無料ブログはココログ

現存十二天守プラス

  • 150902matsuejou1
    城=天守閣が気になりだしたのは最近。年齢ですかね。まだまだ初心者なのでスタンプラリー感覚。少しずつ深めようかと思っています。

lighthouses

  • 150901hinomisaki_todai
    岬の突端に必ずと言っていいほど立っているのが灯台。「ここまで来た」と納得の証拠写真にはもってこいだったりするわけで。

ダ~イナミック!

  • 140812oshinkoshin
    自然と人間が織り成すダイナミズム。こんなものを作った、こんなとこまで見に来た…そんな印象深いシーンを集めます。まあ、スケール感では国内限定ではたかが知れてますが、バカにしたもんではありません。

« ★旅×グルメ×満足→自分★さあ、万人が共有できるのか、できないのか。 | トップページ | ★意識を高める…できない★できなくても、やる!慣れる!しかないじゃないか! »

2015年6月16日 (火)

★休日に適当に金を使う=旅ではありません★貧困な文化を許容するか否か、で。

某所で繰り返し「柔軟な発想の具体例」を検索している奇特な人がいるんだけど、

まさに自分と違う価値観の人の受け取り方を聞いてみて「差分」を考えることこそが

大切なんじゃないだろうか。

でも、多くは

「自分はそう考えたことがない」止まりで

どう考えるも、ここが意見が分かれるも何もない。

もてなされるときの不満は、もてなす側に立ったときに反映されてしかるべきだけど、

どうだろう。

さて、JALの機内誌スカイワードに浅田次郎氏が連載を持っていて(つばさよつばさ)

6月号はちょうど温泉の話。月が替わると真っ先にこのページを読む。

今月は厳選十湯・取材つきという企画につい乗ってしまい、入浴シーンも撮影される

という醜態?をさらしてしまったエピソードが紹介されていた。

確か、この浅田次郎氏は生粋の東京っ子。家柄もよろしかったと記憶しているが、

彼の言う厳選十湯はすべて温泉と旅館のペアらしい。言い換えれば湯船と料理のセット。

それが出版社の経費で楽しめるならば、そりゃ作家になってよかったよかった、という話だ。

旅行=非日常で、温泉は料理とセット。そりゃぜいたくでしょう。つまり旅=贅沢。

贅沢をしに自宅を離れる。

自分は必ずしもそうじゃないと思う。

だって贅沢するだけなら、贅沢=浪費で事は済む。

正確に言えば「浪費」と認識した時点でケチの虫が頭をもたげている、ということでもあるが。

非日常と贅沢をいかに分離するか。

もちろん重なりも一定程度あるにせよ、最低限の予算でめいっぱい楽しむ、が庶民の旅ではないのか?

健康ランドで満足するか、格安ツアーに応募するか、そこに妥協点は存在するはずだ。

はっきりしているのは温泉街のど真ん中で生まれた自分にとって、

温泉は日常だし、豪華な料理はついてこない。

もしもそうじゃない人のほうが多数派ならば、この価値観はわかるまい。

その旅行者は予算に見合った豪華な料理を判断する舌をお持ちか?

東京下町の料亭のほうが料理としてはよっぽど一流だし、非日常。

最終結論はまだ出さない。

誰かが言った。

北陸=新鮮な魚介のイメージ。

なんという貧困な発想だろう。

ダメな都会人こそ、マーケットの餌食になっている。そういうことだろうか。

« ★旅×グルメ×満足→自分★さあ、万人が共有できるのか、できないのか。 | トップページ | ★意識を高める…できない★できなくても、やる!慣れる!しかないじゃないか! »

温泉の魅力とは?」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« ★旅×グルメ×満足→自分★さあ、万人が共有できるのか、できないのか。 | トップページ | ★意識を高める…できない★できなくても、やる!慣れる!しかないじゃないか! »