フォト
無料ブログはココログ

スポンサードリンク

シリーズ「馬券」探偵

2016年5月 1日 (日)

最終的には「休みの日にすることがない若者」なわけだ。

きょうのポンコツ馬券。

最前列に遅れて座った時点で

「だな」

ということなんだけど、ポンコツに年はカンケーないもんな。

20代でしょう。

横でガツガツ的中絶叫をぶちかましてやりました。

すると、G1が始まるのを待たずに、

この状態で離席、消滅。

160501pk2

マナーがなってない。

と同時にレベルがわかるわけ。

残った馬券はコレ。

P1605011

まったくの一貫性なし。

当たればいいんだろ!馬券ですな。

どうしてみんな期待通りなのかね。

順序立ててものごとを考えることができないんだろうな。

なんとなくお金が増えそうな馬を買っているだけ、

ってことに気づかないかあ。

それにしても立つ鳥あとを濁しっぱなし。

果てしなく湧いてくるよなあ、彼らって。

マニアック競馬ANNEXはこちら。

2016年3月28日 (月)

【いつものポンコツ道場】やっぱり友達は友達。俺は俺。3人め

2人で競馬場に来て、ここが惜しかった、

どうだったの会話がないっていうのは、そういう筋道だてた

買い目構築をしていない、というわけだ。

コンピュータ馬券で、「よし軸馬来た。当たりの買い目はあるか?」

というスクラッチくじのような、その感覚がやみつきなのでしょう。

確率を考えたら100分の1もないと思うけどなあ。

で、その強者の相方。

この人は中山最終までいた。でも集中力はブッツブツで最後は

スマホでゲームして、レースなんか見ちゃいない。

だって、スクラッチくじの相方、だもの。

160327p2a

160327p2b

160327p2c

これね。こういうのは割とよく見るけど「ナンチャッテ馬券」なのだと

思うよ。ちゃんと買っているふうに見せていて、主眼は「購入金額を押さえる」

ことにある。どうやって的中させて、払い戻しを増やそうかの工夫はかけらもない。

もうね、この馬券探偵しか分析・評価してくれない、のはわかってないんじゃないの?

いちおう最低限、参加してます、というスタンスで1日競馬場で座っている。

まさか、連れが先に帰ったから、自分も!と言いだしそびれた、とか?

ハズレ馬券の山、32600円。

相方よりは控えめのように見えて、逆に「可能性」は低いぐらい。

やっぱりなぜチラ見されているか、察することができない、と見た。

【いつものポンコツ道場】友達は友達。俺は俺。2人め

3人の中で彼がいちばん強者です。

サイフの大きさがね。ブログ主の何倍もの金額買ってる。

しかも全レース買いの勢い。

アサイチからやってきて、BB団のいつも座っている場所を

席取。あのさあ、反対側も空いているんだから、

周囲を見て1つ2つずれないか?

どうせ、どこに座るか決まっていないイチゲンさんなんだから。

いろいろウンチクを話しながら友人と2人打ち。

以前どっかで見たことがあるような、そんな気もするが、

まあすごい馬券。

160327p1a

160327p1b

160327p1c

豪快だねえ。ハズレ馬券が84200円。でも、1・2回は獲ってた

ようだったけど。G1があるのに途中で帰ったのは用事じゃなくて

パンクでしょ?

それにしてもこんなコンピュータくじ馬券初めて見ました。

いろいろバリエーションがあるんだねえ。

三連単で軸決めて10点、って、軸何着かもCPUまかせ、なのかあ。

これで20万が来るかもしれないし、50万が来るかもしれないものなあ。

30回に1回ぐらいはね。で、残りの29回はボウズでケイバは楽しいんだあ。

途中で思考停止してCPUを頼るところがカワイイ、馬券でした。

券面の数字の密度だけが異常に濃い。

表面上は熱くならずに淡々と、ハズシつづけ、

じゃあ帰るわ。

と友達は置いて。馬券も置いて。

こういう人の前で、万馬券とかガンガン当てるの、ダイスキなんだなあ、自分。

2016年3月26日 (土)

★ホームに戻ると必ず遭遇★競馬場ではこっちの祭典

何十kmか離れた場所では「開業!開業!」って

お祭り騒ぎの土曜日だけど、

函館競馬場は相変わらずのポンコツさんたちの祭典。

本来なら「ポンコツ」のニュアンスには

愛されるダメな人という意味合いが少しあると思うけど、

ここでいつも触れている内容はそうでもない。

きょうはバッチ君のお連れ様、お二人が最前列で盛り上がり。

でも中山最終が終わったら、

「ああ、きょうは馬券買ったよなあ。23レースも買った。ほぼ2場ぶん」

ポンコツたちは海の広さを知らない。

ブログ主の本日の成績は購入36で的中12ですが?

何メートルとなりで打ってたと思うの???

はい、きょうは別の人のポンコツ馬券。

Poncotsu160326

わざとこの1枚だけ置いていったのか、

この1レースしか買わなかったのか不明ですが、

このレースってダ2000mにつき、見事な「特定オッズ」で、

堅かったでしょうに。

午前中に席を取って途中退場して、

午後からその席に復帰してこれ???

