無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 北海道の観光的魅力と最新入込数推計PART1 | トップページ | 残り少ない秋空とコントラスト »

2017年10月28日 (土)

晩秋の675号、函館の初雪までもう少し

ネタ出しのタイミングを見計らっていましたが、

このあたりかな、と。

道道675号線。

Dd675_00_170721

またの呼び名を立待岬函館停車場線。

そもそもはどこかでブログに書かれていたのを読ませていただいて

「ほぉ」と思った1件。

171026dd675

書類上はこれ未成線ですか?

計画中止でそのまま、なら未成線ですよねえ…。

旧戸井線といっしょ。

この写真を撮って愛がないと嘆いたのは10/20だったかな。

171020tozankisei2b

この時点で日付は過ぎていた。

ロープウェイ運行中の誤情報の罪はそれなりに大きい、と

思うんですが。

ブログに書いたあと、10/25にはこうなっていた。

171025tozando

無責任に書き換えた??? 4月中旬予定も矛盾があるような…。

これタイマーで自動に書き換わる類の装置じゃないと思うんだが、

近づいて設置責任者がよくわからず。

道路管理者は北海道だろうから、函館市の責任じゃあないんだろうね。

まあ見事な連携。この変更を行った担当者個人は

函館市民ではないと信じたい。

誰も着目しない看板なら撤去してもいいか。途中

171020tozankisei

こうなって、

171025tozando2

こうだから、護国神社坂の途中でフェイクにひっかからなければ、

問題はない。でも護国神社坂を通過せずに登山道ゲートに達する確率は?

みんなさっきの標識を無視しているのかな、函館市民。函館ナンバー以外の

車もそこそこ登っていくんですけどね。

この路線、そもそもは函館山を登って降りる周遊道路だったらしい。

だから立待岬まで到達するネーミング。

しかしながら自然環境破壊の声が上がり、実質登山道ということになった。

昭和の昔の話。その経緯を知る人も少ないだろう。

Dd675_03_171016

やっぱり道道だから、ツールド北海道のコースも設定できたんだろうねえ。

御殿山を登り、つつじ山駐車場のゲートから先は未舗装路が続く。

千畳敷の先に施設があるのでこの未舗装路はときに工事車両が行き来する。

未舗装である時点で、正式には道道ではないのだろう。

この道の管轄は函館山管理事務所なのだろうか。やっぱり北海道???

車がたまに走るから穴ぼこができて人間は歩きにくい。

雨が降ると水たまり。人しか歩かない旧登山道沿いにはそういう場所は

ないようだ。

Dd675_05_171005

午前9時を過ぎると、千畳敷広場の公衆トイレ掃除用の軽トラが

ガタガタ道をとても大げさに走っていく…。そして10分もすると作業を

終えて戻っていく。

Dd675_06_171005

↑道道として成立しなくて本当によかった。

函館山の尾根から見る秋の青空は格別。

もうそろそろ初雪、ですか?

函館の初雪の平年は11/3。

登山道の閉鎖は初雪次第ですかね。ロープウェイの点検は終わるのか。

11/12までは持ちこたえろよ。

Dd675_07_171005

↑千畳敷の先まで工事車両は入れるようです。通信施設の保守整備も必要ですからね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 北海道の観光的魅力と最新入込数推計PART1 | トップページ | 残り少ない秋空とコントラスト »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 晩秋の675号、函館の初雪までもう少し:

« 北海道の観光的魅力と最新入込数推計PART1 | トップページ | 残り少ない秋空とコントラスト »