無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ささやかな偶然を積み重ねて… | トップページ | 新鮮な食材イコール美食…ではありません »

2017年3月 1日 (水)

写真と自然は思うようにならないところが面白い…

ごく当たり前のことなんですが…写真バナシをもう一回。

自然の中に季節の移ろいを感じる…

なんていうといかにもな感じがしますが、

季節や気候が醸し出す、光の色や音を楽しむ。

この前提のもとで

鳥撮り、つまり【写真】×【野鳥】という

組み合わせには果てしない偶然の織りなす

パターンが隠れています。

別に×のあとが【野鳥】じゃなくてもかまわないわけですが、

【花】でも【虫】でも【雲】でも【海】でも【山】でも。

自分の中では「通年」ということと、

相手が生き物だと意図通りにならないこと

を掛け合わせて、ほぼ楽しみたいときに楽しめる

素敵な視点だと思っています。

とはいえいちばん強調したいのは「偶然を読む」楽しさですね。

160121kogamo2c4

↑コガモたちがきれい並んでこちらへ向かってきます

ウソにしてもカワセミにしても、この時期はこの時間帯では

こうなんじゃないかという読みが当たるのも楽しいということです。

完全なる偶然ではありません。

ありふれた種類の鳥でも意外な表情を見せたり。

170207isohiyo2

↑イソヒヨドリ…撮っているのに気づかれました

160405kinkuronokoei

↑キンクロハジロ♀…寝ているところでカメラを向けるとやはり嫌がります。じっと見ています。

160908kawaaisa_sep1

↑夏を越したカワアイサ(エクリプス)は開き直りの表情

170216yamachanup

↑見晴公園でヤマガラのどアップ。こっちは7割がた心を許していますかね。

160624ezolisback

↑同じく見晴公園にて。エゾリスの無警戒も珍しい。誰かの餌に夢中の図

まあ、向こうにしてみればカメラを向けられて

「なんじゃあ、コイツ」と思っているかもしれません。

さて、鳥撮りばかり続いても飽きますから、

次回からはまた違う話。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« ささやかな偶然を積み重ねて… | トップページ | 新鮮な食材イコール美食…ではありません »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真と自然は思うようにならないところが面白い…:

« ささやかな偶然を積み重ねて… | トップページ | 新鮮な食材イコール美食…ではありません »