無料ブログはココログ

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年11月29日 (火)

【全国タワー訪問記】その10・東山スカイタワー

その10は東山スカイタワー。愛知県名古屋市です。

あれ?名古屋テレビ塔が20タワーにカウントされているのに

名古屋2つめ。実は愛知県では3つの展望塔が20タワーにカウント

されているんですね。何でですかね。

東山スカイタワー。名古屋市の東部、東山動物園のある

東山公園にあります。

160323skytower

1989年に名古屋市制100年を記念して建てられたとのこと。

高さは134mですが標高80mの丘の上にあるため、

実際の高さは214m。展望台は地上100mの位置に設計されているので、

実際の高さは180m。

とはいうものの西側が開けていますから、高さ何mとかさほど

影響がないように思いました。名古屋人こだわりすぎ?

入場料は300円。

はい、360度見渡せて

西側は名古屋駅方向ですがテレビ塔は先っぽがようやく見える程度。

テレビ塔からスカイタワーは見えません。なぜならテレビ塔の展望階は

NTTビルの陰になるんですな。

160323fromskytower

もちろん名古屋城も見えません。NTTビルのほうが高いですねえ。

うーん、わざわざ登ってみるほどのことがあるか、

ということですね。

まあまあそういわずひと通り眺めてみますか。

160323hst_east

中央右の塔は瀬戸デジタルタワーだそうです。

160323hst_zoo

眼下の東山動物園。

160323hst_dome

中央右がナゴヤドーム

160323hst_west

いやあ、名古屋駅方面は高いビルがぎっしり。

ちょうど夕陽が名古屋駅の方向に沈むので

夕暮れのデートにはよいかも?

160323higashiyamasunset2

って、多くのタワーは

「カップルで登って夕陽を見よう」キャンペーンをしているので、

それも珍しくないかなあ。

というわけでトリップアドバイザーによれば、

名古屋市280か所の観光スポット中30位。

クチコミ数は70で、近所の人に人気、レベルですね。

繰り返しですが、大都市は高層ビルが林立して

見えるものも見えない状態ですね。

高いビルも全然珍しくないから観光にならない、

ちゅうことですか。

160323skytower3


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月28日 (月)

【全国タワー訪問記】その9・神戸ポートタワー

さて横浜、千葉、博多と大きな港を巡ってきました。

港湾を見下ろすタワーのパターン。

その9の今回は神戸です。

神戸ポートタワー。国の登録有形文化財です。

161110kobe_ptower

摩耶山からの夜景という意味でも、開港地という意味でも、

函館とはライバル?関係の神戸ですが、

どうも近年、観光地としては低調のようです。

人口も若干ですが減少傾向です。

タワーはハーバーランドの一角にあり、

神戸ポートタワーの真下が中央突堤。

161110kpt_tottei

完成は1963年で高さ108mです。

入場料は700円。

161110kpt_pisland

161110kpt_mozaic

161110kpt_mayasan

ただトリップアドバイザーの順位は11位。

観光地として低調なのに順位も低いのです。

なぜでしょうか。

161110kpt_inside

ポートタワーよりも神戸市役所の24F展望室(132m)のほうが

クチコミ人気が高い。

何としたことでしょう。

無料だから?

もしかしたら、ポートタワーよりも高くて

ポートタワーを含めてもっと神戸港の全体が

見えてしまうのかと思い、訪問時間を詰めて

実際に行ってみました。

161110kobe_cityhall

がっかりでした。

ポートタワーはホテルオークラ神戸(35階建・135m)の陰に隠れて

存在を消されていました。↓市役所24F展望ロビーより。

161110kch_01

161110kch_02

ポートタワーから市役所が見えなかったのも

うなずけます。

まるで、博多の福岡タワーと博多ポートタワーのようです。

神戸では無料なのは高いほうの市役所なのですが。

個人の感想ですが眺めはポートタワーのほうがいい。

ポートタワーから見えて、市役所の展望室から見えないものの

ほうが多いですから。

ちなみに神戸市内は高層ビル林立。ホテルオークラ神戸よりも

高いビルがもう7つも8つもあるわけです。

これじゃあ、ポートタワーに人気が集まらないのもうなずけます。

昭和期に大都市に建設された展望タワーの悲哀を感じます。

161110kpt_withokura

↑右側のホテルオークラ神戸のほうが高いビルです。

090418kobeko

↑これは7年前に撮ったハーバーランドの夜景です


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月26日 (土)

