無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 近所に好みのチャーハンがあると、とりあえず幸せ… | トップページ | 初スシロー…そういうご時世か… »

2017年12月13日 (水)

暴風雪の中のクリスマスツリー

いろいろなことが根底でつながっているわけですが、

展開の順序に悩んだので、予定の順序を変えてみます。

向かった場所は市内なので、まったく旅ではない日常ですが、

わざわざ行ったら行っただけの収穫はあるものです。

どこかのブログで読みました。

クリスマスファンタジー会場に市民の姿がない。

いや、そりゃそうだろうと思いますよ。

・クリスマスファンタジーそのものに魅力がない

・インバウンドの姿が目立つばかりだ

それはその通りだと思います。

北海道の冬の行事ですから、寒いのは当たり前。

自分だってブログという存在がなかったら、何度も繰り返し

足を運ぶことはないでしょう。

幸い西部地区に用事があり、そのついで、という言い訳が

きくので行くチャンスはあるとは思います。

12/12は終日、吹雪でした。

1日で積雪は30センチ。こういう日もなかなかないので、

これこそが非日常と思い、用事を足しに出かけました。

171212remover

市電を利用しましたが、除雪車がフル稼働しても、線路に雪がつまり、

しばしば車輪が空転して、なかなか経験しない乗り心地でした。

はい、クリスマスファンタジーのツリー。

171213treec1

171213treec2

雪の中でもまあまあ綺麗に写っているかな、と思いますが、

だから、どーした、と言ったところでしょうか。

持論として、雪のないクリファンには緊張感も情緒もないと思ってますが、

ここまで吹雪くと、そんなことも言ってられません。

過ぎたるは及ばざるがごとし。

レンズに雪粒が付くのは避けられず、コンデジ撮影は断念して、

スマホで撮りましたが、バッテリーが傷んでいるので低温に反応して

すぐに不調に陥ってしまったほど。

171213machisen

↑まちセンのライトアップもなんだか雪でぼやけています。

午後7時過ぎでしたが、人はいましたよ。

外を歩いていないだけで。

かき集めれば100人はいました。

たぶん函館市民ではないでしょう。

スープバーの前では10人ほどがメニューを吟味していました。

函館訪問がたまたま残念な日程だったのか、

自分のように吹雪を非日常として気にしないのか、

それはわかりませんが、平日に数百人の人出だったら

逆におかしいです。

え?クリスマスツリーを見るだけのイベントでしょ?

そういえば夕方、FMいるかが中継を出していて

「人がいない」「ツリーが綺麗」という

ごくごく当たり前のレポートを流していましたよね。

だいじなのはこのイベントが世間に「認知」されることです。

認知されたからって冬の北海道ですから、それを目的に遠路はるばる

観光客は集まりませんよ。

先日アップした記事ですが12/3更新

北海道の冬の観光の目玉は何?

あの数字を見ると、札幌と比較して函館におけるインバウンドの伸びしろは

まだまだあると思いたいところです。

(2016年12月データではインバウンドの宿泊者数比率は札幌70%、函館20%)

札幌だって毎年ライトアップイベントやってますからね。

それよりショックだったのはあの大吹雪の中、傘をさす人をけっこう

見かけたこと。観光客ならいいんです。とても観光客とは思えない…

まあ、若いおひとり様ですけどね。

気になったのはそっち。たぶん生まれ育ちが函館ではない人なのでしょう。

クリスマスファンタジー、ことしで20年。

よく続いてきているし、定着してきたと思いますよ。

ま、クリファンのパンフレットを見ると、ほかにいろいろ感じることもありますが、

それはいずれ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 近所に好みのチャーハンがあると、とりあえず幸せ… | トップページ | 初スシロー…そういうご時世か… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 暴風雪の中のクリスマスツリー:

« 近所に好みのチャーハンがあると、とりあえず幸せ… | トップページ | 初スシロー…そういうご時世か… »