無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 函館…愛のある再開発は無理なのでしょうか??? | トップページ | 地元愛が薄まるひとつの理由なのかもしれません。 »

2017年9月11日 (月)

「はこだて検定」が教えてくれるコト…

再開発に愛も恋もないだろ!って

思っている人がいるかもしれません。

ずっとここで主張しつづけているのは、せっかくなら

・お客さんに喜ばれる、わかりやすい親切な店づくり

です。

そのうえで個性的ならなおよし。

箱だけ作っても中身に魅力がないと、

簡単に人は集まりません。

また、人が集まらない場所で商売を始めても、

正当な評価は得難いですよね。

今回のキラリスでテナントが埋まらない理由を

HTB「イチオシ」では、

「(運営会社は)資材高騰が主な理由(と説明しています)」…。

経営者は誰もが損したくないですから、

採算性が見込めなければ出店しがたい。

で、それは誰のせい?

集まらない市民のせい?

ねえ。

駅前の新築ランドマーク。

テナントが空き空きの状況で誰かが責任とるんでしょうか、

ということです。

さて、きょうはその話でなく

はこだて検定の話をば。

少し前までは「はこだて検定」ぐらいラクショーだろ!と

気合入ってましたけど、そこにも微妙に愛のない状況が

垣間見えます。

誰のための「検定」なの???

151104kyumarui

ちなみにはこだて検定対策講座なんていう企画があって、

まちセンで勉強会があるそうですが、それに関連した例題で

こんなくだりがありました。

ちょっと長いですけど引用させていただきます。

====================================
【1】函館市の人口に関する記述のうち、正しいものはどれか。(初級第5回)
1. 道内では札幌に次いで、2番目に人口が多い
2. 国勢調査による人口のピークは1980年(昭和55)である。
3. 国勢調査による第三次産業従事者比率は90%以上である
4. 1920年(大正9)第1回国勢調査では全国5位の人口だった

【2】函館の人口に関する説明について、誤っているのはどれか。(初級第6回)
1. 現在、札幌、旭川に次いで道内で3番目に人口が多い
2. 人口のピークは1980年(昭和55)ころである
3. 産業別就業者数で一番多いのは、造船・機械業である
4. 第一回国勢調査では全国9位の人口となった

【3】函館の人口に関する記述のうち正しいものはどれか。(初級第11回)
1. 2010年(平成22)の国勢調査による第三次産業従事者比率は90%以上である  
2. 1920年(大正9)第1回国勢調査では全国5位の人口だった 
3. 現在、道内では札幌に次いで、2番目に人口が多い
4. 江戸時代末に函館市の人口は1万人を超えた

【4】函館の人口に関する記述のうち誤っているのはどれか。(初級第6回)
1. 古い文献によれば江戸時代末1801年(享和元)の人口は2,695人。1857年(安政4)には1万人を突破したと述べられている
2. 明治時代には日清・日露戦争で勝利し、景気が良くなり、人口は急増、10万人を超えた
3. 1920年(大正9)の第一回国勢調査では145,843人で、全国9番目、札幌、仙台を上回る東北・北海道で最大の都市となった
4. 1973年(昭和48)に亀田市と合併し、人口は30万人を超えたが、その後は低迷し、現在は約28万人、札幌、旭川についで北海道第3位の都市である

【5】函館の人口に関する記述のうち誤っているのはどれか。(初級第10回)
1. 古い文献によれば江戸時代末1801年(享和元)の人口は2,695人。1857年(安政4)には1万人を突破したと述べられている
2. 1920年(大正9)の第一回国勢調査では145,843人で、全国9番目、札幌、仙台を上回る東北・北海道で最大の都市となった
3. 明治時代には日清・日露戦争で勝利し、景気が良くなり、人口は急増、10万人を超えた
4. 1973年(昭和48)に亀田市と合併し、人口は30万人を超えた
====================================

ポイントは「重要な問題は繰り返し出題されている」という表現でした。

個人的には「正しいものはどれか」「誤っているのはどれか」を無限ループさせる出題形式が

好きじゃありません。

同じ内容でも正答率は違ってくるからです。

重箱の隅をほじくれば、

「全国9番目、札幌、仙台を上回る東北・北海道で最大の都市となった」

の「となった」ですけどね。繰り返し登場しますけど。

第一回、初回の国勢調査、それ以前に国のオフィシャルな調査はないわけです。

「札幌、仙台を上回る」はあくまで現在を基準にしているわけで、

開港以来ずっと差があったかもしれませんね。

1920年の函館では、後世札幌や仙台と比較するなんて思ってもいなかったんじゃ

ないでしょうか?

160327hsc_392

それより、先日調べた市電沿線の人口が函館全人口の15%というのは、

予想はしていましたがなかなか衝撃的でした。

当然、市電の路線がガス会社経由五稜郭駅とか、東雲町から宝来町とか

もっと運行系統が多かった時代は30%以上はあったのではないでしょうか。

平成28年度の函館市の統計によると、人口比率は、

亀田支所管内44.2%、本庁管内30.8%、湯川支所管内18.1%、銭亀沢支所管内2.7%、

南茅部支所管内2.0%、恵山支所管内1.2%、戸井支所管内1.0%、椴法華支所管内0.4%です。

はこだて検定ではこんな問題は出題されません。

だって正式名称は「函館歴史文化観光検定」ですからね。

函館のいまを知ろうとする企画じゃないんです。

過去の函館をもっと好きになろう???

誰が?

自分にしてみれば、過去も現在も未来も気になるわけですけど。。。

検定合格の仲間を増やそう!がメインテーマの気がしてなりません。

わが街の歴史、過去を振り返るのもだいじですけどね。

過去を知って現在、未来に活かすべき。

170825toiline_shiodomari

↑検定上級合格者なら、これがどこにある何の遺構かわかると思います。自分はこういうのがまだ残っていると知らず撮影しました。

そういえば、8月にローカル出版された企画で

気になるものがあります。

そのうち紹介しようと思います。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 函館…愛のある再開発は無理なのでしょうか??? | トップページ | 地元愛が薄まるひとつの理由なのかもしれません。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「はこだて検定」が教えてくれるコト…:

« 函館…愛のある再開発は無理なのでしょうか??? | トップページ | 地元愛が薄まるひとつの理由なのかもしれません。 »