中山最終ではナナコの大逃げ見て「残ったな」と聞こえるようにつぶやく。

どんだけケイバを知らずに最前列に座るのか、

まあ感心しました。

無知って怖いけど、無関心はさらに怖い。

そしてその自分を自覚することが不可能だから、ポンコツなのね。

まあ、次から次へと湧いてくるよね。

自分以外の世界を知らず、それを指摘されると意地になる、かあ。

2016年3月14日 (月)

★SOS→ポンコツ回避不能★集まる理由は「函館」だから

むこうからはさっぱり見えていないけど、

こっちからはよく見える、って楽しいんだよね。

趣味悪いけど。

まあ、ポンコツにはその理由があるんでね。

見られているのに、それに気づかない。

それだけ。

何?あんただって見られてる?

そうでしょう。見られているでしょう。

見られるような行動をとっている。

にもかかわらず、それに気づかない奴らをポンコツ呼ばわりしているだけ。

160313pspapa

なんかモザイクかけているのに特徴がありすぎて、

わかっちゃうよなあ。

オシャレな眼鏡。

160313pspc_2

こんな立派なPC持ち込んで、土曜も日曜も最前列に陣取って。

そりゃあ見られているでしょう。

で、買っている馬券が

160313ppapaz

なになにPATちゃうんかい。

これで、五稜郭観光から戻ってきた妻と娘と合流。

「お父さん、当たってる」

「さっぱりじゃ」

「いっしょに五稜郭タワーのぼってくればよかったのに」

という会話。

そうまでしたい競馬がコレ。

★SOS→ポンコツ回避不能★どうしてこんなに集まるの???

有料コンテンツにばかりかまけているわけじゃないですけどね。

ほんとうに先週は中山競馬場に行かなくてヨカッタ。(きっとポンコツたちに「包囲」されていたに違いない)

そうじゃないと、有料コンテンツ配信の決心すらできなかった可能性がある。

はい、まずはスリーピーズから。

「前列に座っておいて、つまらなくて眠くなる」これはビョーキでしょう。

少しは治そうとしないのかな。

負け組もまた人生とすでに悟っている???

160312sleepys

160313sleepys

まあ女性のほうは例によって「連れ退屈症候群」なので、

パートナーに罪がある。

男性のほうは…初犯じゃなくね?前にもいたような。

問題は…

ポケットに手を入れているところ。

じゃないと慈悲の心を以て、撮影は自粛したのにさ。

さて、馬券探偵本業のほうへ。

本記事では土曜日の人から。

写真とは全然別の人です。男性30代。

160312nomore

いくら中日新聞杯が難しいレースだとはいえ、これはないんじゃないの?

これで当てようって?

この馬券を見ただけで、馬券力が一目瞭然。

三連複11種類の買い目で延べ33頭が登場して、

1着馬の登場回数が2回、2着馬の登場回数が1回、3着馬の登場回数が0回。

もっとも多く7回登場した14番は単4人気で9着、

次に多い5回登場の9番は単10人気で11着。

はっきり言って迷人です。

これでまさか「競馬って当たらないなあ」とか言わないですよね?

これがどんな組み合わせでも1点買いなら、別の突っ込み方もできますけどね。

こんなに点数を買ってこれ。

もしかしてこの日、唯一の重賞を楽しみにこの時間まで待っていたとか?

なぜこのレースだけ、馬券を置いていったのか???

2016年2月28日 (日)

★ポンコツに愛が芽生えて…★そうまでして書いてもらいたい、と???

やっぱり最近は更新する意欲が低下しているね。

モチベーションが低い。

小倉から戻った先週、

やっぱり函館のポンコツはのどかでいいなあ、という感想だった。

しかし、それぞれの皆様は

「聞く耳がない」ということなので、

ここでそれを書いてもなあ、と少し躊躇したりした。

もう少し強く背中を押してくれないと、

あまりにポンコツがありふれていて、いまさらなあ、ということになった。

フェブラリーSの終わった週に更新しなかったのはそのせい。

にもかかわらず、今週土曜日はどうしても「書いて」と言われたのでしかたなく、

最新ポンコツをここに書きたい。

この雰囲気を打破するには運営側が根本的に変わらないと、

とめどなく緩んでいくように思うんだよね。

最初、開門前から「やる気満々」の若手2人がいつもの自分の席の

左側の席に陣取った。

まずは、その「さあ、やるぞ」のテンションからして、危ないな、と即座に判断した。

彼らはため息を何度かついたあと、午前中で消えた。

ふと気づくと、また似たような年齢の男子コンビが同じ場所に座っている。

こちらも徐々にため息連発モードに。

午後2時あたりで、2人のうちのひとりは「おねむ」モードに。

Sleepys160227

まあ、短時間だったし、この態勢だから、わざわざアップしようとは

この時点では思わなかった。

でも、こんなメッセージを残して彼らは消えて行った。

160227from_sleepys

160227from_sleepys2

まったくもって、ボケとツッコミが逆である。

居眠りしていたのは阪神7レースのあとだから、

いかに集中力をなくしていたかがわかる。

ってか、キミらここへ座ったの、昼だろ?

