無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 見晴公園のヤマガラ…隠れているので見つけないでちょうだい(笑) | トップページ | 道の駅もんじゅの「てっくい天丼」…個人的には高評価=file080 »

2016年6月23日 (木)

カルガモ親子、最大で13羽の大家族とは多すぎ!

それにしても、季節感がこんなふうに感じられる函館の6月、

なんですね。今までまったく気づこうとしなかった。

気づこうとしないと気づかないことは、

気づいた時点で、あれもこれもイモヅル式に。

人気記事の合間だったので、さらっと行ってしまったけど、

カルガモの子育てに生き残りの知恵はあるんでしょうか?

160610karugamooyako1

この池カルガモは4羽。ことしは少ないのだそうだ。

160614karufam2

ハスの葉の上をよちよち。このぐらいがいちばんかわいいね。

いっぽう川カルガモ。

160613karufam1

160613karufam2

さっそく温泉の排水が流れている場所を教えている。

ここを知ってれば冬は越せるか。この家族が13羽。

160615karufam4

これはだいぶ育っている。親より先に進んでいく。

こっちは全部で9羽だから別の家族。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 見晴公園のヤマガラ…隠れているので見つけないでちょうだい(笑) | トップページ | 道の駅もんじゅの「てっくい天丼」…個人的には高評価=file080 »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カルガモ親子、最大で13羽の大家族とは多すぎ!:

« 見晴公園のヤマガラ…隠れているので見つけないでちょうだい(笑) | トップページ | 道の駅もんじゅの「てっくい天丼」…個人的には高評価=file080 »