無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« はこだてチャウダー、何をいまさらで申し訳ありません… | トップページ | 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり »

2017年8月25日 (金)

奉行所の500円、タワーの900円

ここで出しておかないと忘れてしまいそうなので。

愛のない函館ネタ、リベンジ?バージョン。

170726goryokaku1

以前このブログで、箱館奉行所が復元されたのは

いいけど、自分も箱館奉行の名前、ろくに知らないよなあ…反省

とか書いたら、コメントいただいたんですよね、通りすがりの方から。

五稜郭築造を進言したそもそもの人物は誰だったのか。

その当時、どんな立場で誰に進言したんだ?という話。

170725bugyo_13

前回入場料500円也を払って、そこらの経緯がさっぱり

わかるようになっていなかった気がして、再訪。

そもそも焦点は五稜郭が港からの官軍の砲撃に戦意喪失して

籠城すら不可能な役立たずだったことです。

あくまで結果論ですけどね。

誰が大枚はたいて、こうした無用の長物を築造するに至ったのかと

そのザンネンな部分こそが五稜郭のキモでしょう。

170725bugyosho1

館内の係と思しきお姉さんに、ぜひ築造の経緯をお聞きしたかったのですが、

元町の旧奉行所が無防備で移転が必要だったこと、

設計者の武田斐三郎が1855年に入港した仏艦の将校から

北フランスのリール城塞の設計図を見せてもらって参考にしたことを説明すると

いつのまにかいなくなりました。こっちが詰め寄ったせいもあるんですが、

展示室から逃走。いやわからなかったら、詳しい人を連れて来ればいいんですよ、別に。

リール城塞っていつの時代の建造物??? 17世紀、ですよ?

なんでこんなもの作っちゃったの?

そう思うはずなんですが、思わない。

正解はひとつじゃないにせよ、そこが歴史の面白い部分でしょうに。

そういや、ある観光番組で出演のタレントさんが関係者(奉行所の館長?)に

「なぜこんなものを造ったの?」と質問したら、

「一流国として日本の威厳を見せたかったのでは?」と答えていましたね。

ほかにも「北方警備のため」などという説明も聞きますが、

北方警備のために置かれたのは箱館奉行という役所組織であって、

五稜郭はその奉行所を守る土塁。

平面的な五稜郭が直接北方警備の役に立つわけないでしょう。

そもそも当初は、幕府は資金難で五稜郭築造に20年かけると言っていたわけですからねえ。

170726bugyousho_bourou

突貫工事で造ったらこのありさま。中の立派な奉行所も使用したのは4年?

明治維新後はそんなもん要るか、で

完成から7年足らずで解体。いやあ幕末の大いなる無駄遣い。

ただし、このときの大いなる無駄が見事に観光資産としてよみがえったわけですから、

そこんとこが函館の真骨頂ですけどね。

それを言えば函館山だって50年の長きにわたって、軍の要塞でしたが、

展望台に作り直したおかげで世界を代表する三大夜景になりました。

一般人立ち入り禁止だったおかげでかなり自然が残されていたり、

廃墟好きに注目を浴びたり、副次的な効果もあるわけで、

負の遺産を逆手に取るのは昔から函館の得意技なんじゃないかと。

昭和九年の大火もそうです。

転んでもタダで起きない。そのうち倍返し、みたいなバイタリティ。

170725bugyosho

おっと話を奉行所に戻して、

「こんな広い家に住んでみたい」とか「函館の函って、昔は箱だったんだ」とか

観光客に思わせて500円取るのは、ちょっと悲しい気がしています。

入場料500円の奉行所と、900円の五稜郭タワーだったら、断然後者のほうが価値が

あります。展望だけでなく展示物込でね。

確かにその通り!と函館市民の皆々に賛同されないところにまた

愛のない函館があるんですけどね。

観光客じゃないからタワー行かない、900円もったいない、

って言いますもん(笑)

いやあそれにしても、五稜郭タワーに負けない観光ガイド、を奉行所にもちゃんと

置いたほうがいいと思います。あまりに勉強不足。

問題はそこが以前と比べて「修正されていない」ところ。

この「はこだて人」の修正力のなさを

ここでは「愛の不足」と例えている、わけです。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« はこだてチャウダー、何をいまさらで申し訳ありません… | トップページ | 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 奉行所の500円、タワーの900円:

« はこだてチャウダー、何をいまさらで申し訳ありません… | トップページ | 夏野菜の冷やしラーメン→とろろたっぷり »