無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 縄文ドリーム…函館に世界遺産というイメージは? | トップページ | 怒り新党につづき、ラッキーピエロ、またしても全国ネット登場! »

2016年10月13日 (木)

行ってみてわかる、これはおおごと!…縄文文化交流センター

160928michinoeki

縄文文化交流センター。

「道の駅・縄文ロマン南かやべ」が併設されていて、

「国宝がある道の駅」を標榜しています。

Map_kakkkumi_minamikayabe161012a

地図を見ていただくとわかる通り、こういったパターンは

全国よくあるのですが、国道(278号)のバイパスに沿ったロケーションに

なってます。

路線バスは下の海岸沿いの道、生活路線を走りますので、国道278号バイパスには

公共交通のアクセスはありません。

まあそれでも観光バスはたまに立ち寄りますが、メジャーな施設とは言い難いことは確かです。

2011年10月にオープン。2年4か月後の2014年2月に来場者10万人を突破しました。

順調ならもうそろそろ20万人を突破しているはずですね。

これ、2016年1月にオープンした木古内町の道の駅「みそぎの郷きこない」が

すでに40万人の来場を突破していることを考えると

「比べちゃいけない」話であることはわかるでしょう。

Map_jomoncenterbywalka

大船C遺跡の最寄りバス停が大船小学校であったのと似ていて、

縄文文化交流センターの最寄り駅は臼尻小学校。

下の道からバイパスへ向かって坂を登っていき、6~7分で分岐点。

分岐点を左に進みまた5~6分で278号バイパスへ。

そこからまた徒歩5~6分で道の駅、です。

まあ、歩いては行かないんです。普通(笑)

悩ましいのはやっぱり道の駅は付け足しで、

食事ができる施設はありません。

わずかなお土産品が置かれている程度。

カックウをキャラ化して前面に押し出すということもないようです。

まあ国宝である中空土偶(愛称:カックウ)の実物を見ることができれば…

ということなのだと思いますが、

まあ実に出土物は多岐にわたっており背景の複雑さを感じざるをえません。

印象的だったのは、

垣ノ島遺跡、豊原遺跡から出土した、この子どもの足型。

160928footstamps

どんな目的であったのかは諸説あるようですが、

縄文の人々も子ども成長を願ったのは間違いないところかと。

ブログ主的にはへその緒のようにレゾンデートルとして本人が保管していて、

埋葬するときに一緒に埋めたのでは?

さまざまな出土物を見ていて気づくのは、

南茅部にはいったいいくつの遺跡があるの?

ということです。

160928jomon_rings

整備が進んでいるのは大船遺跡。カックウが出土したのは

著保内野遺跡、子どもの足型が出土した垣ノ島遺跡&豊原遺跡。

数えてみたら遺跡の総数は2桁になるようです。

世界遺産申請の暫定リストに掲載されているのは大船遺跡のみですが、

申請にあたって戦略もあるんでしょうね。

館内のスタッフに聞いてみると、278号バイパスを通す過程で

多くの遺跡が発見されたとか。

つまりこの一帯は縄文時代の遺跡だらけ。

まあ、海と山と川と太古からの豊かな土地であった証明ですが、

よく聞く話は何か新しい大規模建設をしようとすると

遺跡が出てきて進行が止まってしまう、という話。

そのために当初の予定を変更せざるを得ない事態も起こります。

公有地、私有地問わず、南茅部のようにこれだけ遺跡密度の高い場所だと、

裏でさまざまに問題も起こったのでしょう。

他人の土地を掘り返すな、みたいな?

きっと「遺跡が出やがった」と不本意に思っている人もいるかもしれません。

というわけで南茅部地区の遺跡群の配置は公的には秘密になっているようです。

とはいえ、遺跡名が地名とリンクしている以上、保護するだけでも

容易じゃないかもしれません。

中空土偶出土→国宝指定→世界遺産申請…

順風満帆とはいえない雰囲気をひしひし感じました。

市民の関心が薄いのと遺産の価値がリンクしないのは

別問題なのかもしれませんが…。

いずれにせよ、どんな場合も現場でその空気に触れることで、

開けていく視野もあると、このときも思いました。

中空土偶そのものはすばらしいアートです。

160928kakku000

そこから土偶を知る、国宝土偶ネットワークに関心を持つ、

そのきっかけがカックウでも大きな意義のあることだと思います。

また縄文バナシはいったん切って、もう最近気になることだらけなので、

少々緩め?の話をはさんで、「愛はどこへ行った?」流れに

戻ってくると思います。

最後に世界遺産申請を構成する北海道・東北の縄文遺跡群

(暫定リスト掲載)は下記の通り。

(北海道)

伊達市:北小金貝塚,

洞爺湖町:入江・高砂貝塚,

森町:鷲ノ木遺跡,

函館市:大船遺跡,

(青森県)

青森市:三内丸山遺跡,、小牧野遺跡,

八戸市:是川石器時代遺跡,、長七谷地貝塚,

つがる市:田小屋野遺跡、亀ヶ岡石器時代遺跡

七戸町:二ツ森貝塚,

外ヶ浜町:大平山本曖I遺跡,

(秋田県)

鹿角市:大湯環状列石,

北秋田市:伊勢堂岱遺跡,

(岩手県)

一戸町:御所野遺跡,

利害関係が絡んで足並み揃えるのは大変そうですが。

リーダーシップはどこが???


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 縄文ドリーム…函館に世界遺産というイメージは? | トップページ | 怒り新党につづき、ラッキーピエロ、またしても全国ネット登場! »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 行ってみてわかる、これはおおごと!…縄文文化交流センター:

« 縄文ドリーム…函館に世界遺産というイメージは? | トップページ | 怒り新党につづき、ラッキーピエロ、またしても全国ネット登場! »