【全国タワー訪問記】その8・福岡タワー

ということで港湾タワーシリーズで。

福岡タワー。

160215ftower_ol

先代?の博多ポートタワーは博多港の中心地区にあるのですが、

低いし(高さ100m、展望台70m)、入場は無料だし、

窓には金網が張ってあって写真は撮りづらいし、

すでに引退?状態で、現役はこっちです。

千葉のポートタワーよりももっと鋭利なフォルムで、

大濠公園からも目立ちますね。

160215ftower_fromohorip

↑左のとんがったヤツが福岡タワー。右側のヒルトンもなかなか大きい

1989年のアジア太平洋博覧会にあわせて建設された。

高さ234mで、展望台は123mにある。

入場料は800円。

博多港は貨物取扱高は北九州港に大きく後れをとって

全国26位(2013年国土交通省データ)ですが、

大型クルーズ船寄港数では他を圧倒してダントツの日本1位。

函館港の10倍近い回数を誇ります。

そういえば横浜港の観光インフォメーションで

スタッフがこぼしていました。有名な大桟橋にさっぱり船が来なくなったと。

2015年データでは博多港は海外の商船会社は245回の寄港に対して、

横浜はわずかに37回でした。横浜港な国内の商船会社はたくさん寄港するのですが、

博多港の海外大型クルーズ船誘致の熱は半端ない感じですね。

160215ftower_nne_uminonakamichi

160215ftower_nokonoshima

160215ftower_muromirv_sw

160215ftower_south

160215ftower_east

↑いちばん下が東側。ヒルトンの影にヤフオクドームとポートタワー


さて福岡タワーからの眺め…イマイチかなあ。

展望台からポートタワーにご苦労さんを言いたかったのですが、

間にヒルトンホテルがどーんと経っていて、ヤフオクドームも見えません。

海の中道から玄界灘方面は開けていますが、

ポートタワーのように那賀川から中洲ににかけての賑わいも見えないので、

ちょっと残念でした。

160215fhptower

↑ポートタワーからは福岡タワーは先っぽしか見えないのです。

けっこうナントカ博覧会にあわせてタワーを建てるパターン、よくある

ようですが、なかなか場所は難しいようです。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月25日 (金)

【全国タワー訪問記】その7・千葉ポートタワー

訪問した順序にこだわることはないと思うので、

それぞれのタワーの共通点を探しながら進めます。

高いところから見下ろした景色、函館山から見た函館の市街地、

五稜郭タワーから見下ろした五稜郭…。

それがどんな街でもある程度の?絶景であるとはいえます。

まあ山登りもいっしょで苦労してたどり着いた眺めは価値がある気がしますが、

入場料を払って、高速エレベーターで1分足らずでたどり着いた展望台は

ついつい「期待したほどの眺めじゃないな」と思ってしまうこともしばしばです。

それが城下町でお城があって、いつも見上げている天守閣に登って

お殿様の気分で街を見下ろすのとは

どうも観光的価値も違う気がするんですね。

高いところから見下ろす、だけがいっしょで。

160304chibapt4

160304chibapt1

その7は千葉ポートタワー。

知ってました?

1986年に千葉県の人口が500万人を突破したのをきっかけに建設・開館しました。

30年経っているわりにはハーフミラーで覆われた現代的なフォルムのタワーです。

最高部は137mで、展望台の高さは113m。入館料は420円。

東京湾を東から西へと見渡すことができます。

実は千葉港は2013年の国土交通省データによれば、横浜港を押さえて貨物取扱高全国2位。

(1位は名古屋港、函館港は北海道2位の全国24位)

そんなデカイ港を見下ろしているマイナーな?タワーなわけです。

160304chibap_wnw

160304chibap_north

160304keiyouline

160304chibap_east

160304chibap_se

↑写真上から北北西、北東、京葉線(東北東)、南東、南…

さて、全国タワー訪問、天気が良くて午前中からという場合を除けば、

中途半端な時間に行ってもいけないことをこのとき自覚しましたね。

午後3時頃から夕陽の時間にかけていくとこんな写真が撮れました。

160304chibap_sunset1

さすがにこの日は富士山までは見えませんでしたが、条件が揃うときれいなのだそうです。

最後にこのタワーのある千葉ポートパークは埋め立て地で人工海浜なのですが、

3月だったのでたくさんの水鳥の群れがいて面白かったです。

160304onaga_rv1

↑オナガガモの逆光のシルエット

日が暮れるにしたがって、スズガモの群れが浅瀬に大集合。

先頭を切って近づいてくるのはみんな♀でした。

160304suzgamo04v

160304suzgamo11

不思議。人口の自然を渡り鳥が評価してくれることもあるんですね。

というか、昔々の干潟を破壊したのは人間ですからそれ償わないと。

千葉観光名所82か所中11位。

渡り鳥の+αがないと自分も夕陽だけでは「まあまあ」評価だと思います。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月23日 (水)

【全国タワー訪問記】その6・横浜マリンタワー

実は半年以上前に、この20タワーコンプリ記録を

ほんのさわりだけスタートさせています。

題して

【高いところはお好き?それとも高所恐怖症?】シリーズ。

内藤多仲博士が携わった6か所のタワーへの訪問記を書きました。

●別府タワー(16/4/8)

●通天閣(16/4/10)

●札幌テレビ塔(16/4/14)

●博多ポートタワー(16/4/17)

●名古屋テレビ塔(16/4/20)

●東京タワー(16/4/22)

