無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 思い立って谷津干潟第二回(3)やっぱり自然は偉大なのです | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第四回ランパス函館体験・絆 =file069 »

2016年5月 9日 (月)

★少しずつだけど燃えている★「谷地坂問題」第3回

かつて谷地頭に向かう坂があった場所の坂を

谷地頭に向かう坂ではないが谷地坂と呼ぶことにした

のは誰でしょう?

函館市?

誰かわからないけど、そう呼んでいたらしいから?

それは誰?地元でそう呼ばれてないのに?

なーんか、すばらしい屁理屈ですね。

なぜ、このような屁理屈がまかり通るのか、

その背景を考えてみるとよろしいと思います。

さて、3月某日に開始した聞き込み調査。

まず最初に入ってみたのは、

冨岡氏が言うところの谷地ノ坂に沿った場所にある、うどん屋さん「十字街次郎うどん」

まだお店を出して長くない、とおっしゃるので、このあたりで古くから

お住まいの方ということで、トタン屋さんのご主人を紹介してもらいました。

お尋ねすると、そこのご主人は昭和7年生まれで昭和9年の大火は記憶にはないと

おっしゃっていました。

当時からその場所に住んでおられる方ですから、坂の名前を

ご存知かと思いましたが、知らないとのこと。

でもこんな内容の話をしてくださいました。

「家の前の坂の名前は知らないのだけど、昔はもっと急な坂で、冬になると、凍って

登るのに苦労した、とオヤジが言っていましたよ」

もっと急な坂? それだけの情報ではなんとも。

ブログ主本人、昭和40年代から、この坂を知っていますので、その時点では

ゆるやかな坂になっていたと思います。その頃は舗装はされてなかったかも、ですが。

突然お尋ねしていろいろお話しさせていただいてありがとうございました。

そういって退出しようとすると、ご主人は「そういえば…」と

古い新聞紙に包んである古地図を出してきたのです。

それは

「浪月堂書店からもらった古地図で、大火前の昭和8年のものだと思う」

「息子はこんな役に立たないものをとっておいても、っていうんだけどね」

とはトタン屋さんのご主人。

浪月堂書店とは戦前から十字街にあった書店(古書店)で、移転前か移転後か

定かではありませんが、ブログ主の父親も古本の売り買いをしていた記憶がある老舗です。

たぶん父親も青柳町とかそのへんの生まれなので、学生の頃からこの書店を知っていたんじゃ

ないでしょうか。まあ、自分はかすかに店名を記憶しているレベルですけどね。

で、一色刷りで不鮮明なので、とりあえずさっと撮影をさせていただいて

その日は帰りました。

後日その地図を読み返してみて思いました。

「昭和8年の地図?おかしいな高竜寺と称名寺が並んでいるよな。明治11年の大火で

これらのお寺は引っ越したからもっと前の地図では?」

その地図をよく見ると

八幡宮も昔の場所にあるようです。

そして八幡宮の上手には街区があって宅地があるようです。

いまのいままで、函館西高は八幡宮の後に建っているのだと思ったけど

違うじゃない。船魂神社の場所が変わらないとすると?

さあ、谷地坂問題に続いて次なる問題が発生してしまったのです。

じゃあ、函館八幡宮に直接問い合わせてみるか?

160317yachinosaka

↑これが冨岡説によるところの「谷地ノ坂」の現在。

この通り沿いのトタン店のご主人にお話を伺った。

Map_hakodate18741p

八幡宮は坂の上にあります。ってアレレ???

【つづく】

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 思い立って谷津干潟第二回(3)やっぱり自然は偉大なのです | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第四回ランパス函館体験・絆 =file069 »

函館坂物語19プラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★少しずつだけど燃えている★「谷地坂問題」第3回:

« 思い立って谷津干潟第二回(3)やっぱり自然は偉大なのです | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第四回ランパス函館体験・絆 =file069 »