無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【宿の朝食考察2016】クチコミ時代・ドーミーイン系が独走? | トップページ | 【宿の朝食考察2016最終回】無料朝食はやはりビジネスニーズ… »

2017年1月 3日 (火)

【宿の朝食考察2016】観光客目線なら地元とは違うでしょ?

当初の予定をちょっと変更して、

宿の朝食、続きをもう少し書かせてください。

ただドーミーイン絶賛ということではないんですけどね。

ドーミーインも場所による。

大手チェーンとしての社員研修が充実していても、

現場はそれぞれ、お客さんそれぞれですしね。

16年夏、ブログでも書いた、旭川駅最終(特急)乗り遅れ事件

このときの旅で旭川・稚内とドーミーインに2回泊まりました。

旭川では急きょ空室を確認した最初のホテルの対応が残念で

ドーミーインには親切な対応をしてもらいました。

ツインをシングルで手配してもらったうえに、チェックアウトで

部屋にタブレットを忘れて、函館への帰路で途中下車して

受け取りました。

いっぽう稚内では夜間にATMが空いてなくて、大ピンチ。

カードの使える飲食店を訪ねたところ、もらった地図の指示通りに

ホテルの2、3軒先にあった居酒屋に入ったところ

「カード不可」と断られ、なんだ、この地図、とがっかりしました。

「稚内、夜7時以降、朝までATM無理です。ATMのあるコンビニありません」

に打ちひしがれた夜でした。これ、ドーミーインのせいでは

ありませんけど、旭川、稚内で印象が好対照でしたね。

2日の午前中、箱根駅伝を見ていて思い出しました。

共立メンテナンス、この視聴率ドル箱番組のスポンサーでした。

さあ、ことしも1年稼ぐぞ、てなもんでしょうか。

とにかくここの会社のサイトを見ていただければ、いかにこの10年で

怒涛の展開をしているかわかります。

函館は五稜郭登場が2006年、ラビスタ開業2008年。

自分の初ドーミーインはけっこう最近で、15年の松江です。

前回記事に書いたように、基本

それまでリッチモンドかダイワロイネットのある都市に宿泊するを

モットーに旅をしていました。

15年もいろいろな場所に行きましたが「温泉」のある場所には

4か所行っただけで都市のホテルばかり泊まってましたね。

しかし松江にはリッチモンドもダイワロイネットもなく、

しかたなくドーミーインでした。安かったですけどね。

2泊して朝食がこれ。

150902matsue_dormy

150903matue_dormy

格別印象に残ったわけではありませんが、

しじみ汁、出雲そば、天ぷら…一生懸命松江らしい取り合わせを

工夫していたのだと思います。

そういえばこの年、リッチモンド高知でカツオの漬け丼、

ダイワロイネット広島で穴子飯という選択肢があり、都市ホテルも

懸命に朝食でご当地感を出そうとしていることがわかります。

150904aago_droy

とはいえ、この15年は下関で温泉付きのドーミーインの評判が

高かったのですが選びませんでしたね。滞在時間が短いことが

わかっていたせいで、さらに格安のビジネスホテルに泊まりました。

ですから15年はリッチモンド、ダイワロイネットのない街か

もしくは人気都市でこの両者の価格が折り合わない場合のみ、

ドーミーインもひとつの選択肢、ぐらいでした。

それが16年は小樽(カプセルプラン)→旭川→稚内と立て続けに

宿泊し、最後に鳥取の境港。

160714otarudmyin

↑小樽のドーミーイン

つまりこの1年ちょっとで自分もぐいっと心をつかまれた、

とそういうことです。

話は変わりますが、夏に朝イカの移動販売をしていた

函館の川村鮮魚のおばちゃんに、

「ホテルにも朝イカ卸しているよ」と聞きました。

川村鮮魚は店舗が湯の川温泉の地元です。

160803kawamuraf1

たぶんそのホテルとしては「朝イカ朝食当たり前」と思っていて

評判として浮上してこないように思いました。

テレビで見る限り、ラビスタ函館ベイの海鮮丼乗せ放題の

イカ刺しはひとり分が取りやすいように

塊りになっていて、お箸で数切れをすっとつかめることに?

となっています。

もちろん境港の野乃の漁師丼も同様です。

イカの切り方にもよるとは思いますが、

「函館の朝イカ」を知らない人にはこれ、まったく何のことか

わからないかもしれませんが。

このまま不漁の年が続くと、そういった朝イカの食文化も

衰退してしまうことでしょう。残念ですね。

イカ刺し…ほんとうにイキがいいと真っ白&透明じゃあ

ないですよ。少し色がついています。

そういう意味ではホテルのご当地朝食には…頑張ってるね、

という折り合いポイントがあるわけで、

あえてそこではホンモノを

追及しないのが幸せかもしれません。

知らないほうが幸せということもあるでしょう。

あくまでもビジネスの要素として成立しているということです。

150929ikasashi_cham

↑どんぶり横丁市場「茶夢」のイカ刺し定食

160219ichibatei_ika1

↑自由市場「市場亭」のイカ刺し定食

ちなみに去年の旅で朝食のイカ刺しに関しては、

阿寒、竜飛、奥尻で食しましたが、函館のイカを

知ってる不幸を感じました(笑)

いちばん自分のベストなイメージに近いのは

「茶夢」なんで。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【宿の朝食考察2016】クチコミ時代・ドーミーイン系が独走? | トップページ | 【宿の朝食考察2016最終回】無料朝食はやはりビジネスニーズ… »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【宿の朝食考察2016】観光客目線なら地元とは違うでしょ?:

« 【宿の朝食考察2016】クチコミ時代・ドーミーイン系が独走? | トップページ | 【宿の朝食考察2016最終回】無料朝食はやはりビジネスニーズ… »