無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★ドコイク函館ランチ(29)前編★プチコション→過去最高の満点ランチ、まで思い詰めるも | トップページ | 【函館観光定番スポット?】ミシュランの星をいいことに?ちょっと待て待て »

2015年11月14日 (土)

★ドコイク函館ランチ(29)後編★プチコション→遠足は帰宅するまでが遠足

後編です。オードブルの段階で期待が膨らむ。

自分の採点基準は(今まで辛すぎたので)この店のせいで修正なのか。

料理を待つ時間も何か、手持無沙汰ではなく、

ゆるやかでかつ期待に満ちた時の流れに思えてくる。

メイン料理。

151106p_cochon_d2f

予告された通り、左にブリのソテー、トマトソース。

右にパイを敷いたブリの叩き(半生)。

パイ仕立てにはアマランサスのソースが仕込んであるという説明。

アマランサス?またまた未体験ゾーン。

そして真ん中にはご覧のようにムール貝。敷いてあるのは青梗菜。

白いのはこれも半生のイカ。

おっと、これは函館らしい。味のバリエーションが豊かなひと皿。

パイ生地の上のブリの叩き…。こちらの甘めのソースと、

ブリのソテーのトマトソースのスパイシーな酸味。素敵なコントラスト。

どんどん幸せになっていく。

デザートの前に登場したのはブリュレ。

151106p_cochon_d3br

出来立て。

焦げたキャラメルの層がスプーンに抵抗する厚み。

いま焦がしたキャラメルの熱と、ブリュレの冷たさが絶妙に混じり合う。

できたて、いいよね。

そしてデザート。デザートはシェフ自らワゴンを持参して説明。

7種の中からお好きなものをぞうぞ。

151106p_cochon_d4ds

↑シェフ自身の盛り付けがこれ。ということは4種め、5種めを希望してもいいみたいだな

全部ひとくちずつ食べたいです、という客が多いのでは?

洋梨のタルト、プリンのマーブルタルト、プルーンのスパイス煮の

3種をチョイスする。

プルーンの煮汁から黒胡椒がポロリ。

食べる順番に悩むこれも幸せな時間。これ、ひとつずつ片づけていかないと

いけないよね。

151106p_cochon_d6dis

↑いつものポイントで「ここまで来ておや?」と。まさか?

この店をもっと早く訪れていたら、全体の採点基準に影響したんじゃない?

などと考えながら、100点満点もあるか?と思いながら、

レジでの精算する際の、賞賛の言葉を探す。

「とてもおいしかったです。舌に刺激があったばかりか、脳にも刺激を受けました」

ごくごく正直にそう言ったのだが、レジでの反応は???

あれ?すべったか?

「ごちそうさまでした」

を告げる、その瞬間、見てはいけないものを見てしまったんですね。

というかそれが減点材料そのもの。(でも、注意深く見ない人には関係ない事)

いまいちインパクトに欠ける料理をデザートが救う、というパターンは

ありますが。デザートまで感動させておいて、精算時に「!」となることも

あるんだなあ。初めて知りました。

94点。

それでもルクリマの上を行く、でいいのか悩むけど、あの日の自分の採点は94。

そこは間違いがない。

100へ突き抜けるのと、やっぱり94止まりなのと、大差はないかもしれないけどね。

でも思い返して、

・船上で活〆の説明、ムカゴ、アマランサス、デザートワゴン

すべてが練られたシステムだとしたらどうでしょう?

さらに場数を重ねると、そこの不明瞭な部分が見えてくるはず。

当然クリスマスと年末の予約はいっぱいらしいですけど、この日に限っては

先客のご夫婦しか見かけず、長閑なランチタイム。

このペースで1日3、4組だったら、やってけないでしょう。

たまたま、ですか?

こんな店、特別の日にしか行きません、でしょうか?

きっとその答えもいつか出る。

151106p_cochon_ent

 


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« ★ドコイク函館ランチ(29)前編★プチコション→過去最高の満点ランチ、まで思い詰めるも | トップページ | 【函館観光定番スポット?】ミシュランの星をいいことに?ちょっと待て待て »

ハコダテ・ランチ・アーカイブス2015-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ★ドコイク函館ランチ(29)前編★プチコション→過去最高の満点ランチ、まで思い詰めるも | トップページ | 【函館観光定番スポット?】ミシュランの星をいいことに?ちょっと待て待て »