無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« 【リアル絶賛進行中】2015FINAL乗り鉄タビ…岡山~鹿児島 | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(33)★Lamb's Ear(ラムズイヤー)→カレーを食べたい気分の日もあるでしょ? »

2015年12月17日 (木)

【函館夜景・成分分析4】市街地の構造を知る、が第一歩Part2

ここから京都シリーズが一段落しましたので、

主副を逆転させて、夜景シリーズを午前更新に変えます。

150917yakei05anly_2

これが一昨日の記事の補助線でした。

きょうはこうなります。

150917yakei05analy2_2

左側の小さな円が函館駅。右のやや大きな円が大門付近です。

そして左奥、五稜郭タワーに向かうハの字型の通り、

左側が高砂通り。右側が五稜郭公園へ向かう市電の通りです。

ポイントはハの左側が最初から高砂通りなのではなく、

八幡通りから右に分かれて、「中の橋」で高砂通りに合流しているのが、

最初からまるでひとつの通りのように見えるところですね。

(高砂通りは中の橋で右へ折れて「く」の字型です)

もうこれでカンのいい方はハート」がどこにあるかわかってしまいましたね。

でも、肉眼で見るとまたちょっと違うんです。

(なお、右側の黄色の矢印はNHK放送局の電波塔…東部、右半分を解析するときの

基準です)

基本構造編、ここで元町の坂方面へいったん振りたいところですが、

次回はこの写真で説明していない紫色の4か所の矢印についてお話しますね。

Ichikankei2_151208b

さて、ごちゃっと集まった紫色の■はいったい何?

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

なかなかマネのできないブログがたくさんありますねえ。いろいろ参考になるなるっ!

« 【リアル絶賛進行中】2015FINAL乗り鉄タビ…岡山~鹿児島 | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(33)★Lamb's Ear(ラムズイヤー)→カレーを食べたい気分の日もあるでしょ? »

函館夜景☆徹底分析」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【函館夜景・成分分析4】市街地の構造を知る、が第一歩Part2:

« 【リアル絶賛進行中】2015FINAL乗り鉄タビ…岡山~鹿児島 | トップページ | ★ドコイク函館ランチ(33)★Lamb's Ear(ラムズイヤー)→カレーを食べたい気分の日もあるでしょ? »