無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 海鮮ランチ十番勝負総括PART1…なんでも「うに」「いくら」が偉いのか? | トップページ | わかってはいたが、またしても恥の上塗り→北斗×函館。はぁ。 »

2016年3月29日 (火)

海鮮ランチ十番勝負総括PART2…訪問の8店、イッキに総比較!

まずは

海鮮丼として成立した8店の丼をイッキに並べてみると

どうなるでしょうか?

店名からのリンクは、本ブログの個別記事ページです。

1.馬子とやすべ(朝市五色丼)

160208magoyasu

ここではカニorホタテの選択を迫られる。1500円税込にしては

リーズナブルな印象

2.恵比寿屋食堂(七色丼)

160210ebisuya

七色丼で7にはつられるが、玉子焼と数の子で期待に応えた7なのか?

と思うわけ。ただし、サービス感はあり。でもカニは棒肉、ほぐしのかぶり。

そしてうに、なし。

3.いくら亭(函館漁火丼)

160218ikuratei

見た目鮮やかは好感。バラちらしっぽい。でもサーモン、いくら、ほたて、カニほぐしの

4色…。いくら亭なので、いくらははずせない、というところね。

4.きくよ食堂(鮭親子丼)

160222kikuyo

海鮮丼そのものが1500円で成立しなかった海光房と比べれば、

ややマシも、二色の鮭・いくら親子丼までしか成立せず。(税込1275円)

せっかくの有名店なら、この鮭ほぐしにこだわりを見せてほしかった。

焼きたて、ほぐしたてならもう100円乗っけても、個性が出ると思うけど。

そして有名店ほど外税、な気がする。

5.味鮮まえかわ(五色丼)

160224maekawa

同じ五色でも真ん中のウニのアピールと甘海老3本は迫力。

でもそのぶんいくらは抑え目。サーモンは明らかにノルウェー系の

ものでしょう。この時点で…恵比寿屋食堂、まえかわ、あけぼの食堂は

「ハピリカ」(JAL機内で配られるフリペ)的にも同列なのか?と思っておりました。

レベルはそこそこ高し。

6.あけぼの食堂(5・5キャンペーン丼)

160229akebono

同じ五色丼でも、あけぼの食堂は白身魚だし、(生)たらこだし、

いくらはないし…ちゃうちゃう。そこは選択肢が豊富な中から

自ら選択してこの丼。ここまでのうに・いくら至上主義に疑問が

湧いてきていたから、意図的にこういう五色を選んだだけ。

客対応と、選べる感、そしてキャンペーン系メニューと

思われるのにハピリカ利用可(5%引)のところが評価ポイント。

細かいこたあ気にしねえ、もってけ泥棒的な潔さを感じました。

7.櫻桂(横丁丼)

160308oukei

その流れの中で、やや時間帯をミスり、再びどんぶり横丁で

探すとするか…と戻ってきたこの店で落胆。活気がない。

お客がいないのは時間帯(午後1時すぎ)とも受け取れるが、

いかにも昼休憩入りそうな勢い。当該記事でも書いたが、

提供された器の並びにキンチョー感がいちばんなかった。

さらに言うならなぜかウニがセンターじゃない。深い意味はないかもしれないけど、

ここまで来て、函館の海鮮丼のサーモンが気になる。ここで価格調整じゃないの?

道東へ行けば鮭系がウリで4~5種類、ピンキリである。「サーモン」という限りは

大西洋産の輸入ものの可能性大。この店じゃなくね。

8.あぶや(五色丼)

160311abuya

最後は思い切って、マイナーな店、最優先にならなそうなお店で締めを画策。

ここは普通の居酒屋で昼11時から営業なので、出遅れたときはオススメでしょう。

12種の具材から選ぶ五色丼が1500円。

160311abuya_5shoku

しかもラインナップにはうに、あり。

うにのありなしなのではなく、量で調整できるうに

なんだから、除外する必要はないのです。

つぶ、と、ほっきはこの店で初めて選択可能だった。イカもここに

加わる店は珍しい。はこだて自由市場・市場亭のように

「イカは一パイ単位が誠意」という考え方もなくはないけど、

じゃあそれが主流かといえば、そこまで決定的ではないからね。

夏にイカ刺し定食を食べたどんぶり横丁の茶夢なんかはそこにこだわっていなかった。

ちなみに9種から選べる二色丼にはうにはラインナップされず。

160311abuya_2shoku

で、自分の中の評価は…

160329kaisendon_lup

定食の1・6と二色丼の5を除いて基本はすべて税込み1500円でした。

そこでありそうでなさそうな差は具材のみならず、接客・店の雰囲気、

選択の自由度が総合されると思うのです。

基本、うに・いくらから始まる人気具材が揃っているから評価が高いわけではない

ということがわかります。

各店で差があるのは1500円と予算を決めた場合の自由度とサービス度の差。

いや自由度が高いことがサービスだと感じます。

予算無制限ならこんな企画は不要。さっさと「うにむらかみ」の

最高級、無添加うに一色丼4000円へ直行してくださいな。

逆に「どうせ観光客は、うに・いくらで満足するんじゃないの?」というお店は

好感が持てません。

うに・いくら…もちろん、それを食べに函館に来たんだ!という

お客さんは3割程度なのではないでしょうか?

でもって「豪華スペシャル七色丼はいかが?」と誘われる。

もちろん個人差がありますが、

ほんとうにランチとして考える場合も予算を決めなければ、どうにでもなる海鮮丼。

2200円のうに一色丼と4000円のうに一色丼があったら、

そんなにうにの質が違うの?と思うのが、フツーの感覚でしょう。

高いんだから、いいうに使っているはず、は必ずしも正しくない。

もちろんうに専門店を標榜する「むらかみ」は別格なんでしょうけど。

観光客はそこまで深く考えないから、カモなわけです。

いいんです。うに・いくらめいっぱい!のお客さんにはそれを出す。

期待しているから。

そうでないお客さんも大事にしてほしい、函館の海鮮丼、

というそういうまとめです。

このあと、もう少しオマケを書きます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 海鮮ランチ十番勝負総括PART1…なんでも「うに」「いくら」が偉いのか? | トップページ | わかってはいたが、またしても恥の上塗り→北斗×函館。はぁ。 »

海鮮ランチバスターズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 海鮮ランチ十番勝負総括PART2…訪問の8店、イッキに総比較!:

« 海鮮ランチ十番勝負総括PART1…なんでも「うに」「いくら」が偉いのか? | トップページ | わかってはいたが、またしても恥の上塗り→北斗×函館。はぁ。 »