無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★季節は春から夏へ★あらたなお客さんが続々in函館 | トップページ | ★水族館ツアー★2016-3鳥羽水族館(2)マネのできない多彩な展示 »

2016年5月10日 (火)

【願覚醒】たとえば桜の写真を撮ってみる。難しい(1)

例えば桜の写真は難しい。あの花の色は写真ではなかなか再現できませんね。

まあでも簡単に撮る方法があると思います。

その場所特有の何かとコラボすれば、いい写真に「見え」ます。

いかがでしょう?

こんな写真。

160502grkk2

無人の公園で撮るわけではないので、人を極力活かせばよいのでは?

160407yoshinoyama5

雨の中、吉野山を登ってくる人たち

160408daigoji2

京都・醍醐寺。これも人、イキですね。

160408ninnaji4

京都・仁和寺の塔と。

110505hirosaki1

5年前の弘前城の桜。ベタ以外のナニモノでもないですよ。

140429hinokinai_01

秋田・角館の桧木内側の両岸の桜。川面と青空のヌケが

あれば決め写真になりますよね。

まさに自分の場合は記憶のための象徴的な全景写真なのではないかな、と。

こういうカットは、

「知っていれば」そして「機会さえあれば」誰でも撮れます。

これを写真はセンスという人は「フォルテ、メゾフォルテのおばさん」と

いっしょじゃないかと。

きついかな…。

満開の桜は確かに気分を高揚させます。

紅葉の場合もその「赤」を再現しようと必死に撮るわけですが、

紅葉のバアイが逆光に透けるアングルがいちばんそれらしいと思うのです。

でも桜はそれでは色が出ませんね。

だから、花に寄って撮っている人は、何を目指して撮っているのだろう?

と思うわけです。

もちろん、つい1枚、2枚。

3枚、4枚。いいんです。

撮って「うまく撮れた」と思うのでしょうか?

自分のコンデジは絞り優先にしても3段階ぐらいしか設定できないので

完全に役不足ですけどね。

ということで素人なりに考えてみると、

1.別の対象物とのコラボ(先出)

2.枝ぶりがわかる全景

3.色味・コントラスト

4.花弁

紅葉のときもそうだったのですが、

どこまで初心者が深みをわかるのか、わざわざ松前まで行って

いろいろな桜を体感してきました。

これを京都の桜の写真と比較すると???

オチは「桜の写真は難しい」ですが、辛抱強く見て見てください。

「わあ、満開だ」だけではすぐ飽きる気がします。(少なくとも写真を見るだけでは)

【桜写真の項でつづく】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« ★季節は春から夏へ★あらたなお客さんが続々in函館 | トップページ | ★水族館ツアー★2016-3鳥羽水族館(2)マネのできない多彩な展示 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【願覚醒】たとえば桜の写真を撮ってみる。難しい(1):

« ★季節は春から夏へ★あらたなお客さんが続々in函館 | トップページ | ★水族館ツアー★2016-3鳥羽水族館(2)マネのできない多彩な展示 »