無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« そこに「優しさ」を求めたら「ナンデモアリ」になりませんか? | トップページ | つまり毎日出会う、山・海・川… »

2017年10月 6日 (金)

「函館山のある風景」について

まずは函館山という第一テーマ。

自分が住む函館に愛があるとかないとか。

わが街函館の歴史に関心があるとかないとか。

そして函館の将来に不安を感じるとか感じないとか。

人それぞれ、だとは思います。

自分の見解はあくまで自分の見解。

それをどう表現するか、だけの問題。

あくまでも個人の感覚の問題ということは言えますかね。

市内のどこかへ外出したとき、まあ函館山をよく見ます。

見かけます、じゃないですよ。

五稜郭タワーも意識しますが、ほんとうによく函館山の方向を見ます。

外に出て山を見ないのはコンビニやスーパーに直行直帰のときぐらいでしょうか。

晴れていればよく見えているなあ、と。

雲がかかっていれば、きょうは夜景ダメだろうなあ、と。

夜景を見に行く予定は年に1回あるかないかですが、天気を気にするとき、

帰路を気にするときに函館山は欠かせません。

これ、青柳町や宝来町などの麓に住んでいる人の感覚とはまた違うと思いますね。

函館のシンボルとも言える函館山、そういえば以前いろんな場所から見える

函館山の写真をいろいろ撮ったことがありました。

きょうはまず初回ということで、さまざまなアングルからの函館山を並べてみることにします。

これで距離を別にして函館山のどの方角から撮った写真かわかるなら、

函館ツウと言えるでしょうね。

(1)難易度★★ 函館山「から」よく見える場所なので、そこから山を撮った写真

151009nakanohashi

(2)難易度★★★ これも函館山から見て夜景的に非常に目立つ構造物のすぐ前で撮った写真。これはわからないはず

150923satudramae_mt

(3)難易度★ このアングルがわからないようでは函館市民の資格なし

151106hakodateyamagoryoukaku

(4)難易度★ 意外となじみのないアングルですが簡単でしょう。少し小高くなっていて駒ケ岳も見えるアングル。

160407fromtakubokubochi

(5)難易度・論外 ポイントはこれを撮りたいときは朝にいかないとすぐ逆光になります。とかいって正午近くに撮ってます。

160415motoizakamth

(6)難易度★★ このアングルを見慣れている人も多いのかも。人口が割と多いエリアですね。(3)にやや近いか。

151023hakodateyama

(7)難易度★ ヒントがあるのでこれはカンタン

160505fromnanaehama

(8)難易度★ これもヒントがあるのでカンタン

160505kamiisosanbashi

(9)難易度★★ (8)のもうちと先です。

160512mth_fromtobetsu

(10)難易度★★ 見慣れていないかもしれませんが、ここが限界点。

170928triple_kikonaia_2

(11) これが(10)から見て逆視点。あれ?函館山はどこ?

170825fromshiokubi

(12)そしていつも自分はこんな角度から見ています。

170825mth_nesaki





にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« そこに「優しさ」を求めたら「ナンデモアリ」になりませんか? | トップページ | つまり毎日出会う、山・海・川… »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「函館山のある風景」について:

« そこに「優しさ」を求めたら「ナンデモアリ」になりませんか? | トップページ | つまり毎日出会う、山・海・川… »