この中で博多ポートタワーだけが、

20タワーにはカウントされていません。

福岡では博多ポートタワーの代わりに福岡タワーが20タワーに参加しているんですね。

それはいいとして、全国の20タワー…有名無名、まあさまざまです。

「観光地」にあるタワーは入場者が集まりますが、

なぜそこに?というケースもあるわけです。

まずは観光地もよく知られている横浜から。

横浜マリンタワーです。

いきなり「その6」としているのは20タワーのうち、

博多ポートタワーを除く5タワーは紹介済みだから、というわけです。

160204yokohamamtower_2

完成は1961年。2009年にリニューアルされました。

全体の高さは106m。入場料は750円。

横浜港がはるばる見渡せます。南から北へパン。

160204honmoku

160204ykbaybridge

160204hikawa_frmymtower

160204akarenga

オススメのアクセスは横浜駅東口から

水上バスで山下公園へ向かうコースでしょうか。

右手にみなとみらいが見えて、正面にベイブリッジが見え、

係留されている氷川丸に正面から向かっていくのはいいアングルです。

160204minatomirai

160204ykbaybridge_sb

160204hikawamaru2

ただし、冷静に考えると横浜港沿岸でもっとも高いのは

約300mのランドマークタワーで、早くも横浜をして、

タワーより高い展望台目白押しの予感がしてきます…。

トリップアドバイザーでの横浜観光スポット順位は22位。

どうも人気はいまいちのようです。

151218fuji_yokohama


■おまけの写真。関西方面から羽田着陸のときにうまく

撮れました。ウィズMt.Fuji…マリンタワーさっぱり目立ちませんね。

ランドマークタワーよく見えます。冬晴れの日。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月22日 (火)

【結果的に全国旅シリーズ】強引でも函館つながり…

さてと心配事を延々書いてもしゃあないということで、旅ネタへ。

ところで旅が嫌いな人っているんすかね。

時間がない。

お金もない。

どこ行っていいかわからない。

面倒くさい。

計画立てたくない。

近所でいい。

まあいるでしょうね。

最大の難関は時間とお金。

それはしょうがない。

函館にはいろんな人が観光にやってきます。

観光客にもいろいろです。

ツーリズム。

ツーリズムって何すかね。

ツーリズムと観光はどう違う???

そもそも観光は昔々、自分「も」そこへ行ってみたい。

有名な観光地を自分「も」見てみたい。

そんな気持ち。

自分の足で(交通手段を使って)そこへ行き、

自分の目でナマで見た…見たぞの達成感。追体験?

点ですかね。

ツーリズムは旅のテーマ、行程、現地での体験や

他の場所との比較…さまざまな要素を総合した

ものではないかと思います。

旅=非日常、だから思いっきり羽を伸ばす、

のんびりする、贅沢をする。

それも否定はしませんが、ショッピングモールだって、

高級レストランでも贅沢はできます。

それだって非日常。ストレス解消です。

いま自分の意識の中では、単なる旅行じゃなく、

単なる観光じゃなく「ツーリズム」という広い範囲の中に

観光都市函館を埋め込んでみたら、どうなるか。

けっこうイケているといいんですけどね。

090429matumtoj

150902matsuej9

2015年はコレを完結しました。

現存十二天守。2009年に松本城(写真上)から始めて2015年に

松江城(写真下)で完結。最初はお城なんて興味がなくて、

知人に「国宝松本城だぞ」と言われて「なるほど」と

返しただけでした。十二天守をコンプリした感想は

「現存だけじゃあないでしょう」

守備範囲が広がるんですね。そこが旅は面白い。

城マニアに進みたいわけじゃなくて、観光の核として

お城が地元に愛されている感が面白い。

まあ五稜郭も城ではあるんですが、どうなんでしょう。

160519goryoukaku1

天守閣がないと愛され度が違いますかね。

函館市民、年に1回タワーから五稜郭見下ろしませんもん。

そしてそのタワーから発想した2015~2016のテーマが

このたび完結。

全国20タワー制覇計画。

これがですね…オチを最初に書くわけにはいきませんね(笑)

さて五稜郭タワーの位置づけはいかに…。

次回からスタートです。

横浜マリンタワーからの横浜港を行ってみます。

160204yokohamamtower


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月19日 (土)

心配なキラリスに来春ようやく救世主?でもただ喜んでもいられません

どうやらキラリス函館、3Fの「みらい館」は閑古鳥でも、

4Fの「キッズプラザ」はそこそこ人気のようです。

ちょっとほっとしました。

冬になって外で遊べなくなりますからね、函館の子どもたち。

そんな一進一退?なキラリス函館に、救世主?な情報。

15日付の函館新聞一面を見て抜かれた!(笑)と思ったのですが、

よく読んだらそこは触れられていませんでした。

内容は…

「回転寿司の本州大手がゾクゾクと函館進出」

161115hamazushi2

すでに「はま寿司」が2店舗、「魚べい」も2店舗。

これに加えて「スシロー」が来春、美原に新店舗をオープンするという記事。

最近「すしまる」「すしえもん」を展開する会社が札幌の会社に

全株式を売却というニュースがあったばかりなので、

地元勢力の「函太郎」「まるかつ水産」を巻き込んだ、

回転寿司ウォーズ勃発か、的な記事でした。

160128kantarou_ugaura

160128kantarou_1st3

あのですね、自分がつかんだ情報によるとキラリス地下

「根室 花まる」が来春3月開店するらしいですよ。

これでようやくキラリスも駅前ビルらしくなるようで。

「根室 花まる」といえば、札幌の駅ビルで行列が途切れたことがない

人気店。札幌5店舗、東京2店舗。根室&中標津2店舗に続く

記念すべき?(回転寿司)10店舗めが函館です。

それにしてもトリップアドバイザーのレビュアーをやっている身としては、

先日「観光名所」で函館上位に食い込んだスポットのうち、

海鮮関係の評判がごっつ悪いわけです。

これを「評価に個人差がある」というのは簡単ですが、

かつて函館と言えば人口に対しての寿司屋さんの数が

出色の多さだったと思います。

でも、最近は「寿司みたいなもの」は食べても

ちゃんとした寿司、食べなくなってませんか?

