無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 朝市どんぶり横丁で海鮮以外という「変化球」 | トップページ | TBS全国放送バナナ日村4軒、ギャル曽根6軒の函館グルメ(2) »

2017年12月25日 (月)

函館におけるGLAY LIVEの経済効果、というよりも?

経済効果とか、イベント集客数とか

主催者発表で自在ですけどね…。

はこだてクリスマスファンタジーは毎年、来場者50万人(推定)と

いう情報もあるようです。

2016年12月の観光客入込数は31万人ということですから、

地元率が相当高いことになりますよ。

北斗市から函館市を訪れても入込にカウントすると考えれば、

とんでもない動員数ですね。

12月の31日間のうち、25日ですから、函館市民は必ず一度は足を運ぶぐらいの

人気イベント、ということになりますか。

171224winterdelics

さて、今回はそれが本題ではなく、GLAYの2DAYSライブの経済効果、について。

別にGLAYのメンバーにはネガティブな感情などまったくなく、

郷土の誇りぐらいに思っていますが、やっぱり気になったのは

地元函館のおもてなし姿勢ですかね。

ツアーファイナル、ということでこれを機会を函館を訪れたGLAYファンが

違和感を感じなかったことを祈りたいものです。

171213glaybanner

171223glaystation

とりあえず函館駅は歓迎態勢ができていた気もしますけど、

とっかかりはやっぱりキラリス。

あれえ、たまたま薄い時間帯に見ちゃったか?

171222kiralis1

↑長蛇の列を期待したというよりは、会場が広すぎて殺風景?

171222kiralis3

171222sodapop

↑G4 SPACE 2階で開催されていたGLAY LIB CAFE 2017は総入替制で35回まわし。チケットは食事つきで2500円…12/22の初回と12/24の夜の部はSOLD OUTしなかったようです。

って冷静に考えてみると函館アリーナのキャパは5000だそうで、

メディアによれば初日は3800席の設定だったとか。

もちろん両日参加のファンも多いでしょうし、来函数とすれば

トータルで5000人ぐらいでしょうかね。

定期的に地元でライブを企画してくれるGLAYには感謝のキモチが

ありますが、ライブをきっかけにゆかりの地を観光…という初心者ファンは

それほど多くないのでは?

もちろん宿泊業界から見れば、イベントは少しでもあったほうがいいわけですけどね。

まあ函館アリーナへは市電で、ということで全車両にGLAYのステッカーが貼られ、

1日乗車券のGLAYバージョンも限定発売されたようです。

なんか街をあげての歓迎とするには、思惑のズレがあるようにも思いますけどねえ。

函館市民は老若男女GLAYのことを知ってるはずなので、どこへ向けての発信かな、と。

単にGLAYにおんぶにだっこ(GLAYファンを計算しすぎ)であってほしくないと思います。

それより深いなァと感じたのは、

18年3月、5年ぶりにGLAYは台北でライブをやるそうです。

函館を代表として、というよりは北海道を代表して、日本を代表しての視点を込めた

アピールだとすれば、インバウンドの種を蒔く、だいじな仕事だと思いますよ。

つまりGLAYは函館で独占するような?ちっさい存在ではないんじゃないかな、と。

函館にとっての経済効果というより、地元を大切にする彼らの+イメージのほうが、

大きいかもな、と思った次第でした。

しかし、あくまで個人的な思いに過ぎませんが、

この季節、小雪の舞う中、winter againを聴きながら、

八幡坂上から大三坂へ二十間坂へと抜けると、格別な思いがこみ上げますけどね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 朝市どんぶり横丁で海鮮以外という「変化球」 | トップページ | TBS全国放送バナナ日村4軒、ギャル曽根6軒の函館グルメ(2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館におけるGLAY LIVEの経済効果、というよりも?:

« 朝市どんぶり横丁で海鮮以外という「変化球」 | トップページ | TBS全国放送バナナ日村4軒、ギャル曽根6軒の函館グルメ(2) »