無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 函館あれから10年この先10年…市電編(2) | トップページ | 函館の…来るもの拒まず精神とホスピタリティ »

2017年1月16日 (月)

ナニをいまさらの「函館」のルーツ

決してノスタルジーに満ちた話を中心に

展開しようと思っているのではありませんが、

いっときちょっと話題が傾きます。

個人的なことはどうでもいいと思いますが、

ある程度立場を明確にしておかないと、

違う視点から見たら、まったく違うものが見えますからね。

自分のバアイ、

両親は函館生まれ。

父方の祖父は新潟出身。父方の祖母は函館生まれ。

母方の祖父は福井出身。母方の祖母は函館生まれでも

その父は福井の人間だそうです。

いまの函館市民で四代続けて函館生まれ、の人の比率は

どれぐらいいるのでしょうか?

まあ、調べてもどこにもそんなデータはないでしょうね。

日米和親条約で函館の開港が決まったのは1854年、安政元年ですが

実際の開港の起源は1859年、安政六年ということになっています。

2017年でその開港から157年。

日本全体から見ると歴史の浅い街です。でも北海道の中で見ると

もっとも歴史ある街ということになります。

1920年、大正九年の第一回国勢調査では人口14万5千人。

札幌や仙台を上回り、全国第9位の人口を誇る大都市でした。

ここで明治~大正~昭和の函館の経済の活況について

語るつもりはありません。

早い話が「人が集まる街」だったわけです。

いろんなルーツを持つ人々が集まる街。

1934年、昭和九年の未曾有の大火の被災を乗り越え、

敗戦から立ち直り、北洋漁業が栄華を極めた時代もありました。

161215hokuyo

(↑北洋資料館)

ちょうど昭和が平成にかわる頃、その北洋漁業の終焉と

ともに青函連絡船の時代も終わり、平成時代に突入したというわけです。

150929mashumemorial

1922年、大正十一年、函館に市制がひかれた当時の市域は

現在の2.8%!

言い換えれば現在の市の面積は当時の約35倍!

1939年、昭和14年、函館は隣接する「湯川村」(合併直前に町制)と合併して

最初の11.5倍の広さになりました。昭和九年の大火のとき、

湯の川温泉は函館じゃなかったんですね。

151007kusatsu8

その後、銭亀沢村、亀田市と合併。

2004年、平成16年、戸井町、恵山町、椴法華村、南茅部町

大型合併、現在の市域になったわけです。

(2004年はあれから10年と言えば言えなくもありません)

とても残念な気もしますが、それが自分の現状の答えです。

何の答えかって? 例の件です。

旧市街にこだわる人の気持ちもわかります。

150929hiyorikan

↑元町のかつての本籍地付近、景観保存建築?

自分のかつての本籍地はバリバリ旧市街ですが、

生まれ育った場所は、隣接地域でしたから。

この行政区分上の函館市と、基幹産業?としてみた観光を

考えたときの「函館」のギャップはそこにあります。

ま、今回の掘り下げはここまでです。

半年ちょっと前から函館駅の構内にこんなボードが掲示されています。

170115art2

去年の市内の小学校卒業生1967名がハガキ4分の1ほどのサイズの紙に

新幹線開業で函館を訪れる観光客にメッセージを寄せています。

170115art3

どんなに近寄っても全員のものを読むことはできませんが、

そんな大人のギャップなんて埋めようと思えば、

埋められるのでは?そう思うのです。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 函館あれから10年この先10年…市電編(2) | トップページ | 函館の…来るもの拒まず精神とホスピタリティ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ナニをいまさらの「函館」のルーツ:

« 函館あれから10年この先10年…市電編(2) | トップページ | 函館の…来るもの拒まず精神とホスピタリティ »