無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 二度と行かない店、二度目はない店 | トップページ | 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ »

2017年11月29日 (水)

函館山は「野鳥の宝庫」説を追う=第三回=

カテゴリーは夏鳥・冬鳥と渡り鳥でも、函館山に長く居座る鳥もいます。

第二回で登場したアオジが好例。メジロも夏鳥の扱いですがなかなか帰りません。

171116mejiro1

↑メジロはいつも群れていて(他を頼っていて)サバイバル能力は低そうですが、そのぶんたくさんいます。

ということで、観察の記録はどの時期にどのぐらいの頻度で出会うか、

ということです。

10、11月に10回以上函館山に足を向けましたが、

撮影はおろか、レンズを向けるチャンスすらない鳥もいます。

確率的には「あれ、何?」だけで終わる鳥。

発見して、撮って、確認を繰り返していると、鳴き声や動きから

もし撮れなくても「たぶん〇〇」と推測できるようになります。

それらも含めて、

一度しか出会わなかった鳥。

数回しか出会わなかった鳥。

頻繁に出会うが撮影が難しい鳥。

かなりの高確率で出会い、撮影できる可能性の高い鳥。

いろいろなパターンがあるわけです。

出会いの確率をありふれた順に★から★★★★★の5段階、

撮影難易度を易しい順に☆~☆☆☆の3段階に

分類し、撮影結果も交えてリストアップしていくと…。

この10~11月の期間の成果はこうなります。

■夏鳥(季節が進むにしたがって南方や大陸へ旅立つ)
アオジ★☆☆※
ホオジロ★★★☆☆
メジロ★☆☆
ウグイス★★☆☆☆※
ノゴマ★★☆☆☆
ルリビタキ★★★☆☆☆
ベニマシコ★★★☆☆
ニュウナイスズメ★★★★★☆☆※
クロツグミ★★★★★☆☆
カヤクグリ★★★★★☆☆
マミチャジナイ★★★★★☆☆☆
モズ(麓)★★☆※
コマドリ★★★★☆☆☆
カワラヒワ★★★☆※

171109benimashiko8

171109benimashikof2

↑ことしはたくさんいてだいぶ遊んでくれたベニマシコ。赤いのが♂。地味なのは♀。

■冬鳥(季節が進んだことで、北方や大陸からやってくる)
ウソ★★☆☆※
アトリ★★★★☆☆※
ハギマシコ★★★★★☆☆
オオマシコ★★★★★☆☆
ミヤマホオジロ★★★★★☆☆
カシラダカ★★★★★☆☆
ジョウビタキ★★★★★☆※
マヒワ★★★★★☆☆※

171117uso7

↑函館山を代表する冬鳥のウソ(♂)。すでに待機していて、桜の花芽が食べごろになる頃、函館公園に降りていくようです。

■留鳥(函館山で生活している、もしくは近郊から移動してくる)
シジュウカラ★☆☆※
ハシブトガラ★☆☆
ヒガラ★★☆☆※
ゴジュウカラ★★☆☆※
コゲラ★★☆☆※
トビ→この時期、この場所、見かけない
ハシブトガラス★☆☆☆※
ヒヨドリ★★☆☆☆※
アカゲラ★★☆☆※
ヤマガラ★☆☆※
ミヤマカケス★★☆☆※
シマエナガ★★★☆☆☆
キクイタダキ★★★★★☆☆☆
ミソサザイ★★☆☆☆
オオアカゲラ★★★★★☆☆
キジバト★★★★☆☆※
ハヤブサ★★★☆☆
ノスリ★★☆☆
スズメ(麓)★☆※

171102suzume2

↑函館山を登ると全然いないが、降りるとすぐ見つかるスズメ。住宅地でしか生きられない。(護国神社坂の上で)

※マークは函館山で撮影しなくても、他の場所で嫌と言うほど出会っている鳥、
その割に撮影難易度が低くない鳥とします。

これに登山道その他で出会った何人かのカメラマンが

「見かけた」「撮った人がいるらしい」「声を聞いた」などと情報をくれたのが

これらの種類。

ムギマキ、トラツグミ、アオバト、アカハラ、シロハラ、ハイタカ

すべてカウントして46種になります。(留鳥)18種、(夏鳥・冬鳥)28種。

出会えば撮影(観察)できそうだがなかなか出会わないパターンと、

出会ってもなかなか撮れないパターンがあることがわかります。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 二度と行かない店、二度目はない店 | トップページ | 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 函館山は「野鳥の宝庫」説を追う=第三回=:

« 二度と行かない店、二度目はない店 | トップページ | 味以外に3点気になる、チャーハンです…わっかるかなァ »