ちゃんとした握りずしのニーズがどんどんなくなっているように思います。

自分も含めて。

「はま寿司」函館桔梗店を初体験したとき、確かに安くて戦略的だなあ、

お腹いっぱい食べられるなあと思いましたが、横で若い男子2名が

「ここのラーメンはまずいよなあ」という会話。

回転寿司食べに来てラーメンの味を非難?

つまりは回転寿司にファミレスを期待しているわけですかね、函館市民。

まあ函館に限らず、お腹いっぱいになればいい、味はそこそこでいいという

傾向は若者を中心に強くなっているように思いますが…。

新幹線でやってきた観光客が夜遅めに函館駅に降り立って

「あ!根室花まる 見っけ」

そんな図が今から目に浮かびます。

夜の7時8時にどんぶり横丁でうろうろしている観光客は意外と多い。

食事はどこでできますかね?

松風町界隈には海鮮系居酒屋があまたありますが、観光客は

もう一歩でも近場で済ませたい。

そこで「函館はそういう街じゃない」と言っても始まらないのです。

新鮮な素材というだけで客が喜んだ時代は終わっているのじゃないでしょうか。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月16日 (水)

だだスベリの予感がハズレてくれさえすればいい=駅前キラリス

そして導線は函館駅前キラリス(kiralis)にたどり着きます。

161115kiralis_out

いったいグランドオープンはいつなんでしょうか?

住居棟が出来上がってないから、オープンにならないのかもしれません。

10月中旬に3F・4Fがオープンしましたが、

依然として1階にトイレはないままです。

161115kiralis_notoilet

いやあその問題はもう解決していますがね。

3Fは「はこだてみらい館」

4Fは「はこだてキッズプラザ」

4Fのほうはすっかり親子の遊び場のようなので

お呼びじゃないと思い、

3Fのほうへ入場料600円払って入館してみました。

オトナだけでもOKというので。

コンセプトは「オドロクチカラ」

161102hmk1

161102hmk2

なかなか驚きました。

平日の夕方の空いている時間を狙って行った

ことは確かですが、

お客さんがだーれもいませんでした。

写真も撮りホーダイ。

メディアの取材かっての。

たまたまそうだったと思いたいです。

161102hmk_led3

まずはメディアウォール。

タテ2.4mヨコ14.4mの高精細LEDディスプレイ。

で、何が映るか。

Aパターン→前を通る人をカメラが撮っていて

タイムラグでその影を映し出す

Bパターン→正時になると時報表示

161102hmk_led4

Cパターン→函館ウエルカムアニメーション

161102hmk_led5

Dパターン→センサーのついた帽子をかぶって

画面の前を歩くとCGのイカが食べ物と思って群がってくる

なかなか驚きます。

ディスプレイのとなりにはイカロボット。

161102hmk_ikarobo

タブレットで15種類の指定した動きをします。

イカ踊りもできます。ほおっておくと止まらないのかと

ドキドキしました。(勝手に止まりました)

161102hmk_ikarobotbt

確かに驚きます。

函館リミックスの部屋では

自分の録音した3つの単語をサンプリングして

リズムに乗って再生してくれます。

161102hmk_rmx


「ぜひやって見てください」と係の人に勧められて

「シンカンセン」「ハコダテヤマ」「イサリビ」と極めてつまらないワードを

入れてしまい、この3ワードでラップが始まり、非常に恥ずかしかったです。

他にお客が誰もいないからいいのだけど(笑)

161102hmk_szroka

これは光の矢が走る床(廊下です)

写真はうまく撮れたようです。足元を光が走ってきれいです。

早い話がインタラクティブで、センサー技術を

駆使した仕掛けと、アナログなおもちゃが共存している

そんなスペース。

161115yama4

日々見晴公園のヤマちゃんその他の自然のチカラに驚いて

いる身としてはこういったギミックに驚くか

ということです。

ヤマちゃんたちは何かを基準にしてヒマワリの種を取捨しています。

ポイ、ポイっと。こらこら散らかすなヨ。でも別のヤマちゃんがそれを拾ったり…。

もしかして仲間に「拾わせるために」散らかしているのでしょうか。

はこだてみらい館。

百歩譲って日常生活にどう活かされるかという

話ならいざ知らず、

画像認識の技術はデジカメやスマホでも楽しめるし、

iPhoneでsiriに話しかければ、いろんなことを

教えてくれますからね。

そういう世の中です。

600円払ってリピートしますかね。

内覧会をやっていたとき、

案内の職員はこう言いました。

「函館市民の方にも観光客の方にもどちらにも楽しんでほしい」

なかなかいたたまれない時間でしたが、

勇気を出して入場してよかったと思ってます。

体験して別な感想をお持ちの方はぜひブログに書いてみてくださいね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月15日 (火)

こちらも初めて行きました、北海道昆布館

ブログ記事の導線…考えています。

閑古鳥鳴く五稜郭ガーデンの次は

住所は七飯町のここ、

北海道昆布館。

161104kbk1

入場無料です。

でも、誰が来るの?

来るんです。

定期的に台湾人観光客の団体を乗せたバスが

引きも切らず。駐車場を広くとっているのはそのため

ご推察の通り、ラッキーピエロ峠下総本店に行ったついでに寄りました。

展示は意外とと言っては失礼ですが、

真っ当。

161104kbk4

北海道の昆布が日本海側を経由して、京の都までたどりついた

歴史も語られているし、北海道の昆布にもいろいろ産地によって

違いがあるということもわかります。

161104kbk3

高田屋嘉兵衛もかんでいるし、

健康と美容にいいこともちゃんとうたっています。

161104kbk2

161104kbk5

そして広い売店スペース。

こっちがメインですね。試食もできるし

台湾人観光客は大喜びじゃないですか?

