無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 函館山のいろいろな登山コースと三十三観音 | トップページ | ソウルフード?自らトップレベルを名乗る度胸も函館人気質? »

2017年11月 1日 (水)

想定通りの人気「根室花まる」(キラリス店)

個人的にはだいぶ引っ張りました(笑)

 

どうでもいいですけどね。

噂ほどではない…という書き出しも考えましたが、

何の噂?ということでもあるので、

まあまあこんなもんでしょう、十分人気です、ということで。

札幌駅ビルの花まるは常時行列だったわけですが、

たぶん行ったのは常に週末だったわけで、

平日も常に大行列だったら、それは異常ですからね。

もちろん並ぶのは嫌なので10/11オープン以降、様子を見てました。

混んでいなさそうな木曜日の夕方に初訪問。

その時間帯、お客さんの入りは8割ぐらいでしたかね、すぐ座れました。

本日のおすすめはこんな感じ。

171020hanamaru1

店内はこんな感じ。

171020hanamaru2

お皿は130円からですが、おすすめの価格帯は270円あたり。

なるほどね。高級志向にしすぎたら、地元民はそうリピートしませんよね。

客単価は2000円台に行けば御の字でしょうかね。

そこで採算がとれるようにまわさないといけません。

そういう自分も昔は回転寿司で3000円以上食べたこともありましたが、

寿司をおなかいっぱい食べられる、が回転寿司の身上と

自分は心得ているので、質はともかく価格帯が上がりすぎると

リピートが苦しくなります。

はま寿司なんか、めいっぱい行っても2000円行かない廉価版なので、

それに比べたら花まるは少しぜいたくなライン。

寿司の松竹梅があるとしたら、回転寿司に松は要りません。

松を求めるならカウンターのお店でしょう。

回転寿司はあくまでも回転寿司。

梅の回転寿司もそのニーズはあると見ています。

梅の回転寿司、竹の回転寿司…別ジャンル。

ということで証拠品としこれも撮っておきました。

171020hanamaru_rct0

171020hanamaru3

↑左上あぶらがれい、右上厚岸いわし、下真イカ

171020hanamaru4

↑たらばふんどし

171020hanamaru5

↑左いか耳、右本鮪トロたく

あと印象に残ったのは活気の演出。

社員教育も含めて店内に目が行き届く数の従業員を配置するのは、

人件費的にも大変そうだな、とは思いました。

ただし、以前テレビで紹介されていた

回転寿司はレーンに回っている皿をいかに選んでもらうか、

という花まるの狙いはなかなか実現していないようにも思いました。

 

それにしても函館市民、回転寿司も含めてあまり寿司を食べないのでは

ないでしょうか?

何を求めて回転寿司に行くのかがあまりに多様、そんな気がします。

御馳走と日常食の狭間を揺れ動く回転寿司業界。

全国的にも回転寿司のファミレス化が進んでいますが、

これは家族連れを意識するとしかたがないのかもしれませんねえ。

親が寿司が食べたいが、子どもは魚がニガテ…。

まあ、さすがに成人同士の来店客のファミレス対応希望は

単なる食文化の貧困化でしょうけど。

いまだに当ブログの「狙いはインバウンド?」の記事が

読まれていますが、もちろんあれは皮肉ですからね。

函太郎との対比で、函館市民が花まるをどれだけ評価するか

興味深い、という意味ですから。

はやりすぎても、はやらなさすぎても「グルメな函館」としては

情けない、ということです。

その意味でもいまのところは「想定内」って感じです。

171020hanamaru6

昨今の回転寿司をはみ出さないこのデザートメニューが

それを象徴しているような気がしますね。

ここに書き切れなかったツッコミどころはまた次回。

細かく見ていくとこの「花まる」周辺、実に興味深い。

ネタになること自体が重要ですなあ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 函館山のいろいろな登山コースと三十三観音 | トップページ | ソウルフード?自らトップレベルを名乗る度胸も函館人気質? »

ハコダテ・ランチ・アーカイブス2015-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 想定通りの人気「根室花まる」(キラリス店):

« 函館山のいろいろな登山コースと三十三観音 | トップページ | ソウルフード?自らトップレベルを名乗る度胸も函館人気質? »