無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【旅回顧2015-15】ナントカとナントカは高いところがお好き。ビルカラ編 | トップページ | ★デジカメ進化に対応する★ところで、自分はどうしたい? »

2016年1月18日 (月)

★視点変換…自分にとっての「旅」は?★新鮮な東京風景

さて、更新ラッシュも一段落。

2016冬タビ第一弾、がまとまるまでの流れを考えています。

それにしても旅ってメンタルの占める比率が大きい。

非日常に癒される。

いや、取材という名を借りて、いろいろな人に出会うのも非日常とは

言えなくもないけれど、それを後日まとめて「商品」に仕上げるのは

ストレス。勝手な「作品」ならいいのだけれど、オーダーに則った

商品でなければプロはいけないからねえ。

でもって、経費の精算だとか、最終的な損益だとか、ストレスの種は

ごまんとある。

つまり、それをある程度外れて自由な動きができれば、

それはどんな場所でも、東京でも地元でも立派な旅。

マンネリの日常に変化をつけられさえすれば、それは旅なんだよね。

新鮮に感じられないのがマンネリ。

新鮮に感じたら写真を撮ってみよう。

小さな旅が完成する。

なーんて思って、何回かにわけて東京近郊の写真を紹介。

北海道からわざわざ行く人たちにとって、これは旅の参考資料。

遠い外国から来る人々にとっても、あこがれのJAPAN。

でも、軸足が品川区にあっても函館市にあっても、

受け取り方によっては旅、成立。

これは撮らねばいかん!と思う絵。見慣れてマンネリの絵。

人によって見事に違う。

東京ではキジバトやユリカモメを撮っちゃうけど、

函館でドバトやオオセグロカモメは撮らないのといっしょ。

160117kinryuzan

あの有名なでかい提灯を下から見上げる。金龍山とある。

160114yurikamome4

水兵さんは皇居のお堀にもいらっしゃいます。

いつもは同じ名前の自動運転電車にしか乗らない

都民も多いよね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

ランキングサイトに参加しています。いずれかのバナーをポチっと、よろしくお願いします。

« 【旅回顧2015-15】ナントカとナントカは高いところがお好き。ビルカラ編 | トップページ | ★デジカメ進化に対応する★ところで、自分はどうしたい? »

旅で思う」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★視点変換…自分にとっての「旅」は?★新鮮な東京風景:

« 【旅回顧2015-15】ナントカとナントカは高いところがお好き。ビルカラ編 | トップページ | ★デジカメ進化に対応する★ところで、自分はどうしたい? »