無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★歩く元気のある人には至福の4時間★まさに日本随一の渓流美 | トップページ | 【2015近(ちか)旅シリーズ】なぜ、高尾山は外国人に受けるのか? »

2015年11月 9日 (月)

★ドコイク函館ランチ(28)★ナナパパ→野菜にこだわり、のグッドバランス

なんかでも、おっさん一人で来て、バカバカ食って、

あんまり楽しそうに見えないんでしょうか?

そうでなければ、なんか怪しい意図を裏に感じるのかなあ。

富岡町のnana-papa(ナナパパ)。

交差点の角地という好立地なので、ランチブック以前に気づいていました。

でもなんか絶対ココ!というインパクトがない。

こうして入ってみると、ラクラク合格ラインクリア、というお店は多いのかもね、函館。

だけど、その前から勝負は始まっているんだよね。

「いいんです、知っている人だけ評価してくれれば」

なーんて、みんな謙虚なの?

エントランス的には前にも書いたように

「おかしなことにはなりえない」安心感があるお店なのですが、

12時20分の入店で、先客ゼロ。立て続けに3組登場しましたが。

なんで、予想点は低め、で料理を待ちました。

ランチメニューのトップが「パスタランチ」というのも「待てよ、待て待て」なカンジ。

オーダーしたのは、「魚介コース」1800円(税込)。

まずは前菜。

ちょっと逆光で撮れていないけど、

151104nanap0

北斗市産ナガイモのタラコクリーム和え、サーモンとクリームチーズのテリーヌ、鶏モモ肉のスパイスハム、高坂農園・恵味ゴールドのコロッケ、牛スジと舞茸のパテ、木古内沖ヒラメのカルパッチョ。

まあこの中で高坂農園、恵味ゴールドは何だ?ってことになりますが、

北斗市では有名な農園のスイートコーン、早い話がコーンクリームコロッケなわけです。

しっかりこだわり出しているのは好感。続いて魚介の皿。

151104nanap1

この日は噴火湾産のアイナメのソテー。手堅く皮目はパリっと、クリスピー。

もちろん添えられた野菜が秀逸。姫人参やナガイモがこう白身魚とコラボする

体験はなくて、この前のラ・ターチでは「たっぷりの生野菜」でしたから。

白身魚のソテーにクリームソースというパターンはけっこう初めてではないものの、

野菜の組み合わせによって印象は変わります。

昭和生まれの函館っ子としてはアイナメ→アブラコは懐かしいと思うわけですけど。

いつの間に高級魚になった?となるんですが。

ここまでは順調。そして最後のデザートは3種。

151104nanap2

みやこカボチャと黒大豆のカスタード煮、アプリコットノババロア、

キャラメル風味のカタラーナ。

この順に食したわけなんですが、カボチャ×黒大豆はそこいらのスーパーの

カボチャサラダのヨーグルト味とは別格の品のいいカスタード。黒豆は

TAKA五稜郭で抹茶風味のカタラーナでコラボしていたんですが、今度は

カボチャと仲良く。アプリコットのババロアにはラズベリーがトッピング。

ここまではホントに順調。

最後のカタラーナ。粉砂糖がかかっていて、当然スプーンで挑んだわけですが、

あわやパチーンと皿の外にすっとばしそうになりました。つまり解凍不十分。

カタラーナは融けかけがおいしい、わけですが、さくっとスプーンが入らず、

口の中で溶けるのはちょっと惜しい。

もちろん当日作るデザートではありませんから、ちょっとした気遣いでしょうよ。

ほんとに惜しい。

となると、電子レンジでパンを温めるチン、の音も書きたくなる。

総合評価は83点で合格ラインをクリアしているわけですが、

最後に減速。

ちなみに、精算レジで「ランチブックの見本誌はちゃんと送られてきました?」と

いきなり聞いたので「関係者の方ですか」と返されました。

いや、席で本を出してチラ見している様子を見抜かれていたと思いきや、

「それウチの本ですよね?」

は?自分のカバンから出して、資料も挟まっていますけど?

最後のコミュニケーションもとても残念。

接客はシェフの奥様でしょうか。

いかにも怪しい客かな、という自覚も、意外と観察されていなかったというオチ。

入り口にランチの内容と価格はあったほうがお客さんが安心しますよ、

とすっかり伝え忘れて店を出てしまいました。

そんなに望むレベル、高いですか?ってね。

観光客でも喜ぶ地元に受けている店、というテーマは、

「こんなんで函館市民は認めているの?田舎くさ」となってほしくないからです。

ということは、この日、スルーした7軒はいったい何なんだ?

いずれにせよ、このランチレビューではちゃんと比較基準を設定していて、

味そのものもそうですが、それ以上に「キモチ」を重視しているので、

85点ぐらい、さっさと取りましょうよ、ね?

ちなみにここの池田シェフは函館イカナポリタン十勇士のひとり、とか。

ランチレビューは今後、海鮮、イカナポリタンへと進むはずなんで、またどこかで

お会いできるはずです。ハイ。


にほんブログ村

ランキングサイトに参加しています。上のシロフクロウ・バナーをポチっと、よろしくお願いします。

« ★歩く元気のある人には至福の4時間★まさに日本随一の渓流美 | トップページ | 【2015近(ちか)旅シリーズ】なぜ、高尾山は外国人に受けるのか? »

ハコダテ・ランチ・アーカイブス2015-」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ★歩く元気のある人には至福の4時間★まさに日本随一の渓流美 | トップページ | 【2015近(ちか)旅シリーズ】なぜ、高尾山は外国人に受けるのか? »