無料ブログはココログ

It's a Fine View!!!

  • 151218fuji_yokohama
    美しい日本の景色…降り注ぐ陽光、俯瞰の眺め、夕景・夜景 「そのとき」を切り取った写真集

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

橋たち

  • 140811nusamai
    橋も決して「目的地」ではありません。目的地へ向かうための「通過点」。にもかかわらず、なぜこんなに印象が深いんでしょうか? 建造物としてのフォルムに魅かれてしまうわけですよね?

アニマルズ&バーズ

  • 151228aosagi_snow
    動物園、水族館に立ち寄るとつい写真をたくさん撮ってしまいます。野生動物に遭遇することは少ないですけど、けっこう動物写真は癒されますね。とか言ってここんとこ野鳥写真がどんどん増えています!

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★ドコイク函館「朝食」(22)★茶夢からイカ刺し入門編で、よろしく! | トップページ | ★宿考(4)★東山温泉・くつろぎの宿新滝…それは詰めが甘すぎる! »

2015年10月 9日 (金)

★函館の坂<第9回>魚見坂(うおみざか)★高龍寺、外国人墓地、そして夕陽

函館坂物語。第9弾まで来ました。

それにしても坂数を18とか19とかカウントしたのは誰なんでしょうね。

回が進むごとに、最後はどうまとめようか悩みが大きくなりますな。

で、今回は魚見坂(坂番号の1)ということで。

市電・函館どっく終点へを下りていく、確かに坂の部分はあるんですが、

基本的には高龍寺の通り。

150820_1nanasaka

(左端No.1の坂が魚見坂)

由緒正しいという点では市内で三大寺院の筆頭とも言える高龍寺は、

1633年創建の曹洞宗の寺院で、1879年から現地に。

高龍寺からずっと遡っていくと外国人墓地を経由して

穴澗(あなま)方面、函館山の裏手(西南西側)のほうへ道は続きます。

函館港の湾を出たところに停泊する、大小の船舶を眺めることができ、

西向きなので晴れていれば、絶好の夕陽スポットが待っています。

140721yuhi_from_myhkd

(函館山山頂から同方向の夕陽…14/07/21撮)

外国人墓地のはずれにある、カフェテリア・モーリエ

旧函館検疫所を改装したティーショップ夕日

なかなかの人気のようです。

ということで、

山からの坂の風景ではない、ところが異質なNo.1魚見坂なのでした。

150929_01uomizaka

150922koryuji

↑高龍寺の立派な山門。

150922_hna01uomi

150922_hy01uomi

↓最近人気の

150929tea_yuhi

この日は入港していた、豪華客船サファイアプリンセスと

駒ヶ岳が競演。函館山の北側に回り込むほどによく見える駒ヶ岳。

150929saphire_princess_komagatake

(参考画像↓駒ケ岳を大沼込で見た絵…09/10/12撮)

091012komagatake


150929ceme_line2

港を見下ろす、外国人墓地。

対岸には北海道新幹線の高架が見える。

これが「最新」(2015年10月現在)です。

洞爺丸台風のときも港を見下ろしていたこの墓地は

青函連絡船の終わりを見届けて、

今度は本州からの新幹線を迎えるわけですね。

(なーんちゃってうまくまとめたつもりでしたが、見えてる高架のラインは国道228号のバイパス、だったようです=訂正15/10/23)

にほんブログ村 地域生活(街) 北海道ブログ 函館情報へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 北海道旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 国内旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

ランキング参加中です!どれでも好きなバナーをクリックしておいていただけると助かります!

« ★ドコイク函館「朝食」(22)★茶夢からイカ刺し入門編で、よろしく! | トップページ | ★宿考(4)★東山温泉・くつろぎの宿新滝…それは詰めが甘すぎる! »

函館坂物語19プラス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ★ドコイク函館「朝食」(22)★茶夢からイカ刺し入門編で、よろしく! | トップページ | ★宿考(4)★東山温泉・くつろぎの宿新滝…それは詰めが甘すぎる! »