無料ブログはココログ

« ★伝えたかったら自ら「動く」が基本でしょう★ウザイ?ウザくて結構! | トップページ | 【函館夜景・成分分析3】市街地の構造を知る、が第一歩Part1 »

2015年12月15日 (火)

【京都・紅葉シリーズ総括(2)】関西のおばちゃんほど甘い…アメちゃんは持っているけど?

ぱっと見ると田舎者のおばちゃんは千年の都の至る所で右往左往している。

金閣寺前のバス停で、御室仁和寺に行きたいという。

地元のおっちゃんが「龍安寺も行くつもりなら、龍安寺が先のほうがいいよ」

といらぬおせっかいとすると、

「じゃあ、そっちも見ておこか。どう行くん?」

知識がないポンコツ?

そのおっちゃんは龍安寺のほうが、金閣寺から行って手前にあって

バス停からすぐ、ということを強調したかったようなのだが、

このおばちゃん集団にはまったく伝わらず。

Kinkaku_arashiyama01

↑金閣寺、龍安寺、仁和寺の並びを考えずに動いているようですよ。

仁和寺行ったらそのあとはどちらへ?

「龍安寺は行かないのだけど、仁和寺はどこで降りたらいいの?」

そりゃ仁和寺前のバス停だろう。遠いほうを先に行って、また戻るのは無駄じゃないか、

とおっちゃんの主張はかみ合わない。

でもって、そのおばちゃん連中は「立命館大学」のバス停で、

「ここで降りるの?」とパニック。「り」しか共通点がないだろうが。

(あれ?仁和寺行くと言っていたのとは別のおばちゃんグループ? 

それともやっぱり龍安寺行くの?)

どうも車内アナウンスが、龍安寺はこの次、とか余計なことを言ったらしい。

情報取捨能力に欠けていて、これが必ず一人でなく複数で行動しているのが興味深い。

清水寺でも同様なことがある。

151201kiyomizuzaka

151201sanneizaka

151201ninenzaka

↑上から順に清水坂、産寧坂、二年坂の混雑。12/1午後4時すぎ。

昼間の拝観は17時半で閉門。夜間拝観は18時から。

自分の場合は15時頃に入って、西日に映える紅葉を撮ってから、一旦、

清水坂、産寧坂、二年坂と下って、連日の高台寺へ。そこで入場せずに

茶店で団子を食べながら清水に戻る時間を探っていた。(前述済み)

とはいえ、1時間も団子を食べていられないので、灯りのともった二年坂、

産寧坂の風情を楽しみながら、カドの七味亭まで来たときのことだ。

門前町に清水寺からの放送がかかる。

「まもなく閉門です」

時計を見たら17時20分。まだ少し時間がある。

すると七味亭の前のおばちゃん4人

「あと10分しかないんやて。どないしょ」

(間違いなく関西弁でした)

関西の方には申し訳ないけど、京都が大阪を見下す理由は

ここにあるんじゃないか?

そのあと放送が

「なお、18時からの夜間拝観の受付は並んでください」

というのだが、全く耳に入っていない。

清水坂に入って門のほうへ向くと、長蛇の列。

ばーか、40分も並ぶかよ。

少し坂を上った先に八ツ橋シューのお店があるので、

そこで再度のティータイム。(これも前述済み)

ブログを更新しながら、時計を見るとあっという間の18時40分。

夜間拝観受付の列はきれいに消えていましたとさ。

永観堂で学んだから、ね。

残念だが彼らのアタマには「京都に行く」しかないのだろう。

それでその先、は深く考えていない。

仲良し4人組で、はたまた夫婦水入らずで、旅をするのが目的で

観光地を効率的に楽しむことなど頭にない。

もしかしたら、混んでいて疲れる、すら頭にない。

でもね、そういう人たちだけをあてにして観光商売しているのも

どうかと思うわけだ。

いずれにしろ、京都には膨大な症例が埋まっている。

「観光を学びに京都へ行く」

ベタだけど意外にこれは大事だと思うね。

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へにほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へにほんブログ村 旅行ブログへ

なかなかマネのできないブログがたくさんありますねえ。いろいろ参考になるなるっ!

« ★伝えたかったら自ら「動く」が基本でしょう★ウザイ?ウザくて結構! | トップページ | 【函館夜景・成分分析3】市街地の構造を知る、が第一歩Part1 »

紅葉ハンター2015」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« ★伝えたかったら自ら「動く」が基本でしょう★ウザイ?ウザくて結構! | トップページ | 【函館夜景・成分分析3】市街地の構造を知る、が第一歩Part1 »