Brother! そこに愛はあるのかい? | トップページ | ブログ再開…(18/07/09) »

2018年1月24日 (水)

なかなかヘビー級な洋食レストラン@釧路

ブログですからね、写真にインパクトがあれば、小理屈の何十倍の

威力なんですよ。

このお店。トリップアドバイザーのレストラン、釧路市2位。

あんまりね、順位は信用していないんですが、

確か釧路はスパカツが人気だったと思い出して、

とりあえず夜9時半までやっているのが嬉しくて、

到着早々足を向けたわけです。

レストラン泉屋。

建物に近づいて…1階の店舗は人影ナシ。

あれれ?と思って玄関を開けると

まずは目に飛び込んできたこのショーケース。

180122izumiya_sc

なんなんだ~!!!

営業は2階のみのワンフロアでした。

それにしてもこんな膨大なバリエーション、大丈夫なの?

と思いつつ2階へたどりつくと、すでに6、7組が食事中。

親子連れ、友人同士、カップル、おひとり様。

夜8時に釧路でこの人数はただのお店じゃないことが

すぐにわかります。

人気はスパカツ、というか鉄板スパゲティなのですが、

ブログ主、へそ曲がりなのでA~Dまであるセットメニューから

「Cセット」を選択。1500円也。悪かろうはずがないでしょう、

ショーケースからのイメージなら。

オーダーして10分も経たずに、Cセットがどーんと到着。

180122izumiya1500_

はい、着眼点。

1=付け合わせのスパゲティじゃない内容とボリューム。

具入り、肉入り。

2=ビーフシチューの肉、2切れは多いんじゃないの?

3=ホタテのベーコン巻。こういうのを手札に持っているお店

少なくなりました。

4=もちのろんの有頭海老フライ(その左にはカキフライ2ケ)

こんな洋食屋さんが徒歩圏にあったなら、高カロリーにドキドキしつつも

月2はカタイよなあ…(笑)。

昭和の時代にはこういう洋食屋さんは珍しくなかったんだけど、

東京でももう見かけない。ファミリー層は回転ずし屋さんに

御馳走食べに行く時代。

再度言い換えるならデパートの食堂のちょい高級版。

食事に満足して、まさかと思ったけれど

5=1500円也って…内税でした。

6=創業は昭和34年。来年で創業60年だそうです。

やっぱり実績と歴史のあるお店には何かある。

函館の五島軒も1970年代はこっちへの道も拓けていたはずだけど、

老舗なブランドとレトルトカレーに特化した特別なお店になってしまったのは、

函館でこういうお店が愛されなかったせい。函館人気質。

待てよ、五島軒には五島軒の事情があるだろうって?

いやいや。確か80年代にはBという庶民な洋食屋さんが、

大門広小路とか五稜郭公園前の交差点にあったことを覚えている。

続かなかった。

庶民派を意識して薄利「多」売の「多」でしくじってしまうケースは

世に多いけれど、それが食文化として求められていれば、ソウルフード化して、

他の料理人が後を継ぐこともある。

返す返すも現代人。味より便利さへ走りがち。

函館に限ったことではないけど、釧路で「あり」なのは

ちょっと悔しい気持ち。

ちなみに道東限定でセブンイレブンに「スパカツ」が並んでいた。

でもね、大事なのはカツ>ミートソース、スパ。

このバランスが一筋縄ではいかないんだよね、

ラッピ昭和店で痛い目にあったから、よーくわかる(笑)。

ヤングオンリーメニューと割り切る経営者もいるしね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« Hey! Brother! そこに愛はあるのかい? | トップページ | ブログ再開…(18/07/09) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: なかなかヘビー級な洋食レストラン@釧路:

« Hey! Brother! そこに愛はあるのかい? | トップページ | ブログ再開…(18/07/09) »