無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 川カルガモのヒナはいったいどこに?行進したら海へ流されちゃう… | トップページ | 驚愕の「手乗り」ゴジュウカラにこちらがド緊張! 人馴れにもほどがあるっ! »

2016年6月12日 (日)

★ホテル朝食でお値打ち感に差がつく?★ほんとうに?PART2

こうして、手持ちのホテル朝食画像を改めて確認すると、

ビュッフェ形式ばかり。

自分でもそのチープさに笑っちゃいますが、

そこで価格帯なりにどう差をつけるか、は重要だと思いますよ。

ですから、先日の芦原温泉・まつや千千の朝食は、

160517matsuyasensen_bf

どうしても比較する相手が

150716seikai_bf

この別府・晴海の朝食との比較になるわけです。

ただ豪華にしているのではなく、戦略がありますよ。

味噌汁は海鮮、焼き魚は後から焼きたてを持ってくる。

豆腐はザル豆腐。

そうそう萩へ行ったときに気づきましたもん。

納豆が朝食にないのはけしからん!という客がどれぐらい

いるのかと? 賞味期限が書いていないとおもったら、

納豆は解凍ですもん。そんなにまでして納豆はいらないです。

別府の晴海では、最後に果物も持ってくるし、お品書きもちゃんとついている

気配り。地元産の干物、と言ってもその先は深くわかりませんが、

そのニュアンスが価値を生むんでしょう。商売は工夫だと思いますね。

ホテルのサービスなんて、客のニーズを察して練り上げるものです。

まさにさまざまな客が訪れるので、これでいいということがない。

それもまた宿泊&接客の深いところなのではないかと思います。

実際に自分がやるとなったら大変ですけど(笑)

ちなみに

160302tsurunoyu_bf

乳頭温泉、鶴の湯の朝食。秘湯だし、有無を言わさず。

朝食で選ぶ宿じゃないもんね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 川カルガモのヒナはいったいどこに?行進したら海へ流されちゃう… | トップページ | 驚愕の「手乗り」ゴジュウカラにこちらがド緊張! 人馴れにもほどがあるっ! »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★ホテル朝食でお値打ち感に差がつく?★ほんとうに?PART2:

« 川カルガモのヒナはいったいどこに?行進したら海へ流されちゃう… | トップページ | 驚愕の「手乗り」ゴジュウカラにこちらがド緊張! 人馴れにもほどがあるっ! »