無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 想定通りの人気「根室花まる」(キラリス店) | トップページ | まさにリーダー不在、といったところでしょうか。 »

2017年11月 2日 (木)

ソウルフード?自らトップレベルを名乗る度胸も函館人気質?

でもって、きょうも引き続きグルメ系の小ネタ。

 

つい最近、元祖小いけのカレーの提供ビジュアルについて

 

ブログで書きましたが、昭和の名店はそれはそれで

 

味がありますから、よしとします。

 

庶民の味、カレーですからね。

 

これを「洋食」と分類したいなら、それはそれで

 

微妙な問題が生じますけど。

 

しかしながら創業35年程度で自ら「ソウルフード」を

 

名乗るのは問題あり、でしょう。

 

え?もちろん小いけの話じゃありません。

 

函館のソウルフードって何?

 

これ、世代によって差があるようではいけませんけどね。

 

ラッキーピエロとハセストのやきとり弁当

 

自分の学生時代はまだ誕生してませんでしたが、

 

その手軽さと値段を考えた場合、まあソウルフードとして

 

許しましょう。

 

そう、手軽さと値段、です。

 

はい、これ。

 

151019jjf

たしか、1300円でしたね。これにデザート、何がついていたっけ?

 

忘れました。

 

ああ、それね。と思う人が何人いるかで

 

ソウルフード度合いがわかるでしょう。

 

で、こんな看板に出会ったわけです。

 

171020jjf

え?ここも閉店?

 

いやいや移転です。

 

明日11/3に移転オープン。

 

どこに???

 

観光客は行かない場所ですね。

 

観光客ニーズは捨てた、かあ。ザンネン。

 

まあ、店舗そのものの築年数などの事情もあるようです。

 

でも元の場所がね。あそこでソウルフードを名乗りたくなる

 

キモチはちょっとだけわかります。

 

知らずに旧店舗に立ち寄ってしまった人は新店舗で特典あり、

 

という企画には「愛がある」とは思いますけどね。

 

観光客に函館のソウルフードとして売る。

 

がコンセプトかな、と思ってたんですけどね。

 

だからトリップアドバイザーの函館TOP100レストランにも

 

入っていたんですけどね。

 

そのぶん、近隣のTVVBを称えたいと思います。

 

171013tvvb01

↑なにげにサラダのボリューム感が◎

 

函館山からの帰りの数少ない選択肢ですから。

 

近所にホテルもあるしね。

 

あ、インバウンドには洋食系がウケないのか(笑)

 

 

 


にほんブログ村

 

 

 

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 想定通りの人気「根室花まる」(キラリス店) | トップページ | まさにリーダー不在、といったところでしょうか。 »

はこだてグルメ、ぶった斬り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ソウルフード?自らトップレベルを名乗る度胸も函館人気質?:

« 想定通りの人気「根室花まる」(キラリス店) | トップページ | まさにリーダー不在、といったところでしょうか。 »