無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« はこだて検定、受検者激減! …そりゃそうだ | トップページ | 同じ土俵では勝負しない、という作戦もある »

2017年11月13日 (月)

いまや「回転寿司」というジャンルは過去のもの?

回転寿司の松竹梅。

やっぱり、自分のブログ記事にはある程度、責任を持ちたいので

ダメを押してしまったのです。

っと、その前に根室はなまるを松竹梅の竹、と書きました。

回転寿司に松はいらない、とも。

そして回転寿司の梅、もそれはそれであっていいジャンル、とも。

回転寿司の梅、の雄はいわずと知れた「はま寿司」です。

ゼンショーの回転寿司。

161115hamazushi1

同じ土俵で戦うとしたら、強力な存在は「魚べい」

どちらも慣れてしまうと「わざわざ行かない」存在ですが、

慣れるまでは「ちょっと面白い」存在。

170802uobei

また久々に行ってみようか、的な魅力もあります。

回転寿司ですがほぼレーンにお寿司は回っていなくて、

タブレットで発注する形式。このほうがお店は無駄が出なくて

効率的です。

コストのかからないところでどう差別化するか。

「はま寿司」は醤油のバリエーション。5種類とポン酢が常備です。

減塩もあるとか。ネタによって使い分けましょう、らしいです。

でも最初はもの珍しくても長続きはしません。

5回めぐらいで飽きます(笑)

あとは一皿100円を切る価格破壊で勝負。

同じネタでも味付けとか炙りとかでバリエーションを出そうとします。

変化に富んだ旬のネタを求める向きにはマッチしません。

ファミレス志向なのはわかりますが、お寿司でマヨ連発は勘弁して

欲しいですけどね。いまやカルビやエビフライのお寿司は定番のようですけど。

170823uobei

↑こちらは魚べい

いっぽう魚べいは「回転しないから新鮮」という発想。

オールオーダー式。厳密には回転寿司ジャンルではありません。

清潔感のある明るい店内も魅力ですが、

特に印象に残った工夫は

「うなぎ」に山椒の小袋がついていたこと。

こうした細かい工夫で差別化を図るんだ、と。

なんだか、寿司ジャンルというよりは外食チェーン対決、という土俵のように

思えてきましたね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« はこだて検定、受検者激減! …そりゃそうだ | トップページ | 同じ土俵では勝負しない、という作戦もある »

ドコイク?函館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: いまや「回転寿司」というジャンルは過去のもの?:

« はこだて検定、受検者激減! …そりゃそうだ | トップページ | 同じ土俵では勝負しない、という作戦もある »