無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★ドコイク函館ランチ(38)★宝来町・てんやの上天丼 | トップページ | 【旅回顧2015-14】ナントカとナントカは高いところがお好き。ヤマカラ編 »

2016年1月16日 (土)

【函館リアルタイム】絶滅危惧種コクガンに出会えた幸運?(2)

延長戦とはいえ、すぐに翌日、条件が整うとは思わなかった。

善は急げ。たしかネットで見かけた野鳥写真では2013年の写真として

相当な数の群れで飛来しているようだ。

絶滅危惧のキモは、北の繁殖地で生息条件が悪化しているのだ、という。

せっかくの越冬地の条件悪化は避けねばなるまい。

絶滅危惧種様を丁重におもてなしするのが、わが函館としての礼儀だろう。

いつもの河口から歩いて40分。意外とかかったが、とある漁港の両サイドに

コクガンの群れを確認することはできた。

160112kokugan2

しかしながら、少数。複数のつがいが6~8羽の単位で散在している。

総計20羽ちょっと。これで全部?

160112kokugan3

そのうちの分派の2羽が河口へ飛来したのだろう。

市内とはいえ、いまどきコンビニが一軒もない漁村の体。

かまおうとする人間たちも見かけないので、この放置されている環境が

コクガンたちに適しているのか。

リラックスしているガンたちは上陸するもの、波間を漂うもの、さまざま。

160112kokugan4

しばし観察しているとやっぱり得意なのは「サーフィン」なのだ。

コクガンたちはサーファー。

少し見ているとその理由がわかる。打ち寄せられる昆布などの海藻を

波間から狙っている。そのためにひらすら波に揺れているのだ。

160112kokugan_surfin

波間で海藻狙いが「彼らの仕事」である。

これが基本、つがいの2羽単位で波間に揺れるため、撮影する側の

心が動く。

カモたちとは全然違う、水鳥の生態パターン。

近所にはカモメ、カラス、そしてマガモもそれなりにいるが、

まったく独立した行動を取っている。

残念なことに海は南側なので、すべて逆光。

できるだけ角度がつくように、また陽が陰ったタイミングでも

狙ってみたが、やはりこのカメラ性能では「黒」が出ない。

双眼鏡で観察しているほうが5倍くらい素敵な鳥だ。

この日、数えた20羽が全数でないことを祈りたい。

漁港が工事中だったので、それを嫌って周囲の河口に仲間たちが

分散しているのなら、もう少しは飛来しているか。

それにしても50羽には届きそうもない。

たぶん函館市民の99%は彼らの飛来を知らないと思われる。

それならそれで、そっとしておくのがよいのかもしれない。

時間帯、天候も含めて、船で沖から狙うのでなければ、

撮影条件がこれ以上、好転することは望めないから。

川で潜って、川底の水草を狙うカモたち、波消しブロックにくっついた海藻を

剥ぎ取って主食とする別のカモ集団。カモメなどは遡上して息絶えた鮭を楽しみに

川パトロールをしている。そして、コクガンの主食は波間に漂う昆布類。

まあ、函館近辺、この食料が尽きる心配はないだろう。

そこは人間と共存ができている。

車が行きかう国道から数十秒の場所に、こんな渡り鳥たちの滞在地がある。

やっぱり少しだけ配慮が必要な気がした。

160112kokugan1

160112kokugan_mt

函館山を望む、津軽海峡に面した、寂れた(失礼!)漁港脇で

波間で必死に作業中のコクガンの群れ(写真右下)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

なかなかマネのできないブログがたくさんありますねえ。いろいろ参考になるなるっ!

« ★ドコイク函館ランチ(38)★宝来町・てんやの上天丼 | トップページ | 【旅回顧2015-14】ナントカとナントカは高いところがお好き。ヤマカラ編 »

ありがとう!函館の自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【函館リアルタイム】絶滅危惧種コクガンに出会えた幸運?(2):

« ★ドコイク函館ランチ(38)★宝来町・てんやの上天丼 | トップページ | 【旅回顧2015-14】ナントカとナントカは高いところがお好き。ヤマカラ編 »