阪神5レースは実につまらないレースで、自分はささっと馬単を

的中だけさせたけど、この片方の残した、弾けた馬券。

「ヒマだから競馬場でも行ってみる?」

「ついてないから帰ろう」

いやはや、日本の未来は暗い。

年金受給者のほうが、まだ枯れているぶん、ましだろうなあ。

馬券探偵が、メッセージ、しっかり受領いたしました。

2016年2月 8日 (月)

★まずは競馬に向かう態度から改める★競馬負け組の共通点

どこで「ポンコツ」を判断するか。

まあ、すれ違いざま一瞬なのである。

それだけ観察し続けているから、スキルには自信がある。

日曜はコレ。

160207p1

離席したあとの机の上の汚さ、と言えば

最近見かけなくなった「カツマタ君」だが、

この人物も一瞬で「ポンコツ」アピールをしていることがわかる。

矢印はハズレ馬券。

破らずに折りたたんで重ねて、最後に新聞の下に散らかしてある。

どんな買い目を買っているかと思うと、

まあポリシーのない買い目。

160207p2

160207p3

京都11がないので、さすがにきさらぎ賞は当たったか。

ほかは全敗。見事に全敗。

注目に値するのは、京都9R。断然人気のプルミラコロを切って、

2・3人気の2頭軸?と思いきや、相手にその1人気を買っている。

配当は5.8倍。まあ3点買いだからプラスになるけど、

ここに見えてなさ、が感じられる。

そしてもちろん東京新聞杯の増額。1・2人気の増額。

実はこの最前列の席には午後3時前まで別の人が座っていた。

わざわざ移動して、これだけ散らかして去っていった。

しかも、移動前の馬券もきっちりこの席に捨てていく。

もう最近はかなり自分もオーラを発しているような自覚があるので、

それに鈍感でなければ、こういう行動はできないでしょう。

チラ見、ガン見合わせて10回はしてるもん。

その「こいつ、何者?」目線に耐えての傍若無人。

そうなるべくしてなっている、ということですな。

2016年2月 7日 (日)

★函館はやはりポンコツ入れ食い★あなたには女性にカッコつける何か、がありません

ほんとうに惚れてんなら、ええかっこしなくても

カミさんはついてくるでしょう。

これも夫婦間の「確認作業」なのでしょうか?

50代の夫婦。

この年齢の男女=夫婦とは限らないけど、

そうじゃなかったら、こんな言い訳ポンjコツしてないもんな。

だからこそ最前列に座る、とも言える。

160206p2

4レースしかやってないから、けっこうあっさり退散だったんだな。

この馬券のポイントは買い目以前にある。

ビリビリに破いたハズレ馬券を几帳面に揃えて机のマークカードポケットに

残している。これだけで十分にポンコツ素養あり、だ。

しかも、折っただけのもの、2つに引き裂いたもの、4つに引き裂いたもの。

それぞれ(笑)

この程度なら馬券探偵にだって、鑑識作業は容易。

そして手先不器用な馬券探偵にハズレ馬券を復元されてしまうのです。

ちなみに買い目は500円買うのは1-2-3人気の人気サイドの組み合わせ。

100円買うのはガツンと来たら大きい穴馬の組み合わせ。

そしてどっちも当たらない(爆笑)

それを女房相手に自虐に走って何になる?

小遣いが減るだけっしょ。

★函館はやはりポンコツ入れ食い★意味のない4連続的中だって日常茶飯事

今週はホームの函館に復帰。

土曜日は当然、スカスカ、ガラガラの競馬場(ウインズ)。

それはいい。

馬券の調子はまた後述だけど、広い意味で安定。

さすがにこんだけ通ってまわりの人たちが「わかってきた」気もするけど、

そうでもない気もする。

まあ、そのスカスカなおとなりにイチゲンのポンコツさんが

吸い寄せられるようにやってくる。

感動するわあ。

カメラを忘れたのとスリーピーズに遭遇しなかったことはたまたま、ですかね。

イチゲンのポンコツさんが最前列が大好きっていうのも、

確定的なので、アリジゴクよろしく、すり鉢の底で

ただただ待っていればいい。

最初のひとりは負け組の典型で、正しい負けっぷりの証拠を

残してくれるので馬券探偵は欣喜雀躍(きんきじゃくやく)。

はい、どうでしょう。

京都7Rから始めて4連勝!のように見える。

本人はどう感じていたのだろう。好調?

もうその時点で崩壊確実なのにね。

160206p1a

160206p1b

4連勝ったって、12600円購入で14900円の払い戻しですからね。

6000円で2240円回収という大トリガミも含んでます。

最初の三連単2連勝は1・2人気からのマルチなんでしょ?

笑われますよ。

そして最後はワイドを10000円買って撃沈。

当たりは最初の4つだけで、42900円購入の14900円的中。

でしょうね。

こういうまるでわかってないポンコツさんが最前列大好きという。

男性30代お一人様。

より以前の記事一覧

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31