161104kbk_baiten

地元に受けなくてもこっちで攻める手があるんですね。

地元民は興味なし。

大いに結構。

そういうコンセプトですから。

ちなみに福井県の敦賀にも姉妹施設の「昆布館」があるようです。

行ってみて知るコトたくさんありますね。

また旅の「つながり」として、頭の片隅にインプットしておきます。

福井は今年行ったけど、ある目的だけのためだったので、

福井市も敦賀も寄りませんでした。

恐竜博物館の2回目も行きたいし、永平寺も行ってないので、

何年か後にぜひ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月14日 (月)

五稜郭ガーデンって何???どこにあんの?

愛のない街はこだて…まあ一朝一夕には変わりません。

最近たまにですが、函館新聞を読みます。

一面に興味のある記事があるときだけ、買ったりします。

あるときは、へえ…と思い、あるときは、そんなんが一面かあ、

ローカルだなあ、と思います。

いやローカル新聞なんだから地域に根差した情報を配信するのは

当たり前です。

基本的には頑張ってほしいなと思います。

大切なメディアです。

161104ggn1

ある日、一面に「五稜郭ガーデン」が乗っていました。

オープン1周年…。

残念ですが知りませんでした。

五稜郭ガーデンって何? どこにあるの?

去年の後半からことし前半は時間をかけて

西部地区、大門付近、本町近辺と

「使える」ランチのお店をくまなく探したつもりだったので、

見落とした???

と思って11月のアタマに早速行ってみました。

ガーン!(古っ)

161104ggn3

実情を知っている人は無知と笑ってください。

初回こうして覗いてみたのが午後2時すぎで

ランチタイムのピークを過ぎていたので、

もしかして…と

2回目も行きました。ちょうとお昼の10分前。

161114ggn6

あのですね、開店しているお店がないのに

賑わっているはずがない。

そもそもどんな層がターゲット?

決めないでオープンしちゃった?

1年経ってランチタイムの営業店がラーメン屋さん一軒では、

モチベーションだだ下がり。

そもそも五稜郭公園の電停から2、3分は決して悪い立地ではないけど、

表通りに面していないし、導線も引かれていない。

161114toggn1

→行啓通りから一本裏通りへ

161114toggn

→左側の電柱に「直進」とありますね。

161114toggn3

→ラーメン屋さんの幟が寂しげに…

何かの跡地の再利用なんでしょうね。

こういう新規オープンはスタートダッシュを決めても、

中押ししていかないと、失速するもの。

それが…。

最初はランチをやっていたけど、ランチは土日のみに縮小みたいな

お店もあります。

実は最近市電の中で宣伝しているんですよ「五稜郭ガーデン」。

耳で聞くだけでは判然としませんが、

内容が伴わないのに宣伝しても、実際に行ってみたときの

ショックは大きい。

やりたいならやってみれば?協力しないけど…

これが函館市民の基本的なスタンスなのか。

観光客なら来るでしょう。というニュアンスなのか。

意外と本町近辺は昼間人口が少なくて高齢化してるんですよね。

賑わいは五稜郭タワーのまわりだけ。

やっぱりフードコート的発想は、若い家族向け。

これからの寒い季節、テラスでわいわい食べたりはしないでしょう。

どうしてこうなっちゃうんでしょうかねえ。

ホント、函館新聞が取り上げなかったら、気づきもしませんでした。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月13日 (日)

新幹線乗継でことし初の西日本遠征…海の景色・街の景色

ブログを点で読む人が多いようです。

面で読めとは言いませんが、線で読むことは意識してほしいと

思ってます。

まあ、そんなこと考えて書いている人も少ないですが。

なぜ「旅ログ」と名付けたこのブログが「函館情報」というブログ村ジャンルに

参加しているか。

問題はそこです。

観光都市だから。

その観点がない人は「何言ってるかさっぱりわからん」となるのでしょう。

別にいいですよ、わからなくても。

先週、函館に雪が積もった日。

(函館に)いませんでした。

久々の西日本遠征。

2015年はかなり繰り返し西日本へ旅していましたが、

2016年は夏の北海道をテーマにしたせいもあって、

意外に西日本はことしはじめて、でした。

もちろん「テーマ」があって、鳥取・岡山・香川・兵庫・大阪・京都と

実質2日で6府県を巡ってきました。

まあ、あわただしい。

2015年7月の別府で「そうなん?」と気づいたテーマが

ようやく完結しました。

161110kpt_tottei

16か月を要しました。これ1年で完結するとご褒美が

あったようですよ。どうでもいいんですけどね、そこは。

あまりいい写真が撮れませんでしたが、

こんな感じ。

161110kct_nv3

161109utadu4

最終的にはこの写真がいちばんのお気に入り。

161110jobitaki1

ヒイラギにとまるジョウビタキ。

ジョウビタキ、松倉川にもいるんですが、

なぜかこうは撮れない。

161110korakuen

↑ジョウビタキを撮ったのはココ

あと4月に予告編だけしておいて半年以上放置していた

あのテーマを近日中に再開しようと思ってます。

長期のコンセプト、時代時代のお金の使い方、地方格差…

いろいろなことを痛感してきました。

「函館」もちゃんと参加していますが、知らない人がほとんど

だと思うので、ちんたらやりたいと思ってます。

161111sakai_view

↑まあ函館では見かけない風景ですよね。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月11日 (金)

