無料ブログはココログ

« 【全国タワー訪問記】その6・横浜マリンタワー | トップページ | 【全国タワー訪問記】その8・福岡タワー »

2016年11月25日 (金)

【全国タワー訪問記】その7・千葉ポートタワー

訪問した順序にこだわることはないと思うので、

それぞれのタワーの共通点を探しながら進めます。

高いところから見下ろした景色、函館山から見た函館の市街地、

五稜郭タワーから見下ろした五稜郭…。

それがどんな街でもある程度の?絶景であるとはいえます。

まあ山登りもいっしょで苦労してたどり着いた眺めは価値がある気がしますが、

入場料を払って、高速エレベーターで1分足らずでたどり着いた展望台は

ついつい「期待したほどの眺めじゃないな」と思ってしまうこともしばしばです。

それが城下町でお城があって、いつも見上げている天守閣に登って

お殿様の気分で街を見下ろすのとは

どうも観光的価値も違う気がするんですね。

高いところから見下ろす、だけがいっしょで。

160304chibapt4

160304chibapt1

その7は千葉ポートタワー。

知ってました?

1986年に千葉県の人口が500万人を突破したのをきっかけに建設・開館しました。

30年経っているわりにはハーフミラーで覆われた現代的なフォルムのタワーです。

最高部は137mで、展望台の高さは113m。入館料は420円。

東京湾を東から西へと見渡すことができます。

実は千葉港は2013年の国土交通省データによれば、横浜港を押さえて貨物取扱高全国2位。

(1位は名古屋港、函館港は北海道2位の全国24位)

そんなデカイ港を見下ろしているマイナーな?タワーなわけです。

160304chibap_wnw

160304chibap_north

160304keiyouline

160304chibap_east

160304chibap_se

↑写真上から北北西、北東、京葉線(東北東)、南東、南…

さて、全国タワー訪問、天気が良くて午前中からという場合を除けば、

中途半端な時間に行ってもいけないことをこのとき自覚しましたね。

午後3時頃から夕陽の時間にかけていくとこんな写真が撮れました。

160304chibap_sunset1

さすがにこの日は富士山までは見えませんでしたが、条件が揃うときれいなのだそうです。

最後にこのタワーのある千葉ポートパークは埋め立て地で人工海浜なのですが、

3月だったのでたくさんの水鳥の群れがいて面白かったです。

160304onaga_rv1

↑オナガガモの逆光のシルエット

日が暮れるにしたがって、スズガモの群れが浅瀬に大集合。

先頭を切って近づいてくるのはみんな♀でした。

160304suzgamo04v

160304suzgamo11

不思議。人口の自然を渡り鳥が評価してくれることもあるんですね。

というか、昔々の干潟を破壊したのは人間ですからそれ償わないと。

千葉観光名所82か所中11位。

渡り鳥の+αがないと自分も夕陽だけでは「まあまあ」評価だと思います。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【全国タワー訪問記】その6・横浜マリンタワー | トップページ | 【全国タワー訪問記】その8・福岡タワー »

眺め、良し!」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【全国タワー訪問記】その7・千葉ポートタワー:

« 【全国タワー訪問記】その6・横浜マリンタワー | トップページ | 【全国タワー訪問記】その8・福岡タワー »