無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【激辛】「愛」の消えた哀しみの街…それは函館=その4 | トップページ | そうだ!今しかない!…唐突に白鳥の湖、ウトナイ湖へ »

2016年10月 8日 (土)

【激辛】「愛」の消えた哀しみの街…それは函館=その5

話題がどんどんブルーな方向に進んでいるようにも思いますが、

まだそのしかるべき背景を語るまでにステップがありますので、

ご辛抱いただけますと幸いです(笑)。

「その5」はとってもかわいいこの子たちです。

160913yamagara1

160914yamagara3

最近のヤマちゃんは、

これがお気に入り。

160929ichii

オンコ(イチイ)の赤い実。

なので人間からもらう餌には関心がないようです。

見晴公園に行っても最近、彼らの対応が雑なのは、

秋になっても餌が豊富だからです。

まあ、それでも欲張りなコは近寄ってきますけどね。

いずれにせよ、街中でもヤマガラの元気な鳴き声が気になります。

昔はシジュウカラのほうがわかりやすかったのですが、

ヤマガラたちと仲良くなって声を覚えてしまうと、

見晴公園以外にも、函館ってヤマガラだらけ?

スズメと同じぐらいいる?

そう思うくらい元気な声が聞こえてきます。

やっぱり市内にもこのイチイ(オンコ)がたくさん

植えられているので、鳥影が濃くなっているのでしょうか。

さて(見晴公園の)ヤマちゃんたちがあまりに人懐っこいので

知り合いに写真をよく見せるのですが、その人たちは

「かわいいね、何て言う鳥?」などと言うのです。

(ほとんど女性かも…)

自分の私的な調査では函館市民の70%がヤマガラを知らない、

見たことがない。

これを「愛」がないと言わずして何と言うでしょう???

150922_hy15nanbu

かくいう自分も、西部地区の坂標の上にヤマガラがとまっている

ことに気づいたのは数年前ですけどね。

別に鳥が好きかどうかということじゃなくて、

無関心ということがどういうことか、痛いほど感じたわけです。

市の鳥が市の樹の赤い実を喜んでついばんでいる、のは

いかにもだなあ、なるほどなあ、さすが市の木で市の鳥だな、

と自分は思いますが、そういう感想を持つことなく

何十年の人生を終えていく

函館市民が大半だと言うことです。

まあ、学校でそれ教えませんからね。

いかに「函館市民」が淡白で愛がないか

そんな部分にも如実に表れています。

市の鳥も知らないから郷土愛もない、とは決めつけませんが、

自分の狭い守備範囲以外にはまったく関心がないのは

哀しいことだと思うのです。

もちろん元気なヤマちゃんたち自身には

無関係な話ですけどね。

見晴公園に限っては、無関心なほうが彼らのためかも

しれませんから。

160620yamagara3_2


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【激辛】「愛」の消えた哀しみの街…それは函館=その4 | トップページ | そうだ!今しかない!…唐突に白鳥の湖、ウトナイ湖へ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【激辛】「愛」の消えた哀しみの街…それは函館=その5:

« 【激辛】「愛」の消えた哀しみの街…それは函館=その4 | トップページ | そうだ!今しかない!…唐突に白鳥の湖、ウトナイ湖へ »