冬の使者第三弾。海藻ダイスキの天然記念物たち

第三弾は、

天然記念物にも指定されているコクガンです。

やっぱりもう来ていました。

161107kokgan2

数えてみたら全部で23羽。昨季も20羽前後だったので、

減ってはいないようです。

161107kokgan19

到着してまだそんなに時間が経っていないらしく結構団体行動をしていたので、

数えやすかったです。

ことしはウトナイ湖でマガンとヒシクイを見てきましたが、

ガンの種類は越冬地が決まっているので、

その環境が破壊されてしまうと生きていけない、融通の利かない生物です。

昨シーズン最後に撮ったコクガンたちの写真のタイムスタンプは4/14ですから、

実に半年を函館で暮らすんですね。

161107kokgan00

そっと見守ってあげないといけません。

それだけ餌の海藻が豊富だということを函館は誇れると思います。

161107kokgan4

↑左から2番目が早速海藻食ってます。

下の3枚は前シーズン(今年2・3月)の写真から。

160309kokugan4

160309kokuganand3

160308kokugangyosen


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月10日 (木)

峠下のラッキーピエロでチャイチキ焼きそば=file082

10月上旬の「怒り新党」のオンエアを見て、まあ一度行っておこうと

思ってました。ラッキーピエロ峠下総本店。

161104lp_tst5

冬のこの時期はイルミネーションも始まったのだとか。

敷地も店舗も広いってどんな感じ?

161104lp_tst1

行ってみて「なるほど」と実感してきました。

食べたのはこれ。

161104lpt_cckysb

番組ではんつ遠藤氏が「おすすめ」と言っていましたね。

チャイニーズチキン焼きそば500円。

500円ですよ。マツコ有吉も「激安~」とコメントしていました。

そして味は…。

久々に普通のソース焼きそばを外食しました。

豚バラもちゃんと入っています。

でも

峠下「総本店」ですがメニューのバリエーションが多いわけじゃないんですね。

161104lp_tst0

平日の夕方だったんでさほど混んでいるわけでもなくて、

まあ自分のラッピコレクションが1店増えたと、そういう感じでした。

国道5号線沿い。来店する人のほぼ100%が自動車利用。

というわけで、市内のラッピと違い、台湾の観光客も高校生も見当たりません。

筋向いの昆布館には台湾の団体客が押し寄せていますが、

こっちには来ないようです。

161104lp_tst3

 


にほんブログ村

 

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

 

2016年11月 8日 (火)

冬の使者第二弾。南へ渡る前に紅葉鑑賞???

渡り鳥シリーズ第二弾。アトリです。

今度は水鳥ではなくて小鳥です。

ことし3月初め、盛岡城址公園で大きな群れに出会いました。

160301atori07

その後、宮城の伊豆沼でも見かけました。

ヒワ系の小鳥でカワラヒワ同様、基本警戒心が強くて小憎らしい奴らです。

かなり大きな群れで行動し、ちょっとしたことでさっと逃げます。

ここ数日、見晴公園でも常連の野鳥に混じってチラホラ見かけていましたが、

まあ遠いので自分の技量的にも撮ることは難しいだろうなと思ってました。

冬になったのでこれから南に移動するところみたいです。

津軽海峡渡りはけっこうヘビーなので、体力を蓄えるためにしばし滞在、

というパターンの冬鳥は多いようですね。

真冬になると函館からは姿を消します。

例によってヤマちゃんたちと遊んでいると、

一羽で抜けの良い枝先にとまっているコがいます。

161107atori99

こうなるとヤマちゃんそっちのけでチャンスをものにするしかありません。

161107atori02

161107atori03

若鳥らしく不安そうに仲間をキョロキョロ探しています。

それがまるで紅葉を鑑賞しているように思えたので、しばらく撮りました。

161107atori07

161107atori08

ヒワ系でも若鳥(たぶん♀)はふわっとしてかわいいと思います。

ホント見晴公園はヤマちゃんたちが雰囲気づくりをしっかりしてくれるので、

ときどきお客さんが混じっているから油断できませんね。

見晴公園おそるべし。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月 7日 (月)

冬の使者第一弾。実は温泉リピーター?

寒くなって冬の渡り鳥の季節になりましたね。

ふだんはカルガモばっかりの川に「おや?」という違う種類が

混じり始めました。

161106kinkro02

やっぱりこのキンクロ(ハジロ)たちがやってくると、

本格的な冬が近いんだな、と思うのです。

こいつらの移動のきっかけって何なんでしょうか。

どうも気候というよりはカレンダーっぽいようですよ。

太陽の高度とかそういうのがきっかけ?

