無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 新幹線ちょい乗り商品に苦笑…JR北のスタンス | トップページ | 沖漬けマルタイで「函館のイカ」を思う »

2017年8月14日 (月)

誠意と心配り…函館駅前にて

きょうは自分が果たしてその立場になったら、どう思うのだろう?

という話ですかね。

で、その立場に立つ可能性がないから、考えないという話。

まず思い出すのは7月前半某所での

このランチ、刺身定食1200円から。

170713juraku

内容は悪くないと思うけど、1200円でリピートは

どうかなあ…。

確かこのとき湯の川温泉に

エゾシカ出現の話をしたんだよね、このお店で。

170713deer3

↑もう最近は足跡も見かけなくなりました

そう、あまりよいリアクションが得られなかったという話。

けっこう暑い日で

「いつまで暑いんだろう」と言ったら、

「まだ7月ですよ」と返された。

この微妙な会話のミスマッチが、いかにも函館。

でも、このとき自分が思っていたのは、

山があれば必ず谷がある。

8月もこのまま行くはずがない。

ちょっと予想がズバリ当たりすぎで、

夏はどこへ行ってしまった!

でしょう。

毎年が異常気象。

170815mth

↑来る日も来る日もこんな函館山…

さて、新幹線ちょい乗りで、不誠実を感じたあとに

思うのは、毎日の夕刻の駅前バスターミナル、

函館山頂行きの案内。

駅前ターミナルでは、函バスと北都交通が

競合しているんだけど、

8月に入ってから山頂が見えない比率がとても高い。

8月に函館を訪れた皆さんはとても残念。

きょうもまた濃霧注意報で、最高気温が20度に届くか届かないか。

函館市民に言わせれば、駅前でどんぶり横丁の背後に函館山を

確認して、今日もだめかあ…てなもんだけど、

知ってか知らずか函館山行・ロープウェー行のバスに乗り込む

人もチラホラ。

これバス乗り場に「現在の函館山山頂です」ってモニタカメラの

画像を置いたら、ドン引きだろうなあ。営業妨害?

●●正直は商売の足を引っ張るか。

問題は

「残念だけど、今日しかないから、話のタネに山に登っておく」

という割り切った観光客がほとんどなのか?という部分。

行ってみてダメだったからお金を払わずに戻ってくる…じゃなくて、

お金を払って行ったけど、やっぱりダメだった…なんだから、

夜景の見えない函館山、せめて料金半額だろう、ぐらいに思うんだけど。

で、函バスのバス停よりも、駅舎寄りで、北都交通のスタッフが、

「ガイド付き夜景バス」の客引きをしている…。

8月と言えばかきいれどき。

でも、この天候。

さすがに「いま登っても見えませんよ」とは言えないし。

もちろん客足はまばら。

まばら、ならいいんじゃないか???

でもある観光客が北都スタッフに話しかけてた。

「きょうは夜景ダメですよね?」

スタッフ曰く

「こればっかりはねえ」

え?こればっかりは登ってみないとわからない???

数時間前は山頂が見えていた???

たぶん自分の聞き違いでしょう。

そんなこと言うはずはない。

リスク承知の商品なんて世の中に山ほどある。

タバコなんてリスクを明記しても買う人はいる。

いや、それとこれとは違うって。

連日こんな天気じゃ商売上がったりだ。

それはわかるんだけど。

170803eki_ootani2

どうもこれがJR駅舎の函館ウェルカム感と

シンクロしているように思えてならない。

ちなみに駅舎1階に五稜郭と函館山への行き方の掲示板があるけど、

利用者は見つけているだろうか? 実に目立たない場所にそれがある。

函館駅から切符を買おうとしてそれに気づく。

五稜郭へ行くには五稜郭駅へまず行かなくちゃ、と思った人が

ついでに函館山へはどう行くか気づく。

どうゆこと?

観光案内所の場所は? わかりやすい? 利用頻度は?

まあ、それを言ったらロトンダデッキを含む駅舎設計の

問題でしょうけどね。

構内でやたら目立つのは大谷クンばっかり。

駅構内に大谷クンだけで何人います?

来季メジャーが決まっても、JR北は大谷推しのまま?

駅舎内の函館圏のウェルカム情報の少なさが、

函館の観光ホンキ度を示しているかもしれない。

それ、函館の? JR北の?

そしてJR函館駅を中継点とした観光客の流れが

新幹線開業前と開業後でどう変わったのか、

相変わらず分析が進んでいない様子。

まさかJR北が函館市の観光に無関心ではあるまいに。

ネット上のとあるデータでは新函館北斗の乗車客数は(一時)

1日平均2100人とあったけど、これが函館駅の1日平均3000人と

合致するはずもなく、

新幹線で本州から来道する観光客をいかに無駄なく市内へ

運ぶかの議論も空転しっぱなしのよう。

北斗市は(何もない)新函館北斗で降ろそうとする。

 

函館市は降ろさずにライナーで連れてきたい。

JR北はどちらの味方でもない、ということ?

もしそうなら、実にくだらない戦いだよね。

早い話がみんな利害がバラバラってこと。

そもそもは函館が北海道の玄関口って昔ながらの発想が

 

間違いのもとなんだろうなあ


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 新幹線ちょい乗り商品に苦笑…JR北のスタンス | トップページ | 沖漬けマルタイで「函館のイカ」を思う »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 誠意と心配り…函館駅前にて:

« 新幹線ちょい乗り商品に苦笑…JR北のスタンス | トップページ | 沖漬けマルタイで「函館のイカ」を思う »