無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【函館リアルタイム】とうとうわかりました、ウミアイサとカワアイサ | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(36)★両店制覇→小いけ本店のカレーはまさに… »

2016年1月 9日 (土)

【旅回顧2015-7】意地になって訪ねた水族館。その数13

実は2015水族館ツアーの最初は

5月の新江ノ島水族館というスロースタート。

それでも2回目の訪問も含めて13館を訪ねました。

15/11/12 アクアワールド大洗水族館(茨城県)
15/11/11 鴨川シーワールド(千葉県)
15/11/17 東京都 葛西臨海水族園(東京都)
15/05/21 しながわ水族館(東京都)
15/10/06 東京タワー水族館(東京都)
15/05/27 新江ノ島水族館(神奈川県)
15/10/29 京急 油壺マリンパーク(神奈川県)
15/09/15 上越市立 水族博物館(新潟県)
15/10/02 海遊館(大阪府)
15/09/03 島根県立 しまね海洋館 AQUAS(島根県)
15/12/16 海響館(山口県)
15/12/16 海ノ中道マリンワールド(福岡県)
15/07/15 大分マリーンパレス水族館 うみたまご(大分県)

もうこれだけ行くと、水族館のどこが差別化になって、

リピーターを呼ぶか、感覚的にわかってしまうわけですな。

現場100回、何よりも場数。

この中で「再訪願望」が強いのは、

鴨川、新江ノ島、油壷、アクアス、葛西の5か所。

イワトビペンギンでお気に入りの油壷が基準施設なので、

それで考えると葛西が掘り出し物でした。

151117penguin_feed05

餌がもらえず、ふてくされるイワトビたち。

151117eto_kasai3

水槽のガラスに向かってひたすら突進のエトピリ君。

イワトビ+エトピリカのコンテンツが強力。

鴨川の海獣ショーは他の追随を許さないし、新江ノ島もなかなか考えた展示。

151110shachi_3v

鴨川のシャチのトレーニングは一朝一夕じゃないから。

ペンギン一羽一羽に名前がついているのは「シンエノ」だけですよね。

150527enosui_humborfam

150527enosui_dolphin

ロケーションは不利ですがアクアスのシロイルカも単体で客を呼べる仕上がり。

150903double_ring

2頭のシロイルカによるダブル・バブル(リング)

でも、やっぱり葛西の種族間競争をあおる合同展示は「むむ?」という感じでした。

フンボルト、イワトビのせめぎあい、エトピリカとウミガラスのせめぎあい。

これはスペースの都合かもしれませんが、ほとんどの水族館で極ペンギンたちが

いっしょくたにされているのとはわけが違います。

訪問13館の中でがっかりしたのは、東京タワーは論外として、やっぱり海響館。

そして海遊館。ネーミングかよ、みたいな感じですが、市場背景も予算規模も全然

違う2館ですが、常に改善、のイメージがわきません。

大分のうみたまごも最後の最後になぜナマケモノ?みたいな。

水族館でナマケモノ?

通りをはさんだ高崎山のサルたちが強力コンテンツであるだけに、

入場料も含めて大きなハンデになっています。

上越もかなり貧弱な施設ですが、これも市営ということでなんとかしようという

努力が指定管理にあらわれていて応援したい施設。

水族館は新潟市にもあるので、市場背景的に厳しいのはわかりますけど、

だからこそできることもあるのではないでしょうか。

水族館ができることは施設の中だけじゃない気がしますよ。

地元小学生たちの理科教育の拠点としてもっともっと機能させたら

どうでしょう?

ペンギンとウミガラスの区別がつかない大人がたくさんいますからね。

16年は鳥羽を再訪予定。

それから、15年9月旅で天候理由でパスした仙台のうみの杜にも行こうと

思ってます。

昨今イルカショーだけで集客するのは厳しいし、いかに小学生とその親を

巻き込むかのアイディア比べになってますよね、水族館。

コツメカワウソも一大ブームですが、かわいいだけじゃなく、それぞれの生き物の

特性をしっかり伝える展示をがんばってほしいです。

個人的にはエトピリカがもっと広まってほしいところ。

水中を飛ぶのはペンギンだけじゃないわけです。

メジャーどころは制覇しましたが、まだまだ中小の気の利いた施設はあると

思うので、気長に行脚したいと思ってます。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

なかなかマネのできないブログがたくさんありますねえ。いろいろ参考になるなるっ!

« 【函館リアルタイム】とうとうわかりました、ウミアイサとカワアイサ | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(36)★両店制覇→小いけ本店のカレーはまさに… »

過去旅メモリアル」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【旅回顧2015-7】意地になって訪ねた水族館。その数13:

« 【函館リアルタイム】とうとうわかりました、ウミアイサとカワアイサ | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(36)★両店制覇→小いけ本店のカレーはまさに… »