無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり | トップページ | 細かいことは気にならない、は個人レベルの話でしょ? »

2017年8月30日 (水)

結局、お客の立場に立たないということで結論かな?

このブログも単なる日記なら

割り切りもつくんですけどね。

それは「そのときの」気持ち、だから。

でも、一過性じゃなくて、(できるだけ)「変わらない」気持ちで

書きたいと思うわけです。

でも一旦ネタを寝かせちゃうと、いろんなことが増えたり減ったり。

再び整理しなくちゃならなくて、

面倒くさい。

さて、函館の飲食店の修正力のなさ。

これがちょっと放置するとたまってくる、ということで。

迷店は際限なく「発見される」ということかも。

困ったもんだに。

インパクトが残っている順にいくつか。

まずはこれ。

170820tshun

意味わかりませんでした。だって説明してくれないから。

日曜日の夜8時15分に店頭に行ったら、

「もう終わりです」と店の人に言われました。

え?って何度も腕時計を確認してしまたから。

このお店、毎日が定休日なのかもしれませんね!

確かにその時点でそう思った。

それだけで「二度と来るもんか」という

デリケートな客が存在することは想像、できてません、きっと。

ところが、実はお客さんがが途切れちゃって、終わりにしちゃった、と

推測されます。

なおかつ「翌日用」に「定休日」と貼っちゃった…。

デリカシーのないお店、親切のかけらもないお店。

この「雑」を何とも思わない姿勢。函館市内でエンドレスに感じる感情。

170731esp3n

たぶんこの店にももう戻らないだろうなあ。

駅前のお店では、

十回も二十回も、いやそれ以上、商品を購入しましたけど、

その後、なんとなく嫌になりました。

そ、ポイントカード500円サービスまでン万円買うお店。

そして事件は「本店」で起こりました。

170731esp1n

最初にオープンしたときから、これが気になってはいました。

途中、ランパス参加があり、そのほとぼりが冷めた頃、

そういえば(結局)「行ってないな」と気づいて

足を向けたところ、イートインでメニューをリクエストして

こう言われました。

「きょうは注文メニューありません。本日のイートインは

店内の(出来合いの)商品でお願いします」

しょうがないな、と思いつつ、下写真の2品を持っていくと、

(右端のちっちゃいのは、何か知らんがオマケらしい…)

170731esp2

「温めますか」

で、YESと答えて待ったのですが、

出てきたのはパンだけで、今度は飲み物がなかなか

出てきません。全体を目配りしているスタッフがいないようです。

イートインの客はその日、自分のほかは

1組だけでしたが、まったく力を入れていない様子。

ランパスのときって確かパスタがあった気が…

この店頭のイートインの目玉メニューらしき商品は

不評で、もはや推しじゃないようです。

看板を見て「おいしそう」と思う自分が感覚ズレ。

ところが3週間後に店の前を通ってびっくり。

訪れた2週間後から「夏の○○フェア」とかで、

この看板メニューは「上書き」されてました。

それなら早く言ってよ。

こういう不親切なお店が函館にはあまりに多いので、

あとでブログネタになる、と店頭写真を撮るクセ?

がついてしまったほど。(もちろん使わない場合も多し)

でもって、ブログも同系3本めのネタまで揃えば

まとまるってもん。ところがコレが別素材とくっついてしまい、

代わりにやってきたのはこのお店のネタです。

170829lapet1

尊敬しますよ、ここに入るお客さん。

まずは基本のウェルカムができていない。

このお店の前を数十回ときかずに通り過ぎていて、

「あ、ここ現役のお店なんだ!」って気づいたのは

ついここ数か月のこと。

まずは客の出入りを一度も見たことがない。

まあ、通りかかる時間帯もあるかもしれませんけどね。

そしていつやっているのかがわからない。

いつも閉まっている感じ。

170829lapet2

ランチコースが2200円。

あとはパスタにハンバーグにポークカツ、チキンカツ、

そして飲み物いろいろ、と来た。

マジでこういう店を見ると

ランチコースをオーダーして、思ったのと違うから

要らない!とイジワルしてみたくなる衝動に駆られます。

店主の雑な性格がよくわかるって感じ。

で、よく見るとCLOSEDの下にこっそり営業時間が

17時~22時って書いてありますな。

もしかしてランチコースもディナーコースも同じ展開?

もしかして営業時間は毎日2回書き換えるとか、とか…。

想像がふくらみます。

受け取り方によっては謎めいた店も魅力的…という

ことも言えますが、それにしては外観はノーマルすぎ。

いやいや開店して1年2年のひよこな店ではありませんよ。

この場所でもう15年はやっているんじゃなかろうか。

それはそれで偉大かも。

自分が通りかかる時間帯はこの店の営業時間と

合わないかもしれないけど、お客さんがいる場面で

証拠写真を撮りたいってのが正直なところ。

たぶん場所がら、外国語表記に力を入れるべきだと思うのよね。

ここまで揃っちゃうとほかにもいろいろ雪だるま式に…まだある。

このお店もよく前を通る。

ペースは月に3回ぐらいのペース。

カフェですよ。

でもこだわりのカフェ。

170829elj2

場所はどちらかというと観光エリア。ある場所へ向かうには

かなり高い確率で前を通るロケーション。

そのこだわりがこうして店頭に細かく書き込んである。

で写真を撮ったこの日はCLOSED

大きく営業時間が書いてあって、予約があればこの限りではない

ってなことも添えてある。

この日は2回、前を通って最初は11時15分だったから、

あ、まだ営業時間前なんだと思ったわけだ。

2回目は16時45分だったから、当然、閉まってる、となる。

つまりは定休日なんでしょ?

はい、書いてあります。火曜定休。

左側の赤のアンダーラインのあたり。視力がよくないと

小さすぎて見つけられないですな

たまたま定休日に通りかかる人もいることを

想像しないといけません。

でも観光客なら曜日を変えて二度目はないから、これでいいのかも…。

もちろん「基本ができていない」などとは

夢にも思わないからこういう店が多いのでしょう@函館。

こういった「わかる人にしかわからない」が

函館商売のキモとしか、自分には思えません。

マジで「函館飲食店ショーバイ不思議シリーズ」という

カテができそうで怖い。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり | トップページ | 細かいことは気にならない、は個人レベルの話でしょ? »

ドコイク?函館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局、お客の立場に立たないということで結論かな?:

« 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり | トップページ | 細かいことは気にならない、は個人レベルの話でしょ? »