無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ | トップページ | 北海道の冬の観光の目玉は何? »

2017年12月 1日 (金)

函館山は「野鳥の宝庫」説を追う=第四回・最終回=

めざせ150種というつもりも、めざせ100種というつもりもなく、

可能性を知る、というだけの話です。

ピーク時に観察頻度を上げれば遭遇率は当然高まります。

その折り合いをどう読むか。

そして、予期しない出会いが発生する確率をどう感じるか、です。

函館山で出会ったある観察者に、「何狙い」と聞いたら

「出るもの全部」と答えた人がいました。

「ここは何が出てもおかしくない」

しかしながら、ことしの秋冬、函館山に通った複数のカメラマンが

撮影に成功した鳥は「確実にいる」ということになるのがこの世界。

上級者が絞り出した結果は、

行ったら撮れるとはまったく別の次元です。

でも、いないものは撮れません、見れません

秋冬のこうしたニュアンスを春夏の山林性の夏鳥飛来に

あてはめて考えるとこんな感じでしょうか。

■(秋冬に函館山で出会ってない)夏鳥
キビタキ☆※
オオルリ☆☆※
コルリ×
コサメビタキ☆※
サメビタキ××
エゾビタキ××
センダイムシクイ☆☆※
エゾムシクイ×
メボソムシクイ×
ビンズイ×
ヤブサメ×
ノビタキ☆※
ホオアカ☆※
コムクドリ☆☆※

170503kibitaki4

↑5月のキビタキ(♂)

170518kibitakif

↑5同じく月のキビタキ(♀)

■(12月以降に数が多くなりそうな)冬鳥

シメ☆☆※
ツグミ☆※

170517shime

↑シメ(5月・見晴公園にて)

×印はブログ主未識別、未遭遇、ただし××印は2017年函館市内で

観察記録確認済

前記事の46種と併せて65種となります。

100種のハードルもかなりマユツバであることがわかる事例です。

ブログ主よりもさらに腕の立つ観察者が5年間、計300回は通って、

達成できるかできないかという数字が100種だと思うわけです。

しかしながら仮に64種が現実だとしても

「野鳥の宝庫」説は成立です。

ほかにこれだけの種類に遭遇できる可能性のある場所は

市内にはありません。あってもアクセス不能な場所では野鳥観察になりません。

そして最大の問題は「探鳥地」として成立はしがたい、という

もうひとつの問題。今回は工事車両と人間(登山者)に悩まされました。

登山道以外で観察できればいいのですが、面白いことに野鳥は

人間の登山道を無視して斜面を上下したり、谷筋をたどって移動します。

人間(やクルマ)の通り道を横切るから観察可能なケースが8割です。

それでも「野鳥の宝庫」だから行ってみたいと思うか、

「じっくり観察できない場所でがっかり」と思うかは個人の自由。

ありふれた公園よりは観察のハードルが高いということを申し添えておきます。

171114kannsatugoya

↑今回、雨宿りには使えることがわかった野鳥観察小屋(四合目~五合目の間)。確かに谷筋なので野鳥は近づいてくる、ことを否定はしません。

使われていない野鳥観察小屋でお茶を濁すよりも、観察者が集中できるスペースがあると

すごい場所になる函館山ですが、だからといって保護区ですから開発して

新たな施設を作るわけにはいきません。

じゃあどうすればいいのか。

ここまでしっかり読まれた方にはある程度察しがつくと思います。

それにしても今回の調査、〇番から〇番の間、そのちょっと先で

異なる★★★★★☆☆に出会いました。そしてかなりの確率で

人間の声(クルマの接近音)が聞こえたところで観察終了となりました。

そこは野鳥観察者だけの函館山ではないですから、あきらめるだけの話です。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ | トップページ | 北海道の冬の観光の目玉は何? »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館山は「野鳥の宝庫」説を追う=第四回・最終回=:

« 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ | トップページ | 北海道の冬の観光の目玉は何? »