無料ブログはココログ

« ★2015ナツタビ2(2日め-1)★長門市、仙崎、青海島 | トップページ | ★2015ナツタビ2(3日め)★津和野 »

2015年8月 5日 (水)

★2015ナツタビ2(2日め-2)★萩市内観光

無事チケット予約をすませ萩へ戻ります。12時57分の山陰本線益田行きは臨時列車。

この便がないとバスの時間は観光船乗り場11時38分、東萩着12時53分なので、

うまくいかないのです。真っ只中の夏ダイヤ、バンザイ。

列車の東萩着は13時35分。ここから夕方まで市内観光、時間はまあ十分でしょう。

レンタサイクルが強い味方です。

まずは松陰神社から。松陰神社→伊藤博文旧宅→明倫館→山形有朋像→木戸孝允生家→

高杉晋作像→菊谷横丁→萩城址と回ります。

150729shoinjinja

↑松陰神社、著しい観光地化

うーん、はっきり言って旧宅は興味ないなあ。ずっと住み続けていたわけじゃなくて、

ここにあの地元のヒーローが生活していたんです!な名所なんだよね。

もちろん保存するのにコストはかかるし。そういう名所、市内にたくさんあるなあ。

でも一応、城下町は世界遺産の一部だから。

150729hagi_ayamagata

↑山県有朋像(第3・9代内閣総理大臣)1838年生まれ

150729takasugi

↑高杉晋作像(1839年生まれ)

150729hagijoushi

それより萩城址ですね、行ってよかったのは。自転車でそのまま中に入れるし。

150729hato_hagi

↑萩城址のハト

鳩の写真はたまたまですが(逃げなかったんで撮ってみた)、

展望台からの絶景がコレとは!

150729kikugahama

萩で一、二を争う絶景でしょ。毛利輝元の萩城は海城でしたか。

指月山を選んだのは守備重視ということでしょうか。

こういう眺めはまったくもって大好きです。

自転車移動とは言え、真夏の日差しにだいぶ消耗。最後に萩八景の観光船という

選択肢も残しましたが、予想できる絶景がかぶるということもあり、

着替えが尽きたので、途中のスーパーに寄って調達、

自転車を返して宿に戻りました。もう循環バスの時刻が頭に入っているので

東萩から宿へ戻るのもラクラク。

で、普通はコレで2日目が終わるのですが、予定外がこの眺め。

150729hagi_yukei

↑中央右の盛り上がったところが萩城址のある指月山

有料520円ですが(宿泊客以外もOKも実質宿泊者のみの特権?)宿・萩本陣の裏手にある

吾妻山(標高173m)に奥萩展望台を開発し、そこからの眺めが秀逸。足湯もある。

意外と知られてない? 夕陽の時間を調べて来ればもっとよかったかも。

« ★2015ナツタビ2(2日め-1)★長門市、仙崎、青海島 | トップページ | ★2015ナツタビ2(3日め)★津和野 »

行程詳細・エピソード」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ★2015ナツタビ2(2日め-2)★萩市内観光:

« ★2015ナツタビ2(2日め-1)★長門市、仙崎、青海島 | トップページ | ★2015ナツタビ2(3日め)★津和野 »