無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・海産物編(1) | トップページ | 結局まだまだ知らない函館のハナシ・温泉編(1) »

2017年1月20日 (金)

結局まだまだ知らない函館のハナシ・海産物編(2)

自分が知って、あらためて「そうなのか!」と思った函館のコトを

書いています。

さて、統計分析が好きなので、海産物編その2を

いっちゃいます。

160219jiyuichiba2

渡島管内の海産物売上高トップ10で

ホタテ、コンブ、マイカにつづくのは、

サケ、ブリ、ウニ、スケトウダラ、ミズダコ、

ナマコ、ヤリイカ。

ホタテ、コンブ、マイカ、サケは

漁獲高減少で単価上昇。

ブリ、ウニ、スケトウダラ、ミズダコ、ナマコは

漁獲高増加で単価がややダウン。

なかなか不安定なものです。

みんなが食べたい!と思う魚種が不漁で値上がり。

そこまでニーズがない魚種がよく獲れて

値下がり。

キロ当たりの単価はウニ、ナマコ、コンブ、

ヤリイカ、ミズダコ、サケ、マイカ、ホタテ、

ブリ、スケトウダラの順。

前年比でマイカはキロあたりの単価が159%と

値上がりしたもののそれでもキロ600円と

いったところなんですね。

ちなみにウニはキロ単価で8000円、

さすがに高価です。

やっぱりここで思うのは

朝市の店頭や、海鮮丼の主役となっている具材は

必ずしも地元産ではないことがよくわかりますね。

せいぜいウニとサケ→イクラ、ホタテぐらい。

個人的に抵抗があるのはこのへんです。

それとサケと言わずサーモンとしている海鮮丼・寿司が

多いのも同じ北海道でも

道南と道東では違うのかな、と思います。

160219nakajimarenbai


安価でよく獲れる食材をアピールするより、

高級感が漂っていたほうが、観光的に成功しますよね。

そこが難しいところじゃないでしょうか。

とりあえずはここまでが統計(2016年の速報)から

見た基本的かつ表面的な事柄です。

道南の地域性をもっと掘り下げて、流通と地元の

消費動向、そして観光的価値を関連づけようとすると

ちょっと難しいので別の機会にします。

まあ、漁業(農業)従事者にとって人気がない、

売れないのでは、どんな新鮮な食材でも

供給する意味がないわけですから。

あと年齢層と食文化の問題も無視できません。

まずは日本人、魚食べないなあ、ってこともあるでしょうね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・海産物編(1) | トップページ | 結局まだまだ知らない函館のハナシ・温泉編(1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 結局まだまだ知らない函館のハナシ・海産物編(2):

« 結局まだまだ知らない函館のハナシ・海産物編(1) | トップページ | 結局まだまだ知らない函館のハナシ・温泉編(1) »