無料ブログはココログ

« 【観光客商売】苦言を聞く耳を持たないあなたこそが素晴らしい。賞賛です! | トップページ | ★2016タビ第四回-1★オープニングは駅弁ラッシュ!頑張れよ函館みかど。 »

2016年5月26日 (木)

★初トラピストだから感動するのか?(3)★求めよ、さらば開かれん

トラピスト修道院付近に滞留した2時間弱の間に、観光客の乗用車が約20台。

その3分の1はルルドへと登って行きました。

途中なかほどに駐車場があって、そこからは歩き。

絶景のゼの字もその時点ではありません。

修道院の横の道の竹やぶにウグイスがいたのでカメラで狙っていたら

自分と似たような年格好の男性が一人で道を登っていきました。

ウグイスを諦めて、自分も登っていくと、昨日アップした墓地に出ました。

ちょっと(その通り過ぎて行った男性が)写真に入ってしまうので、

自分は墓地を後回しにして目的の場所へ急ぎました。

先に展望台についた自分。

後から来た男性は、聞くと奈良から来たとか。

「昨日はレンタカーを借りて大沼を回りました。伊丹から空路函館へ来て、

明日は新千歳から帰ります」

なんだ、北海道新幹線バブルの人じゃないんですね。

奈良と聞いて4月に訪れた吉野山の千本桜の話をしたところ、

その男性は

「奈良に住んで数年なんですが、人口密度がそこそこなのは北のほうの一部で、

南はみんな山なのでまだいろいろ行ったことないんです」

と話してくれました。

渡島当別で旅人とのふれあいになるとは!

彼曰く

「いやあ、すごい景色ですね。函館はいいなあ」

でもね、ここまで登ってきて、出会ったのは彼だけ。

あんだけ自動車で上がっていったのに、人には全然出会わない。

結果を知らないから努力しない、もしくはそもそも徒歩が厳しいお客様ばかり

だったのでしょうか?

それを知っていたら乗用車で上へあがらない。

おっと連続絶景、もったいぶらずにご紹介。

160512trapnsea

修道院がはるか下に、津軽海峡とワンフレームで見えます。

160512mth_fromtrap02

もちろん函館山の市街地からのブラインドサイドが完全に

姿を見せます。

160512mth_fromtrap03

真っ白なフェリーが出港していきます。

160512mthnferry

ここは立待岬の向こう側の断崖のあたり。

こう見ると、函館山、まさに自然の要塞ですね。

いろいろな場所から見た函館山コレクション

また新しい角度が増えて大満足でした。

やはり、写真より肉眼のほうが何倍も素晴らしいのは言うまでもありません。

お気に入りの場所になりました。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【観光客商売】苦言を聞く耳を持たないあなたこそが素晴らしい。賞賛です! | トップページ | ★2016タビ第四回-1★オープニングは駅弁ラッシュ!頑張れよ函館みかど。 »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 【観光客商売】苦言を聞く耳を持たないあなたこそが素晴らしい。賞賛です! | トップページ | ★2016タビ第四回-1★オープニングは駅弁ラッシュ!頑張れよ函館みかど。 »