160404kinkurohoshihidori

↑キンクロハジロ+ホシハジロ+ヒドリガモ@清澄庭園・東京江東区16年4月

他の場所ではキンクロハジロはそこそこ大きな群れで移動していて、

ホシハジロなんかとも場所を共有しているのですが、

この函館の温泉街の川ではごく少数だけがやってきます。

確か昨シーズンは4羽でした。シーズン終盤にははぐれ♀が春先まで

見られていましたが、ことしの初見は仲良しペアでした。

161106kinkro01

161106kinkro03

↑日向ぼっこしているカルガモたちを尻目に

レンズを向けられたことを嫌がっているようです、キンクロハジロ(手前の2羽)

どっちも若い♂みたいですね。

渡り鳥っていつ来ていつ帰っていくかとっても微妙なんですよ。

ときどき立ち寄ってまた先を急ぐのもいるみたいで。

9月末にはコガモの集団が早くも到着していましたが、

もういないみたいです。

160928cbg3

マガモは1羽また1羽とカルガモに紛れて少しずつ数を増やしています。

この時期♂の羽色が中途半端なせいで目立たないのですが。

こうして気がつくと毎年の常連メンバーが揃っているということになるのでしょう。

161106magamo1

161107magamo2

↑上のマガモ♂は羽色がすっかり変わっていますが、下のはまだ途中みたいです。

そうそう去年マイペースで単独行動していたオオバンがまた一羽で登場しているみたいです。

春先は最終的につがいになっていたのですが、また単独行動からスタートなのでしょうかね。

161107ooban

今度はあの天然記念物の群れがやってくるアノ場所へ見に行ってみようかな。

もう来ているような気がします。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月 5日 (土)

ことしは冬が早い…と思ったら…

あくまで体感として、なんですが、ことしは秋が短くて

冬が早い印象。

季節感というのは印象に寄るところが大きいですよね。

こんだけ寒いと香雪園のライトアップを見に行こうという

気に全然なりません。

161101miharaship

午前中、ヤマちゃんたちと遊んでいるときに十分、紅葉は

鑑賞しているので、函館のヨルモミジはまあ想像だけで

十分かなあ。

10月30日に函館は2016年の初雪を記録しましたが、

これは平年より4日しか早くないのだとか。

2015年の初雪はなんと11月23日でしたから、

「ことしは冬が早い」と強く思っちゃうみたいですね。

去年が暖かすぎた、というわけです。

札幌管区気象台の平年データを見てみると、

初雪:11/3(済10/30…昨年より24日早い)

初霜:10/19(済10/15…昨年と同じ)

初結氷:10/28(済10/25…昨年より13日早い)

初冠雪:10/25(済10/29…昨年より4日遅い)

初積雪:11/12(未)

初長期積雪=根雪:12/16(未)

なのだそうです。

ちなみに去年の根雪のスタート日は12/25!

クリスマス。おっそ!

さすがにことしはそうはいかないでしょう。

函館地方の初冠雪の対象は横津岳だそうで、駒ケ岳ではありません。

160122komagatake

↑これはことし1月の写真

ちなみに根雪が融ける平年は

3/13だそうです。

これからたっぷり冬、ということで、

しょうがない、か。

なんか去年の今頃はもっと活発に動き回っていたような気がして

調べてみました。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月 4日 (金)

【観光分析系】地域ブランド魅力度1位函館…まあ気分の問題ですかね?

さて今度は地域ブランド調査のほうへ話を移しましょう。

函館が3年連続1位だったっていうアレです。

10hakodate161019

この調査にはいろんな要因が絡んでいるらしいのですが、

・知名度がある

・情報がある

・行ってみたい

・また行きたい

・住んでみたい

そんな感じらしいです。

150813_11hachimanzaka

だから基本的に定番化してしまうと、人気が下がる。

ただ「大都市圏から見て」と「地方から見て」が混在した

のアンケート回答なので、かなりごちゃごちゃな印象です。

ブランド総研によると、2016年の数字は新たに70代以上の数字を

加算して、前年データも補正したのだとか。

そのせいで、年ごとに推移を見ても、上がったり下がったり、

その年その年でバラツキがあって傾向が読めません。

そんな中での1位函館。

まあ出来レースということはないのでしょうが、

伊勢志摩&出雲がちょっとブームっぽいのを除けば、

ベタな観光地よりも…という特に熟年以上の層の志向が

反映しているように思います。

160322naikuu6

↑お伊勢参りは日本の観光の原点ですね

あくまでも相対的な印象。

渋谷区や港区へ行きたいのは絶対に別の層ですからね。

この中で小樽も札幌はすっかり大都市化して

魅力は感じなくなったけど、今度は小樽まで足を伸ばしたい、

北海道の旨い寿司でも食うか、そういうことのような

気がします。

150604higashichaya

↑金沢市・ひがし茶屋街

金沢が依然として好感度が高いところを見ると、

新幹線効果も1年では終わらないようですが、

この調査に函館はあまり喜んでいられないというのが

ブログ主の見解です。

観光地としての知名度があってよかったね、と。

夜景ライバルの神戸が9位。長崎ははるか下の16位。

090418kobeko

↑神戸港の夜景

でも指数そのものは大きくダウンしているわけではないので、

函館は行きたいけど遠い→新幹線で1回行ったらもういい

そういう悲観的な展開を予想しちゃうんですよね。

ちなみに魅力度上位10都市でも、先の国勢調査における

5年前と比較した人口減少率は

小樽市7.6%、富良野市5.5%、函館市4.7%。

札幌以外の北海道の街は地域ブランド力があるのに

人口は減っています。

住んでみたい、はあくまでイメージなんだよなあ。

まあイメージがあるだけいいけれど。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月 2日 (水)

