無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 北海道新幹線開業一周年キャンペーンBY JR… | トップページ | まったくもってウソみたいな食欲@函館公園 »

2017年2月25日 (土)

突然の伐採にジョウビタキ君、困惑…

四題め。

これは感情的に揺さぶられた「事件」でした。

自分自身に実害が及ばない、といえばそうなんですが。

どうも納得がいかない。

去年よりは回数は減りましたが、朝、散歩がてらの鳥見は

けっこう楽しいものです。

ただ、先週の中頃から、いつも巡回している近所の川の流域で

年間を通じて、さまざまな野鳥たちの憩いの場だった、

両岸の低い林がいきなりほとんど伐採されたんですね。

保水のためなのか、景観のためなのか。

170216felling

↑ここだけでも残せばいいのに。

工事関係者いわく

「市に頼まれたから切っている」

ただそれだけ。

別にそれで何かが絶滅するわけではないわけですし、

確かに鳥獣保護区でもありませんから、切るのは

人間の都合で自由かもしれません。

でも、夏に渡ってくる鳥たちの安全な繁殖環境も

突然なくなってしまったのは間違いありません。

いまはスカスカになってしまった雪の原っぱで

冬鳥のジョウビタキ♂が一羽がうろちょろしています。

170208joubitaki0

170208joubitaki

見通しがよくなることは人間からまる見えという側面も

あるでしょうが、ほかの天敵からもまる見えということになります。

野鳥はそういう居心地の悪さには敏感ですから。

きっとことしは出会いが少なくなることでしょう。

ジョウビタキは割と度胸のあるタイプなので、

そこまでびくびくすることなく、暖かくなったら

どこか北のほうへ飛んでいくでしょうけどね…。

161110jobitaki1

↑♂はグレーと黒とオレンジで鮮やか配色。気分が乗ってくると

人間を気にしないようですが、函館ではここまでは寄ってきませんね。

こんな近くに野鳥のたまり場があることが

函館の自然の素晴らしさだと思っていただけに

この四題め、

今月最大のショックなできごとだったかもしれません。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 北海道新幹線開業一周年キャンペーンBY JR… | トップページ | まったくもってウソみたいな食欲@函館公園 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 突然の伐採にジョウビタキ君、困惑…:

« 北海道新幹線開業一周年キャンペーンBY JR… | トップページ | まったくもってウソみたいな食欲@函館公園 »