無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 思い立って谷津干潟第二回(1)鳥撮り少しは上達 | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第三回ランパス函館体験・茶蔵 »

2016年5月 7日 (土)

【願覚醒】まずは自分の足もとを確かめなくてはね。好きな函館の風景

ブログを書くために日々行動する、ブログに縛られる…

ブログを書くことが自分の癒しになっているのであれば、それでもいいと思いますけどね。

ほかにも自分が気づかない別の理由があれば許されるでしょう。

ここでは、あえて批判をしてみることにします。

旅ネタばかりじゃなくて、そっち方向もいろいろ書きたいので、

まずは自分の原点から見つめ直してみようかなと。

150724ohm750

これで場所を特定できないなら、函館歴浅いでしょう。

そ、このアングルはお寿司屋さんの脇。

151209takubokp

ここも好きです。啄木さんはわりとどうでもよくて、

このアングルの函館山。

151209tk_sunrise

この日はここから朝日を撮りました。

160207kearashi_mt

冬、あまりに寒すぎてこんなになっちゃったときもありましたっけ。

150619tachim

晴れた日に立待岬から。

まあ、こんなのが何枚もありますが。

大好きな函館の風景です。

海、というより海岸線。

これは何回撮っても飽きないカンジ。

季節ごとに繰り返し撮ってしまいます。

なぜなら好きだから。

150929mashu_mount2

こんな角度や

150922kahee

こんな角度も好きですね。

函館山が好きなのか。当然でしょ。

140803hakodateyama_yuhi

ねえ、としかいいようがないですけど?

函館は好きなんですが、いま悩んでいるのは

嫌いなのは

函館人か、

函館市民か、

ただの田舎者が嫌いなのか、

ですね。

答えはもう出ているって?

まあ、そう言わないでくださいよ。

いずれにしろ、すべては本人の認知の問題なので主観です。

じゃあ、あなたの主観はどうですか?

ブログに「紹介」しておいて、「それは教えない」ともったいぶる

にはちゃんとした理由がほしいところ。

ひとりよがりもそれなりに留めておくべきでしょう。

いやいや「PVを稼ぎたいがためのタイトル倒れの更新」なのですね。

わかってめくってますが、何か?

10回中9回はソレ、ですね。

それにしても、伝えたい事がないのに書くブログは醜いと思うきょうこの頃です。

だって自分がそう感じたんだからいいじゃないか!

と反論してしまうと、いまいち暴力的なんじゃないかと。

思っただけで何も考えずに口に出してしまうガキといっしょ。

伝えたい事が伝わるかどうかは二の次。

どうしたら伝えられるか

次回は「写真」について話します。

プロのカメラマンはどこがどうプロなのか?

単に食えていれば「プロ」ですよ。

どんな「アマチュア」でも簡単に写真が撮れる時代です。

うまく撮れているかどうか、自分で判別できるぐらいの経験値は持ちましょう。

この年になると自分が重ねた年輪を思いますね。

函館のとある場所には、それまでの数十年を真っ向否定してあげたくなる

ご老人がたくさんいますので、観察慣れしていますよ(笑)。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 思い立って谷津干潟第二回(1)鳥撮り少しは上達 | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第三回ランパス函館体験・茶蔵 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 思い立って谷津干潟第二回(1)鳥撮り少しは上達 | トップページ | ランパスのシステムを理解する過程→第三回ランパス函館体験・茶蔵 »