無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・箱館奉行所と五稜郭(2) | トップページ | 函館あれから10年この先10年…【ホテルの消長】 »

2017年1月29日 (日)

時の流れに身をまかせ過ぎぬように…。

函館の「あれから十年、この先十年」を

ちゃんと書けるようにいろいろな方面を調べていたら、

いろんなところでひっかかって脱線しました。

まあ知らないことは多いもんです。

とにかく函館は冬に海外からの観光客が増えました、

そのせいで年間の数字としては過去最高の入込数に近づいています。

でも、めでたしパチパチ…には抵抗があります。

函館市民、観光にはあんま詳しくない。

函館に限ったことではないかもしれませんね。

関心ない。近くても自分では行かない。

なんで?

そういうことです。

でもほんとうに近く、徒歩圏に住んでいれば

行かないことはないです。

観光とは思いませんが、ふだん観光客が集まる場所も

日々日常の街並みですからね。

さすがに徒歩圏には住んでいないので、

あえては行かない。ということだと思います。

函館市のエリアは広いのです。

ブログ主は長い間東京に住んでいたせいで、

かつての函館は知っていても、ごく最近の函館には

さほどくわしくなかったので、

一昨年あたりから市街を時間をかけてあちこち歩き回りました。

もちろんすべてのエリアはカバーしているわけではありません。

たまたま手元に2006年版の函館旅行ガイドが

あったので、読んでいたら、

こんな函館でもほんと約10年の間に

いろいろな新しいスポットができたりしています。

もちろん消えた建物もそれ以上にあるんでしょう。

箱館奉行所もそのガイドにはありませんでした。

新しい五稜郭タワーも完成してはいませんでした。

中空土偶はまだ国宝に指定される前でした。

「はこだて検定」がスタートしたのも2006年ですから

そのころでした。

なにごともあまり急激な変化には抵抗がありますが、

ここ10年余りで函館にどんな時が

流れたか可能な限りで少し振り返ってみたいと

思ってこのあと何本か書こうと思ってます。

お付き合いいただければ幸いです。

↓2003年のお正月に帰郷した際に偶然撮った函館山からの冬の函館の街。

030103hakodateyama

今とどこが違うか、すぐわかりますか?

そしてとのときの函館港。

030103hakodateport

つい最近まで知りませんでした。函館どつくのあの大きな

ゴライアスクレーンは2009年に老朽化で解体されたのだそうです。

↓2016年5月の函館どつく。

160510hakodock

このとき、あれ?クレーンはないの?と即座に思いませんでした。

言われて初めてそうなんだ、と思いました。

気づかないものです。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・箱館奉行所と五稜郭(2) | トップページ | 函館あれから10年この先10年…【ホテルの消長】 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 時の流れに身をまかせ過ぎぬように…。:

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・箱館奉行所と五稜郭(2) | トップページ | 函館あれから10年この先10年…【ホテルの消長】 »