【観光分析系】入込数調査ってそういうことだったか…

151106goryoukaku

観光客入込数調査。

たいへんややこしい調査で

2008年に設立された国土交通省の外局である「観光庁」のサイトに

よれば、

「共通基準による観光入込客統計」平成27年度は、

埼玉県,神奈川県,富山県,石川県,福井県,愛知県,滋賀県,京都府,

兵庫県,奈良県,和歌山県,高知県,福岡県,長崎県,沖縄県の15県に

おいて未公表。もう平成28年度半分過ぎましたけどね。

すべての市町村が提出しないと県としては国に出せないわけで。

また、これは国土交通省の定めた基準によらず、各県で独自に行っている

調査は含まない様子です。

大阪府は参加していないみたいですね。

まあ、観光のことを国をあげて考えますよ、という宣言みたいなもので、

どの県が1位とかそういう比較をされたくないということかもしれません。

さて北海道。

北海道経済部観光局のサイトを見ると統計は年単位ではなく年度単位。

まずはその年度単位のデータで見てみます。

北海道179市町村の上位20は…

20_h27

函館のもうすぐ500万人は北海道第5位。

あれ?そんなもん?500万人って。

↓札幌が1位なのは当然でしょ

160209ctower1

でもよく見てくださいね、人口2000人余りの喜茂別町が全道9位なんです。

喜茂別って何があったっけ?

ただ道外観光客が異常に少ない。

外国人ゼロ。ついでに宿泊のデータもゼロ。

その理由はどうやら幹線の「中山峠」が喜茂別町にあるから、

みたいです。

同様に空港のある千歳も非常に多い。

ということは道央道の出口がある町は少し水増し???

札幌からの高速は大沼のところまで開通していますから、

森町はそのせいで数字が上昇?

160909funkwn_pp5

↑八雲町・噴火湾パノラマパーク(道央道PA)

そういえば、1月に道の駅を開業した木古内町が急増して

いたのを思い出してください。

入込観光客を数える場所、の問題があるんですね。

というわけで北海道の観光客入込数、

「道内道外の比率」「宿泊客数の比率」

「外国人観光客数」「高速の出口の有無」

これらを総合的に見ないと判断できないんですね。

まあ道の駅を作って、数える場所を作りましょう。

博物館や資料館を宣伝してそこに呼び込みましょう。

ホテルや旅館も頑張りましょう。

そういうことみたいです。

そして隣町と比べてばかりいないで、

自己ベストを目指しましょう。と???

そこで自治体が見栄張って多めに申告しても

意味がないシステムのようですよ。

160410hayabusatwin

こんなん北海道新幹線が開業しているんだから、

大台なんか超えるに決まってます。

高速が通ったらそれだけで100万人ぐらい

増えるかも?

問題の本質は、そこじゃない。

やっぱり数字だけがひとり歩きしてもダメだってことですね。

さて以下が道外観光客入込数と外国人観光客入込数です。

H2710

これならそれなりの並びだと思います。

161007jigokudani_ip

141003toyako

登別と洞爺湖が外国人旅行客に人気なのは

札幌から近いから、函館と札幌の間にあるから。

旭山動物園や阿寒湖は本州からのお客さんに

人気のようですね。

ということで言えば、知床もまだまだ。

利尻礼文なんてそれ以上のレアみたいです。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

2016年11月 1日 (火)

【観光分析系】いよいよ大台?函館市観光客入込数

ものごとには知れば知るほど、

「それってそういうこと?」というケースがあるもんです。

観光客入込数。

150812kanemori_yama

そもそもは国土交通省がガイドラインを決めて、

国をあげて観光立国を目指そうと定義したもののようです。

平成27年度、函館市の観光客入込数は494万人。

前年は484万人ですから微増、というわけです。

でもって数字は平成27年度のもので、2016年3月末までの数字なので、

北海道新幹線開業の影響はわずかに6日間。

つまりは平成28年度の数字でどれだけ「新幹線効果」があったかがわかる!

とそういうことです。

まずは単純に

「もうすぐ大台の500万人! これは行くでしょう。」

「この大事な数字を観光業者はもとより市民も意識しないと嘘だよね」

こう思いました。

まあまあ、周辺エピソードがありますが、このまままっすぐ脱線せずに

進みます。

この夏、「渡島・檜山・全市町行ってみるツアー」を敢行。

別名「道南路線バスの旅」

奥尻も含めてひと通り全部足を運んでみました。

これはあっちのブログ「函館脱出?渡島檜山17市町、ココ行ってみた!」

では町別にに長々書いているので

おヒマな方はそちらもどうぞ…。

路線バスツアーと重複しない部分もありますけど。

渡島・檜山の平成27年度観光客入込数はこうなります。

H2627

表の左側の数字は人口です。

やっぱり函館がダントツ。

七飯町が多いのは大沼の威力。

161019oonumakonuma1

大沼ってすごい観光地なんです。

160804nabeturu1

奥尻はやっぱり離島だからハンデがあるんですね。

そして1月に道の駅がオープンした木古内は急増ですね。

160226misoginosato5_2

ここでふと思いました。

人口ひとりあたり、つまり市町の規模に対しての

観光客の数ってどうなるんだろう?

これがですね。不思議なのです。

観光客入込数を人口で割ると

こんな順番になります。

Oshimahiyama01

おや?森町と長万部町が多くない???

実はこれにはワケガあるようです…。

(つづく)


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 2016年10月 | トップページ | 2016年12月 »