無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の常連さん=キビタキ | トップページ | ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の通りすがり=ツミ »

2016年5月12日 (木)

【願覚醒】たとえば桜の写真を撮ってみる。難しい(3)

そして桜をいろいろ撮っていくと、

シチュエーション、ロケーションだけじゃなくて。

満開の束になった迫力じゃなくて。

ソメイヨシノだけが桜じゃなくて。

そこに気づくのです。

手っ取り早いのは松前に行けばいいのです。

東京の桜は、2月16日撮の東京・品川区林試の森の

160216hayazakura4

河津桜を除いてはことごとくソメイヨシノであって、

一気に咲いて、花見をして騒いで終了というイベント桜です。

160407yoshinoyama4

でも奈良・吉野山の桜は下千本、中千本、奥千本…というぐらいで

標高によって時間差で咲き、1か月楽しめるのです。

これ自生じゃないですよ。昔の人が植えたんです。

こんだけ。こつこつと。

160408omurozakura2

同じく京都・仁和寺の御室桜(おむろざくら)4月8日。

このとき五分咲きだったそうですが、醍醐寺の大枝垂桜もすっかり

散った後に時間差で遅咲きの桜をプロデュースしたんです仁和寺。

まるで梅林のような背丈の低い桜をプロデュースしたわけです。

ほかが終わったあとにお客さんが来るように。

だから、京都の観光は深いわけです。

その精神を松前の桜に感じたんですね。

たしかに弘前の桜も、角館の桜もワンパターンではない素晴らしい桜。

でも、北のはずれの地だからこその桜の伝統を松前に感じるわけです。

というわけで脱ソメイヨシノを強く意識することになった

松前の桜を明日、たっぷり。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の常連さん=キビタキ | トップページ | ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の通りすがり=ツミ »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【願覚醒】たとえば桜の写真を撮ってみる。難しい(3):

« ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の常連さん=キビタキ | トップページ | ★季節は春から夏へ★日ごと週ごとに「戻って」くる夏の通りすがり=ツミ »